William Kamkwamba
3,499,981 views • 4:12

クリス・アンダーソン(CA):ウィリアム、ハイ ようこそ

ウィリアム・カンカンバ(WK):ありがとう

CA:それで、写真が出たね これはどこですか?

WK:私の家です ここに住んでいます

CA:どこですか? どの国ですか?

WK:カスングのマラウィです カスングにある、そうマラです

CA:オーケー 君は今19歳だよね?

WK:はい 今19歳です

CA:5年前に君は考えついたことがあるんだよね それはどんなこと?

WK:風車を作りたいと思いました

CA:風車?

WK:はい

CA:それは — 灯りとかに電気を流すのに?

WK:はい

CA:それでどうしたの? どうやって実現したの?

WK:学校に行くのをやめてから、図書館に行ったんです それで「エネルギーの利用」という本を読んで それで風車の作り方を知って そして作ったんです

(拍手)

CA:それで、君は本の図面をそのままコピーしたんだね

WK:ああ、いや、つまり

CA:どうやったの?

WK:実は、本の図面では 4、いや3枚の羽根になっていたんですが 私の風車は4枚羽根になっています

CA:本のは3枚、君のは4枚

WK:はい

CA:そして、それは何で作ったの?

WK:電力を増やしたかったので、羽を4枚にしました

CA:オーケー

WK:はい

CA:君は3枚でテストして、4枚の方がいいとわかったの?

WK:はいテストしたんです

CA:それで、風車を何から作ったの? つまりどんな材料で?

WK:自転車のフレームと、滑車と、プラスチックパイプと、それから ー

CA:写真はある? 次のスライドは?

WK:そう、これが風車です

CA:それで、風車はうまく動いたの?

WK:風が吹くと、風車は回って発電しました

CA:電力はどれくらい?

WK:12ワットです

CA:それで、家に灯りが灯った いくつ?

WK:電球が4つとラジオがふたつです

CA:すごい

WK:でしょう

CA:それで(拍手)次のスライドは これはだれ?

WK:私の両親です ラジオを買ったところです

CA:それで、ご両親は、君のことを、当時14,5歳だった… 君のことをどう思った? 感心した?

WK:はい

CA:それで、これから君はこれでどうするつもりですか?

WK:ええと…

CA:つまり、これから風車を他にも作りたいのかな?

WK:はい 他にも作りたいです… 水をくみ上げて、作物を灌漑して…

CA:それはもっと大きいやつになる?

WK:はい

CA:どれくらい大きい?

WK:20ワットかそれ以上になると思います

CA:それだと、村全体を灌漑できる?

WK:はい

CA:それで君は、ここでTEDの人たちに 誰かこの夢を実現するのを助けてくれる人がいないか 話すんだね?

WK:はい 資材を提供しれくれたりとか はい

CA:それで、君のこれからの人生についてだけど 君は今19歳で これからも君の夢・エネルギーの仕事をするつもりかい?

WK:はい これからもエネルギーの仕事をやるつもりです

CA:すごい ウィリアム、君がTEDカンファレンスに来てくれたのはとても名誉なことだよ 来てくれてほんとうにありがとう

WK:ありがとう

(拍手)