ユヴァル・ノア・ハラリ
3,387,000 views • 17:08

7万年前 我々人類の祖先は 取るに足りない程のちっぽけな動物でした 先史時代の人類について知っておくべき 最も重要なことは 人類は重要な存在でなかったということです 人類がおよぼす地球への影響は クラゲやホタルやキツツキと 大して変らなかったのです ところが 今日では 人間がこの地球をコントロールしています ここで疑問が湧きます いかに その先史時代から ここまでに至ったのか? アフリカ大陸の片隅で 自分たちが生きるのに精一杯な 取るに足らない存在の類人猿から 地球の支配者になったのか

大抵 この疑問に対し 人間とそのほか全ての動物を比較して 個々の違いに目を向けます 我々が信じたいのは - 私が信じたいのは 人間には 特別な何かがあるということです 人間の身体や脳に 犬や豚やチンパンジーより ずっと優れている 特別な何かがあると信じたがります しかし 実は 個々の能力のレベルでは 恥ずかしながら チンパンジーと差はないのです さらに言えば もし私ひとりと一匹のチンパンジーを 孤島に置き去りにした場合 生き残りをかけて必死になりますが どちらが上手く生き延びる可能性があるかー 私なら チンパンジーに賭けますね これは私に問題があるわけではなくて ほとんどの人が たった一人で チンパンジーと孤島に置かれたら チンパンジーの方が よっぽど生存可能性が高いでしょうね

人間とそのほか全ての動物の 本当の違いは 個々の能力のレベルではなく 集団としての違いにあるのです 人間が地球をコントロールしているのは 人間が唯一 柔軟かつ大勢で協働できる動物だからです さて ほかの動物でも 蜂や蟻のような社会性のある 昆虫がいますね 多数で協働しています ただ 柔軟性があるわけではないんです 彼らの協働は とても柔軟性に欠けています ミツバチの巣は基本的に ひとつの方法でのみ機能しています もし ミツバチが 新しい環境や 初めて遭遇する危険に出くわしても 一夜にして 新しい社会システムに 作り変えることはできません 例えば 女王蜂を処刑して ミツバチ共和国を設立したり 働き蜂の共産主義独裁政権を設立したり そんなことはできません

ほかにも 社会性のある哺乳類はいます オオカミや象やイルカやチンパンジーです 彼らは もっと柔軟に協働できます でも それは少数に限っての場合です というのも チンパンジーの協働は チンパンジー同士がお互いを よく知っていなければ成立しません 私はチンパンジー あなたもチンパンジー あなたと一緒に協働したいんです あなたのことをよく知る必要があります あんたはどんなチンパンジー? 善良なチンパンジー? それとも悪いヤツ? 信頼していい? あんたのことをよく知りもしないで 協働なんてできるわけないでしょ?

ふたつの能力を持ち合わせ 柔軟性を持って 大勢でも 協働できるのは 唯一我々 ホモ・サピエンスだけなのです 1対1 あるいは 10対10なら チンパンジーの方が良い成果を出す場合もあります しかし 1,000人の人間に対し 1,000匹のチンパンジーなら 容易に人間が勝ちます 理由は簡単です 数が1,000匹となると チンパンジーは協働できないからです 10万匹のチンパンジーを オックスフォード・ストリートや ウェンブリー・スタジアム はたまた 天安門広場やバチカンに 連れてきて押し込んだら もうそこは完全なるカオスです 想像してみてください ウェンブリー・ スタジアムに10万匹のチンパンジー 大混乱ですよね

対照的に 何万もの人が普通に スタジアムに集まりますが それでもカオスにはなりませんよね その代わりに 極めて洗練された 効率的な協力の輪を築きます これまで人類が成し遂げた偉業は ピラミッドであれ 月への飛行であれ それらは全て 個人の才能によるものではなく 大勢が柔軟性をもって協働できるという 人間の能力によるものなのです

このプレゼンテーションひとつを とってもそうです 今 300から400人の観衆の皆さんの前に 立っていますが ほとんどの方が 私にとって初めて お会いする方々です 同様に このイベントを 運営している人々のことも 私はよく知ってるわけではありません 昨日 飛行機でロンドンまで来ましたが 操縦していたパイロットや搭乗員のことも 私はよく知りません プレゼンを録画している このマイクやあのカメラを 発明した人や製造した人も 私は知りません このプレゼンを準備するのに本や論文を 読みましたが その著者たちのことを 私は知りません そして インターネットで このプレゼンを見る人々 ブエノスアイレスやニューデリーのどこかで 見ている人々のことを 私は もちろん知りません

それにもかかわらず お互いに知らない同士でも ここでアイデアをグローバルに交換するために 私達は協働することができます チンパンジーにはこれはできません もちろん チンパンジーも お互いにコミュニケーションをしますが 遠く離れたチンパンジーの群れに バナナや象や その他チンパンジーが興味が ありそうなことについて 遠路はるばるプレゼンしにやってくる チンパンジーなんていません たしかに 協働がいつも良いわけではありません これまで人間がしてきた忌まわしいことも 実際 我々がしてきた酷いことも 大規模な協力から生まれたものです 監獄も 協力体制の上に成り立っていますし 大虐殺もそうですし 強制収容所も然りです チンパンジーの世界には 大虐殺も監獄も強制収容所もありません

皆さんは納得されるでしょう 人間は大勢でも柔軟性をもって 協働することができるから 地球をコントロールするまでになったと すると 探究心のある方々は すぐに 次の疑問が湧いてきますよね まさにどうやって 協働しているのか ほかの動物にはできないような協働を 可能にするのは何か 答えはズバリ 想像力です 人間は 無数の知らない人たちとも 柔軟性をもって協働することができます それは この地球上で人間だけが唯一 想像したり架空の物語を作り それを信じることができるからです 全員が 同じフィクションを信じれば 同じルールや基準や価値観に従って 全員が行動します

その他の動物が行うコミュニケーションは 事実を伝えることだけに使います チンパンジーの場合 「見て!ライオンがいる!逃げろ!」とか 「見て!あっちにバナナの木がある! バナナ取りに行こう!」とかです 対して 人間は事実を伝えるためだけではなく 新しい現実や 架空の現実を創り出すために 言葉を使うのです 人間は「ほら 雲の上に神様がいる もし私の言う通りにしなかったら 死んだ時に 罰として地獄に 送られてしまうよ」と言えるのです もし全員が 今私が作ったこの話を信じたら 同じ規範 法律 価値観に従うことになり 協働が可能になります 人間にしかできないことです バナナを渡すよう チンパンジーを 説得するのに 「死んだら 天国に行けるよ」と約束してもダメです (笑) 「その善行によって 天国で たっくさんのバナナをもらえるよ… だからバナナちょうだい」 チンパンジーは 絶対に この話を信じませんよね 人間だけが こういった話を信じる これが人間が地球をコントロールし 一方で チンパンジーが動物園や研究所の檻の中に 閉じ込められている理由です

同意いただけると思いますが 宗教では 同じフィクションを信じることで 信者は団結しています 何百万人という人が一緒になって 大聖堂やモスクを建てたり 十字軍やジハードで戦うのは 神 天国 地獄といったことを 皆が信じているからです しかし ここで強調したいのは 人間がなし得る大規模な協働は どれも まったく同じメカニズムに もとづいているということです 宗教に限ったことではないのです

法律の分野を例として挙げてみます 現在では 世界の法律制度のほとんどは 人権に対する信念を基本としています ところで 人権とは何でしょうか? 神や天国と同じように 人権も ホモ・サピエンスが作った話なのです 客観的な現実ではありません 人類になんら生物学的影響をおよぼすものでもありません 人間のカラダを切って開いて 中を見ると 心臓 腎臓 ニューロン ホルモン DNA でも人権は見つからないでしょう 人権が見つけられるのは 我々が作って ここ数世紀かけて広めてきた 話の中だけです それらは とても前向きで とてもいい話かもしれませんが やはり我々が作り上げた架空の話です

これは 政治の分野でも当てはまります 近代政治において最も重要な要素は国家です ところで 国家とは何でしょうか? これらも 客観的には実在しません 山は物理的に存在します 見ることができ 触れることができ 匂いを嗅ぐことができます しかし 国家ー イスラエル イラン フランス ドイツなど 国家は 人間が作ったストーリーにすぎませんが その考えは非常によく定着していきます

経済の分野も同様です グローバル経済で 重要な役割を担っているのが 企業や法人です おそらく ここにいらっしゃる多くの方が どこかの法人に勤めていると思います グーグルやトヨタやマクドナルド これらって つまりは何でしょう? 法律家は これを法的擬制と呼びます 法人も 人間が考案した作り事ですが 強力な魔法使い達によって守られています まぁ 法律家たちのことですが... (笑) 法人は 一日中いったい何をやっているのか? 大部分は 金を稼ごうとしているんですよね ところで お金って何でしょう? またしても お金とは 客観的には実在せず 客観的価値もありません この緑色のドル紙幣 見てください 何の価値もありません 食べられないし 飲めないし 着ることもできません でもこれが優れた語り部の手にかかると 大手の銀行マンや 財務大臣や 首相が語ると とても説得力のある話になります 「ほら この緑色の紙が見えますね? これは 実はバナナ10本分の価値が あるんですよ」 もし 私がこれを信じたら そしてあなたも信じたら みんな信じたら 成立するのです この価値のない紙っぺらを持って スーパーマーケットに行って 会ったこともない見知らぬ人に渡して 代わりに バナナを手に入れます バナナは実際に食べられますからね 驚くべきことですよ チンパンジー相手に これはできません もちろん チンパンジーも交換はします 「ココナッツをくれたら バナナをあげるよ」 これなら あります しかし 価値のない紙っぺらを渡されて バナナをくれってどういうこと? とんでもない! 僕を人間だとでも思ってるの? (笑)

実際のところ お金は 人間が考案し 受け継がれてきたものの中で もっとも成功した例です 全ての人が信じる唯一のストーリーだからです 全員が神を信じているわけではありません 全員が人権を信じているわけではありません 全員が国家主義というわけではありません ところが お金やドルは 全員が信じるところとなっています オサマ・ビン・ラディンでさえもです 彼は アメリカの政治と宗教と文化を 憎んでいましたが アメリカ・ドルに たてつくことはありませんでした 実際のところ 相当好きだったと思います (笑)

つまりは 人間は 二重の現実にいるので 世界をコントロールしているんです 他の全ての動物は 客観的実在の世界だけに生きています 彼らの現実は 実在的に存在するもので構成されています 川や木やライオンや象のような 実在です 我々人間も 実在の世界に生きています 川や木もあれば ライオンも象もいます しかし 何世紀にもわたって この実在の世界に加えて フィクションの世界という もうひとつの層を形成していったのです 虚構の世界です 国家 神 お金 法人のようなものです そして 驚くべきことに 歴史の過程で この架空の現実が よりパワーをもつようになり 今日の世界では この架空の存在が もっとも力を有しています 今や 川や木やライオンや象が 生き残れるかどうかは まさに 架空の世界の決定や願いにかかっているのです アメリカ合衆国やグーグルや世界銀行のような 人間の想像の中だけにある存在にかかっているのです

ありがとうございました (拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ: ユバルさん 新しい本を出版されましたね 『Sapiens』出版の後 次の本を執筆して 原書はヘブライ語で まだ翻訳されていないということですが…

ハラーリ: 鋭意 翻訳に取り組んでいるところです

ジュッサーニ: 私の理解が間違ってなければ この本では いま私達が経験している驚くべき ブレイクスルーについて論じていますね それは 将来的に 私達の生活を 良くする可能性を秘めているだけではなく あなたはこう記しています 「まさに産業革命のように 新しい階級や階級闘争をもたらす」と 少し説明していただけますか?

ハラーリ:はい 産業革命では 都市部に労働者階級という 新しい階級が生まれました 過去200年の政治的また社会的な歴史は この階級の扱い 新たな問題や機会 といったことが大いに関係してきました そして 今日は 「役に立たない人々」という 巨大な新しい層ができています (笑) コンピューターがより多くの分野において より高度に利用されるようになり 多くのタスクにおいて コンピューターが 人間を超越し 人間が不必要になる可能性が はっきりとしてきました そして 21世紀における 政治的かつ経済上の大きな疑問は 「何のために人間が必要なのか?」 となるでしょう 控えめに言えば 「何のために こんなにも 多くの人間が必要なのか?」

ジュッサーニ:この本の中に 答えは書かれていますか?

ハラーリ:今のところ 最も妥当な答えは 彼らをハッピーにさせておくことです ドラッグとコンピューターゲームで… (笑) まぁ これはあまり好ましい将来とは 思えませんね

ジュッサーニ:あなたは著書 とこの場において こう主張されていますね 著しい経済的不平等を示す傾向が 顕著になっているという議論において 我々は まだ そのプロセスの 初期段階にあると

ハラーリ:これは予言ではありませんが 我々の前に その可能性が示されてきています ひとつの可能性は 「役に立たない人々」 という新たな巨大な層の誕生です もうひとつは 今までとは違った 生物学的な階級にー 区分されていくということです 富裕層は 仮想の神へと成り上がり 貧困層は 役立たずの層に成り下がっていくのです ジュッサーニ:1〜2年の内に もう一回 TEDで お話して頂きたいものです ユバルさん 遠路はるばる ありがとうございました

ハラーリ:ありがとうございました! (拍手)