アリックス・ジェネラス
2,051,135 views • 10:26

今日は夢についてお話したいと思います

私は明晰夢を見ます そして自分の人生を 映画よりもかっこ良く思い描いています (笑) 空を駆け巡り 火を噴き 自然とイケメンたちが現れる (笑) 楽譜を読んだり 書いたりできる 面白かったのは 大学に提出する身上書を 夢の中で書いたことです もちろん合格です

私は視覚的に物事を考えるのです 言葉ではなく 絵で考えます 私にとって言葉とは 直感や言語のようなものです

私のような人達はたくさんいます 例えばニコラ・テスラ 彼は何でも視覚化し 設計、テスト、修理することができました すべての発明が正確に 頭の中で行われたのです

とにかく 私たちのようなタイプは 言語から締め出されています Google翻訳のベータ版のように 私はちょっと出来が悪いのです (笑)

私には興味があることを とことん突き詰める能力があります 例えば 私が微積分学にはまると その興味は 有名人の結婚生活よりも長く続くのです (笑)

他にも私には 普通と違うところがあります お気付きかもしれませんが あまり抑揚がない声なので よくカーナビと間違われます (笑) 行き先なら答えられますが 普通の会話は苦手です (笑) ありがとう (拍手)

数年前 私がプレゼンを始めたとき 初めて証明写真を撮りに行きました 写真屋さんが 「思わせぶりに」と言うのです (笑) 何を言っているのか 分からなかったら (笑)

「流し目してみて」と言うのです 「男の子といちゃつく時にするでしょう?」

「何をですか?」と聞くと

「目を細めるのよ」

だから本当にやってみたのです こういう感じでした (笑) 私はウォーリーを 探しているように見えました (笑)

理由はこうです ウォーリーが隠れているからです (笑)

私はアスペルガー症候群 つまり高機能自閉症です 身に着けて当然とされる 基本的社会能力に問題があります そのため様々な意味で 世渡りが難しく 大きくなるにつれて 社会的適合に苦労しました 友達が冗談を言っても 私は理解できませんでした 私の個人的なヒーローは ジョージ・カーリンやスティーヴン・コルベアで ユーモアについて教えてくれました そして シャイでオドオドした性格から 大胆な毒舌家に変わったのです もちろん 私は友達も多くなく 触覚に関しては過敏でした 肌に水が触れると チクチクするような感じだったので 何年間も シャワーを使いませんでした でもご安心ください 今は普通に清潔です (笑)

ここに至るまで色々ありました 両親は― 同級生にレイプされるたときには 自分ではどうしようもなくなり 難しい状況が さらに悪化していったのです 治療のために 3,000キロほども国内を渡り歩きました 数日ごとに新しい薬が出されました 私の人生は『ウォーキング・デッド』 そのものでした 被害妄想から 腐った死体が自分の方に 向かってくるという 幻覚を見るようになりました 家族がようやく 私を救い出してくれたときには 3週間で9キロも痩せ 重度の貧血を患い 自殺しようとも思いました

私の嫌悪感、トラウマ、社会不安を 理解してくれる 新しい治療センターに移りました そこでは治療方法が確立されており 私はようやく 必要な支援が受けられました 18カ月の辛いリハビリの後 私は信じられないようなことを 始めました

アスペルガー症候群の特徴の 1つとして しばしば とても複雑な精神生活が あげられます 私自身 とても個性豊かで アイデアに溢れ 様々なことを考えています でも私のそういう部分と 他の人々との コミュニケーションの仕方には ギャップがあり 基本的な会話をするのを 難しくしているのです

社会的な対応能力がなく 雇ってくれる職場も少ないので ワッフル・ハウスに 応募してみました (笑) ワッフル・ハウスは素晴らしい 24時間営業レストランです (笑) (拍手) ありがとう ハッシュブラウンを注文できるのですが 人間の死体を処分するにも 様々な方法があるものですね (笑) スライス、賽の目切り、ブツ切り 胡椒を振りかけ覆うのです (笑) 社会規範に囚われずに とんでもない深夜遅くに ワッフル・ハウスに行くのがいいです (笑) 深夜2時に私はウエートレスと おしゃべりをした時 「仕事で経験した一番馬鹿げたことは?」 と聞くと 「素っ裸の男が入ってきたこと」 と答えたので (笑) 「いいな!夜勤で使ってよ」 と私は言いました (笑) もちろんワッフル・ハウスでは 雇われませんでした

アスペルガー症候群があると デメリットとして見られます 時々本当に イライラすることもありますが 逆のこともあります 特別な才能で 革新的な考え方ができるのです 19歳の時 サンゴについて研究し 研究コンペで優勝し なんと最終的には 生物の多様性に関する 国連決議の場において この研究のプレゼンをしたのです (拍手) ありがとう (拍手) 現在22歳で 大学卒業見込みであり AutismSeesという バイオテック企業の共同創設者です (拍手) ありがとう (拍手)

でも ここに至るまでの経緯を 考えてみてください セラピスト25人 誤診11件 長年に渡る苦痛とトラウマ 私はより良い道がないか ずっと考え 「自閉症を支援する技術」に 辿り着きました この技術により統合的に 自閉症スペクトラム障害 略してASDの患者を 支援できるかもしれません

私の会社のAutismSeesは Podiumというアプリを公開しました 自己診断や コミュニケーション能力の向上を 支援するアプリです それに加え カメラで視線を追跡できるので 人前で話したり 仕事での面接の手助けになります いつの日か もっと練習すれば ワッフル・ハウスで雇ってもらえる かもしれません (笑)

Podiumを使って素晴らしいことは 今日のプレゼンの準備の 一助となったことですが それ以上のものがあります より多くのことができるのです アスペルガー症候群を持つ人には 多くの革新的な科学者や研究者 アーティストや技術者が いることをよく考えてみてください 例えば エミリー・ディキンソン ジェーン・オースティンやアイザック・ニュートン ビル・ゲイツなどがいます ここでの問題は素晴らしいアイデアが コミュニケーション上の障害があると 多くの場合共有されないことです 周りの人が アスペルガー症候群の人達の 良い点に気がず 長所が活かされないでいます

私の夢は自閉症の人々が 成功を阻む障害を克服することです

私が明晰夢を見るのが 大好きな理由は 社会的な評判や 身体的な結果を 伴わないからです 自分が想像した場面を飛び回る時 私は安らかな気持ちになれるのです 誰からも とやかく言われることなく 私がなりたいものに なれるのです ブラッド・ビットといちゃついても アンジェリーナは気にしません (笑)

しかし自閉症支援技術の目標は それよりも大きく より重要なことなのです 私の目標は 自閉症やアスペリガー症候群に対する 人々の認識を変えることです 色々なことができる人たちなのです テンプル・グランディンがその例です そうすることで 才能を共有でき この世界を進歩させられるのです そうすることで 彼らに現実の世界で リアルタイムに 夢を追う勇気を与えられるのです

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)