ジェイン・マクゴニガル
7,329,671 views • 19:30

私はゲーマーなので ゴールを 設定するのが好きです 特別な使命とか 秘密の目的みたいな それで今日の講演にも 使命を用意しました この場にいる人 みんなの寿命を 7分半伸ばします 文字通り 皆さんは この講演を聴けば 7分半長生きするんです

なんか疑っている人も いるみたいですね いいですよ それが可能だと 証明する数式が ちゃんとあるんです 今はまだ分からない でしょうけど 後で説明しますので 最後の数字にだけ 注目してください この7.68245837分というのが 使命達成の暁に 私が皆さんに プレゼントするものです

皆さんにも秘密の 使命があります それは このおまけの 7分半の使い道を 見つけるということです 何かいつもとは違うことに 使うべきだと思います これはボーナスで 元々 なかったものなんですから

私はゲームデザイナーなので 「どうせ その時間で何を— させたがっているか分かるぞ ゲームをしろって言うんだ」 と思っているかもしれませんね もっともな推測です 私はずっとみんなに もっとゲームしましょうと 言い続けてきたわけですから たとえば最初のTEDTalkの時は 地球全体で週210億時間を ゲームに費やすべきだと 提案したのでした

210億時間といったら 相当な時間です それだからこそ あのTEDTalkの後 世界の人たちから寄せられた コメントで一番多かったのが これだったんです 「ジェイン ゲームも結構だけど 死の間際になっても アングリーバードで もっと遊びたいと思うの?」 そういう考えはすごく一般的です ゲームは時間の無駄で 後で後悔することになる・・・ どこへ行っても耳にします これは実話なんですが ほんの数週間前 このタクシーの運転手は 私と友人が ゲームカンファレンスのために 町に来たと知ると 振り向いて言ったんです 「ゲームは大嫌いだね 人生の無駄遣いだ 人生の最後に後悔するところを 考えてみなよ」

この問題を真剣に考えたいのです ゲームは世界を良くする力 であって欲しいし ゲームに費やした時間を ゲーマーたちに 後悔して欲しくはありません だから最近この問題を よく考えています 人生最後の時に 私たちはゲームしていた時間を 後悔するのでしょうか?

驚くかも知れませんが 実はこの疑問に対する 科学的な調査結果があったんです 人生の最後を迎える人たちを 世話するホスピスの看護師が 死の間際に人が よく後悔することを 最近記事に書きました 今日は皆さんに それをお教えします 人が死の間際によく後悔する 5つのことです

1番 あんなに仕事ばかり するんじゃなかった 2番 友達と連絡を絶やさず にいればよかった 3番 もっと自分を幸せに してあげればよかった 4番 本当の自分を表す 勇気を持てばよかった 5番 他の人の期待に 合わせるのでなく 自分の夢に忠実に 生きればよかった

私の知る限り もっと ゲームをやればよかったと 言っていた患者さんは いなかったわけですが でもこの5つの 後悔の話を聞いて そこにある人間の深い欲求は ゲームで満たすことができる— そう気付きました

「あんなに仕事ばかり するんじゃなかった」 というのは 多くの場合 もっと家族や 成長しつつある 子どもたちと 過ごすべきだった ということでしょう いっしょにゲームをするのは 家族にとって良い点が たくさんあります ブリガムヤング大学 家政学部の 最近の研究によると 子どもたちとビデオゲームをして 多くの時間を過ごした両親は 実生活でも子どもたちとより強い絆を 持っていることが分かりました

「友達と連絡を絶やさず にいればよかった」 何億という人たちが ファームビルやワーズ・ウィズ・フレンズ のようなソーシャルゲームを通して 友達や家族と日常的な 連絡を保っています ミシガン大学の最近の 研究で明らかになったのは こういったゲームが 人間関係を保つ上で 非常に強力なツールになる ということです いっしょにゲームを することで 疎遠になりがちな 人たちとも 関係を維持することが できるのです

「もっと自分を幸せに してあげればよかった」 最近 東カロライナ大学 で行われた 画期的な臨床試験の話を 思わずにいられません 患者の不安や抑鬱を 解消する上で オンラインゲームが薬よりも 高い効果を示したのです 毎日30分オンライン ゲームをするだけで 気分や長期的な幸福度が 劇的に改善されたのです

「本当の自分を表す勇気を 持てばよかった」 アバターというのは 本当の自分を 英雄的な理想化された姿で 表現する方法です ロビー・クーパーが撮影した このゲーマーと その分身の写真が それをよく表しています スタンフォード大学では 5年にわたる調査から 理想化されたアバターで ゲームをすることで 実生活での考え方や 行動も変化し より勇敢で野心的になり 目標に集中するようになると 報告しています

「他の人の期待に 合わせるのでなく 自分の夢に忠実に 生きればよかった」 ゲームがこれを実現して いるのか分かりません スーパーマリオのクエスチョン マークを付けておきました 後でまた取り上げます

何でゲームデザイナーが 死の間際の後悔の話なんか しているのかと 思っているかもしれませんね 確かに私はホスピスで 働いたこともなければ 自分自身 死に直面した こともありません でも最近死にたいと思いながら 3ヶ月ベッドで過ごしました 本当に死にたいと 思っていたんです

お話ししましょう 2年前のことですが 頭を強く 打って脳震盪を起こしました 脳震盪が治らず 30日過ぎても 絶えざる 頭痛 吐き気 めまい 物忘れ 頭に霞がかかった ような状態が続きました 医者は頭を癒すには 休息が必要だと言って 症状の引き金と なることを禁じました だから 読書も駄目 書くのも駄目 ゲームも駄目 仕事もメールも駄目 走っても駄目 お酒もコーヒーも駄目 言い換えると 生きている意味がない ような状態です

面白おかしく 話していますが 真面目な話 脳の外傷が 自殺願望に繋がることは よくあるんです 3人に1人に起き 私にも起きました 私の脳が言い始めたのです ジェイン 死にたいでしょ? きっと治らないわ もう痛みが消える ことはないのよ

その声があまりに強く 絶えることがないので 自分の命を本当に 心配し始めました はっきり覚えていますが 34日目に こう思ったんです もう自殺するか これをゲームにするしかない

どうしてゲームなのか? 10年以上ゲームの心理学を研究してきて 分かったことがあります ちゃんと学術研究があるんですが ゲームをするときには 私たちはよりクリエイティブになり 意志が強くなり 楽観的になり 他の人に助けを求め やすくなるんです 現実の問題の解決に このゲーマーの 特性を生かしたくて作ったのが 回復ロールプレイングゲーム 「脳震盪ハンター・ジェイン」です

これが私の新しい 秘密の自分となり ハンターとして 最初にしたのは 一卵性双生児の妹のケリーに こう言うことでした 「頭を治すためにゲームを やってるんだけど あんたにも一緒に やってほしいの」 そう言う方が助けを 求めやすかったんです

妹がこのゲームの 最初の仲間になり 続いて夫のキアシュが 加わりました みんなで悪者を見つけて やっつけました 悪者というのは 私の症状を引き起こし 治癒を遅らせるもの 明るい光や 人混みなんかです そしてパワーアップを集めて 発動させました これは最悪の日だろうと 多少とも気分を改善し 生産的にしてくれるものです 多少とも気分を改善し 生産的にしてくれるものです 飼っている犬を 10分間抱きしめるとか ベッドから出て近所を 一回りするとか

ゲームは単純です 秘密の自分になり 仲間を集め 悪者と戦い パワーアップを 発動させる ゲームは単純でも やり始めてほんの数日で 鬱や不安の霧が晴れたのです 消えたんです 奇跡のようでした 頭痛や認知的な症状が 魔法のように治った わけではありません それは1年以上続き 私の人生でも一番 辛い時期でした でも症状があり 痛みがあっても 気に病まなくなったんです

それからこのゲームで 驚くようなことが起きました 私はブログを書き ビデオを アップロードして 遊び方を説明しました でもみんな脳震盪を起こして いるわけじゃないし 「ハンター」になりたい わけでもありません だからゲームの名前を 「スーパー・ベター」に変えました

すぐに世界中のいろんな人から 反響がありました みんな秘密の自分に変身して 仲間を集め 「スーパ・ベター」になって 癌や慢性痛や 鬱やクローン病に 立ち向かったんです ALSのような不治の病の人まで このゲームをやっていたんです 彼らが寄せてくれたメッセージや ビデオで このゲームが 私同様に彼らにも 力になっていることが 分かりました 「力と勇気を感じるようになった」 「友達や家族と理解が深まった」 「痛みや人生最大の困難に 直面しながらも 幸福を感じられるようになった」

これはどういうことなのでしょう? こんなに単純なゲームが これほど深刻な 時には生死にかかわる状況で 力強い効果を 発揮するのはなぜなのか 自分で体験していなければ きっと信じられなかったと思います ここでも科学的な裏付けが あるのが分かりました 人によっては 深刻な出来事の後 より強く より幸せになるんです それが私たちに起きた ことだったんです

このゲームは科学者が 「心的外傷後の成長」と呼ぶ 体験を促していたのです あまり聞き慣れない言葉ですね よく聞くのは 「心的外傷後 ストレス症候群」です でも科学者たちは 心的外傷を起こす出来事が いつまでも私たちを苛む わけではないのを明らかにしました 逆にそれをバネにして 自分の長所を引き出し 幸せな人生を 歩むこともできるのです

心的外傷後の成長を 体験した人が よく口にする 5つの ことがあります 「優先順位が変わり 幸せを 追求するのを怖れなくなった」 「友達や家族と より親密になった」 「自分自身がよくわかるようになり 本当の自分を知った」 「人生に意味や目的を 感じられるようになった」 「自分の目標や夢に専念 できるようになった」

聞き覚えが ありませんか? 心的外傷後の成長の5つの特徴は 死の間際に後悔する5つのことの ちょうど反対なんです 面白いですよね? 心的外傷を起こす出来事が 後悔せずに人生を送る能力を 開放したかのようです

でもどういう仕組みなんでしょう? どうしたら心的外傷を成長に 繋げられるのか? 心的外傷なしで 心的外傷後の成長の 利点だけ得られたら もっといいですよね? 頭を強く打ったりすることなしに・・・ そのほうがいいと思いません?

この現象をもっと 理解したくて 科学文献を読み漁って 分かったことがあります 心的外傷後の成長に 寄与する 4種類の回復力があって それを高めるために 毎日できる 科学的に裏付けられた 方法があるんです しかも心的外傷は 不要です

その4種類の力を説明 してもいいんですが それより自分で体験 して欲しいんです 今から全員で この力を つけていきましょう これからやるのは 簡単なゲームです お約束した 7分半のボーナスを このゲームで 手に入れるんです 「スーパー・ベター」の 最初の4つのクエストを 皆さんに やり遂げて いただきます きっとできます そう信じています

じゃあ始めますよ 最初のクエストです どちらか1つ選んでください 立ち上がって3歩進むか 両の拳を握って 高く頭の上に 5秒間 突き上げてください 始め! 両方やっている人もいますね 頑張り屋さんですね いいですよ (笑)

良くできました これは肉体的回復力+1です 皆さんの体が ストレスに強くなって 早く回復できるように なるということです 肉体的回復力を高める 一番良い方法は じっとしていない ということです それだけでいいんです じっと座っていない 時間の1秒1秒が 心臓や肺や脳を 積極的に健康にするんです 心臓や肺や脳を 積極的に健康にするんです

次のクエストにいきますよ 指をちょうど 50回鳴らすか 100から7ずつ減らして 数えてください 始め!

(指を鳴らす音)

諦めないで

(指を鳴らす音)

お互いの声で カウントを 間違わないで

(笑)

いいですね こんなの初めて見ました 肉体回復力のボーナスポイントです 良くできました 今のは精神的回復力+1です 集中力 自制 決意 意志力を高められます 意志力は筋肉のようなものであることが 科学的研究から 分かっています 鍛えるほど強くなるんです 小さな挑戦だろうと 諦めずにやれば 指を50回鳴らすとか 100から7ずつ減らしていくといった つまらないことでも 意志力を高められることが 科学的に示されています

良くできました 3つ目のクエストです この場所では やれるのが決まってしまうんですが 2つから選びます 屋内にいるなら窓から外を 屋外にいるなら窓の中を覗きます もしくはYouTubeかGoogleで 好きな動物の赤ちゃんの画像を 見つけてください

携帯で探してもいいし 動物の名前を— 言ってくれたら 探して画面に出します 何が見たいですか? ナマケモノ キリン ゾウ ヘビ では見てみましょう 赤ちゃんイルカに 赤ちゃんラマ ご覧ください いかがですか? もう1つ出しましょう 赤ちゃんゾウです 拍手してる人がいますね 素晴らしい 皆さんが今

感じているのは 感情的回復力+1です 好奇心や愛のような力強い ポジティブな感情を 引き起こす力です 動物の赤ちゃんを見たときとか それが まさに必要なときに起きる感情です 動物の赤ちゃんを見たときとか それが まさに必要なときに起きる感情です

科学文献で見つけた秘訣を お教えしましょう ネガティブな感情1つに対して ポジティブな感情3つを 1時間か1日か1週間の うちに体験するなら 健康や 問題解決能力が 劇的に向上します これは3対1のポジティブな 感情の比率と呼ばれています 「スーパー・ベター」の中でも お気に入りの秘訣です

最後のクエストです 誰かと6秒間握手するか 誰かに感謝の気持ちを メールかFacebookかTwitterで 送りましょう 始め!

(おしゃべりの声)

いい感じ いい感じ 続けて いいですね 皆さん これは 社会的回復力+1です 友達やご近所や家族や コミュニティから 力を与えられます 社会的回復力を高める 良い方法は感謝の気持ちです 触れあうのは もっと良いです

もう1つ秘訣を お教えしましょう 誰かと6秒間握手すると 信頼のホルモンである オキシトシンの血中濃度が 劇的に上がります 握手した人たちは 生物化学的に 互いに好きになり 助け合いやすくなります 効果はすぐには消えないので 休み時間の交流の機会に 活用してください

(笑)

皆さんは4つのクエストを クリアしました では私の方も7分半の ボーナス寿命を与える ミッションを完了できたか 見てみましょう もう1つ科学豆知識を ご紹介します この 肉体的 精神的 感情的 社会的の 4つの回復力を この 肉体的 精神的 感情的 社会的の 4つの回復力を 日常的に高めている人は そうでない人より 10年長く生きることが 分かっています 本当です 3対1の ポジティブな感情の 比率を守り 1時間以上続けて座らず 気にかけている誰かと 毎日連絡を取り 意志力を高める小さな 目標に挑戦するなら そうしない人より 10年長く生きて 最初にお見せした 計算式が導かれます

アメリカやイギリスで 平均寿命は78.1歳ですが 1,000以上の査読付き科学論文から 4つの回復力を 高めることで これを10年伸ばせる ことが分かっています 高めることで これを10年伸ばせる ことが分かっています だから1年当たりでは 4つの回復力によって 寿命を0.128年 — つまり46日 あるいは 67,298分伸ばせます 言い換えると 4つの回復力で 1日当たり 184分 1時間当たり 7.68245837分 寿命を伸ばせるということです 寿命を伸ばせるということです

やりましたね 7分半は皆さんのものです 皆さん自分で勝ち取ったんです

(拍手)

すごいでしょう ねぇ 待って まだ秘密のミッションが 残っています この7分半の寿命のボーナスを どう使うつもりですか?

こんなのはどうでしょう この時間は魔法のランプに お願いするのに似ています 最初にプラス100万個の願い事を 頼むことだってできるんです いいアイデアでしょう? だから今日 この7分半を使って 楽しい気分になり 体を動かし 好きな人と連絡を取り 小さなパズルに挑戦するなら 自分の回復力を高め さらに時間を手に 入れられます

しかも それをずっと 続けていけるんです 毎日の1時間1時間 人生の1日1日を 最後の時までずっと しかもその時は 元々よりも 10年先に伸びています そして最後の時を迎えても もはや あの5つの後悔を することはないでしょう 力と回復力をつけて 自分の夢に忠実な 人生を送っているからです それに余分の10年があれば もっとゲームをする時間だって とれるでしょう

ありがとうございました

(拍手)