トニー・ファデル
3,315,245 views • 16:41

80年代の名作映画 『ブルース・ブラザース』の中に ジョン・ベルーシがダン・エイクロイドの アパートを訪ねて 初めてシカゴに来る場面があります 狭苦しい 窮屈な部屋の ほんの1mほど脇は線路が走っていて ジョンがダンのベッドに座った途端 列車が駆け抜けて 部屋中のあらゆる物を揺らします ジョンが「あの列車はよく通るのかい」 と聞くと ダンが答えて「いつもかな そのうち気にならなくなるよ」 その途端 何かが壁から落っこちる

ダンの話には思い当たりますね 私達人間は 毎日の出来事に慣れるのです あっというまにね プロダクトデザイナーである私の仕事は そうした毎日の出来事に目を向け 感じ取って 改善するきっかけをつかむ事です 例えば この果物 小さなシールが ありますね このシールは私が子供の頃には ありませんでしたが その後 あるときに 誰かが これを果物に貼ろうと ひらめいたのです なぜって その方が スーパーのレジで 支払うのが 簡単になるからです

すごいですね お店に入って すぐに出てこれるんだから でもここで 新たな問題も生じます 帰宅して お腹が空いたなという時に 美味しそうに熟した果物を カウンターの上に見つける 以前なら 取ってすぐ食べたでしょうが 今では まず この小さなシールを探さないと いけません 爪で剥がそうとするうちに 果肉も潰してしまったりして この丸まったシールがまた お分かりですね 振っても振っても指からとれない (笑) 腹が立ちますね まったく

でもそこで面白い事が起こるんです 確かに最初はこう思うでしょう 果物を食べる ただそれだけの事に 腹を立ててるんです もどかしくて でも10回目ともなると それほどイライラすることもなくなり 淡々とシールを剥がし始めるようになる 100回目ともなれば 少なくとも私なら 何も感じなくなりますね ただただ果物を つまみあげて 爪で剥がして 指から払いのけて ふと気がついて あれもうはがしたんだっけ?

なぜでしょう? なぜ毎日の出来事に 慣れるのかといえば ヒトの脳は有限だからです なので脳は毎日の出来事を 習慣としてコーディングし 新たな何かを学ぶための 余地を確保するんです これは習慣化と呼ばれるプロセスで ヒトが学ぶ上での 最も 基本的な方法の1つです

さて 習慣化は悪いことではありません 自動車教習の事を思い出してみましょう 私には印象的でした ハンドルの10時と2時を握りしめて 周りの全ての物を注視する 車や 信号や 歩行者など 神経をすり減らす体験ですね あんまり緊張してるから 一緒に乗っている誰とも話せず 音楽を聴くことすらできませんでした ところがここでも面白い事が起こります 幾週か経つうちに どんどん 運転が簡単になってくる 習慣化した訳です そうなると楽しくなって 元からそう出来た気にすらなり また友人とも 話せるようになるし 音楽も 聴けるようになりました

つまり 脳が物事を習慣化するのには それなりの理由があるのです もし習慣化しなければ 私達はすべての細部に対して 常に目がいくようになって 疲労困憊してしまう さらに何かを新たに学ぶような 時間も無くなってしまいますから

でも時によっては 習慣化がよくない事もあります 習慣化によって自分の周囲の 問題に気がつかないようでは まずいですね さらに気がつかないが故に 解決もできないとあっては 問題は深刻です

コメディアンはそれをよく知ってます ジェリー・サインフェルドのネタは全部 彼の気付いた 些細な出来事から来ています 私達が 事あるごとにしでかす ヘマのあれこれ 思い出しすらしないような 彼が友人を訪ねた時の話があります シャワーを浴びて サッパリしようとして ハンドルに手を伸ばして ちょこっと動かすと とんでもない熱湯が吹き出して 慌てて戻すと今度は とんでもなく冷たくなる ただのシャワーでもこの有様 誰しも身に覚えのある事ですが 私達の誰もそれを思い出しはしない でもジェリーは違いました さすがはプロですね

ですが デザイナーや革新者 あるいは 起業家といった人々にとっては そうした出来事に気づくのみならず さらに踏み込んで 解決する事こそが 仕事なのです

こちらは メアリー・アンダーソンという人物です 1902年のニューヨークを 彼女は旅行中でした その日は寒く湿った雪の日で 彼女は暖かな路面電車に乗っていました 途中で彼女は 運転士が窓を開けて 窓の雪を払いのけて 視界を確保しようとしているのに 気づきました しかし彼が窓を開けた途端に 冷たく湿った空気が車内に流れ込んで 乗客はみんなげんなり さておそらくこの時 ほとんどの乗客は こうとしか考えなかったはずです 「しょうがない 窓を拭くには 開けるしかないんだから そりゃそうだ」とね ところがメアリーは違いました 彼女が考えたのは 「運転手が車内からフロントガラスを 拭く事が できれば 安全に運転を続けられるし 乗客も暖かいままでいられるじゃない?」 次の瞬間 彼女はスケッチブックを 引っ張り出して のちに世界初の フロントガラス用 ワイパーとなるものを描き始めたのです

さて プロダクトデザイナーである私もまた 彼女のような人々に習って 世界をありのままに見るべく 思い込みを捨てようと努めています なぜなら 誰もが気付くような問題の解決は 簡単ですが 誰もが見逃すような問題の解決こそが 難しいからです

生まれつきできる人も できない人もいるのだ と言う人もいます メアリー・アンダーソンも天与の才で 真実を見抜いていたのだとね 私の場合で言えば そうではありませんでした 単にそうするだけの理由があったんです 私がAppleにいた数年の間 スティーブ・ジョブズが求めたことは 毎日仕事場に来たときに 自分達の製品を 顧客の目線で とらえること それも新規顧客の目線です 最新テクノロジーで出来た製品が すぐに使えるだろうかと 怖れ あるいは欲求不満や さらに高揚感に包まれた そんな人からどう見えるか 初心者であり続けろと言い 私達に 常に細部に注目するように求める事で 新規顧客が製品をより早く より簡単に 滞りなく使えるように望みました

特に最初期のiPodは その事を思い出させます 90年代には 私もまたガジェットおたくでしたから いつも最先端のガジェットを求めて お店に急いだものでした 時間をかけてお店に着いたら 支払いをすませて 家に帰ると パッケージを開ける するとそこには 例の小さなシール 「使用前に充電してください」とあります

何だって! 信じられない! こんな時間をかけて買った 製品なのに その上 今度は「使用前に充電」だって? 憧れの新品の前での おあずけは 永遠にも感じられました どうにかしてましたね

でもなんと 当時は ほぼ全ての製品が同様だったのです 充電池が内蔵されている製品は全て 使う前に充電する必要があった これに気付いたのがジョブズです そして言いました 「ウチの製品ではこんな事が無いようにする」 どうしたでしょうか 典型的なハードディスク内蔵型の 製品ならば 工場で 30分程動かして 顧客が購入してから何年か経っても 動作するよう確かめるのです その代わりにあることをしました 製品を2時間以上動作させることにしたんです 理由は? まず そもそも製品の品質を 高めることができます その方が検査も簡単だし 顧客に対しても良い物を届けられます でもさらに大事なのは それにより充電が完了し 箱から出すとすぐに製品を使えることでした 高揚感に包まれたあの顧客が すぐに使い始められるようになったんです 素晴らしいことで 効果的も抜群 大好評でした

今では 充電池で動く製品のほとんどが 完全に充電されて箱から出てきます ハードディスクのない製品でもそうです 当時私達が気付いて解決した小さなことは 今や誰もがやることになりました 「使用前の充電」は もはやありえない事です

なぜこんな話をするかというと 自明な問題に目を向けるだけでなく 見えない問題に目を向ける事こそが 重要だからです 製品デザインにとどまらず 私達のやる事全てに言える事でしょう 実際 私達の身の回りは 見えない問題だらけで 解決こそできますが その為にはまず それらを見つけて 感じ取らなければならない

さてここで いささか躊躇しつつも 神経科学や心理学的なコツに話を進めます TEDコミュニティには専門家が 大勢いて 私より精通されています それでも 私が実行しているコツを ご紹介しましょう 誰にでもできる 習慣化への抵抗です

1つめは 視野をより広げること 何かの問題に取り組んでいると その問題の要因が山のようにあったり 解決にも膨大な手間がかかったり という時がありますが そんな時 一歩下がって より広く見てみると それらを変える余地に 気が付いたりします 問題の要因や解決法をひとつにまとめたり 全く新しい方法でそれらを取り除いたり できるかもしれません

例としてサーモスタットを挙げます 1900年代に売りだされた当時は 使い方は全く単純でした 設定温度を 上げるか下げるかだけ 誰でも理解できました ところが1970年代に エネルギー危機が持ち上がった 顧客の関心は エネルギーの節約に 向かいました それならということで サーモスタットのデザイナーも 新たな機能を加えました 設定温度の上げ下げはやめて プログラムで操作するようにしました 決まった時間に決まった温度に なるよう設定できる いいじゃないかということで あらゆるサーモスタットが その仕様を取り入れ始めました しかしその後 誰一人としてエネルギーを 節約できていないことがわかったんです なぜか? 人間が未来を予知できなかったからです 季節ごと 年ごとの気温のズレを 週単位で前もって知ることのできる人は いませんからね だから節約できた人もいなかった さあどうしましょう

設計者たちは再検討して 特にプログラム機能を見直しました 設定画面をわかりやすくして 取り扱い説明書も改訂したんです でも数年経ってみても 相変わらず 節約できた人は 全くいませんでした 未来予知できる人はいませんからね では私達はどうしたか? プログラム機能の代わりに 機械学習の仕組みを取り入れました 温度を上げ下げするタイミングだけを 記録することにして 朝起きてちょうどよい 室温だった時とか 外出するタイミングを把握したんです そしたらなんと 効果があったんですね エネルギーの節約には プログラムなど必要なかった

ですから 何をするのであれ 一歩引いて 問題全体を見渡せば 個々の事象を取り除いたり まとめたりして プロセス全体を 断然シンプルに できるかもしれない 「より視野を広げる」とはそういう事です

2つ目のコツは「より近くで見る」です 私の最高の先生の一人に 祖父がいました 世界の全てについて教わりましたね 物がいかにして作られているか どのように修理すべきか そのために必要なツールや 技術などについてです 祖父の話の1つにネジの話があり それは正しくネジを使い分ける事の 大切さについてでした ネジには多くの種類があって 木ネジ 金属ネジ アンカー付き コンクリート用など 数え上げればきりがありません 私達の仕事は 特別な技術なしに 誰もが簡単に 自分で製品を 取り付けられるように することです そうするために 私は祖父のネジの話を思い出して みんなで考えました 「製品の箱に入れるネジは 何種類がいいのだろう? 2、3、4、5種類?」 一口に壁と言っても多種多様ですから いろいろ考えて 最適な選択として 2〜3種類のネジを 箱に同梱する事にしました 問題は解決したかに見えましたが そうではなかったのです

製品を出荷しましたが 受け取った人々の反応は よくありませんでした そこでどうしたか 駄目だとわかったら即座に 設計に戻りました そして特別な 専用のネジを開発したんです 投資家達はおかんむりで 「ちっぽけなネジひとつに いつまで時間をかけるつもりだ」とか 「営業で売り上げを伸ばせ」とか言うので 「伸びますよ ネジ次第ではね」と答えました 実際そうできたんです この小さな特製のネジであれば 箱に入れるネジは1種類ですみ 製品への取り付けも簡単 壁への取り付けも簡単でした

つまり 誰も気にとめないような 小さな部分に着目して こう考えることも大切だということ 「これは本当に大事なのか それとも ただの習慣でこうしてるだけなのか? もしそうなら 止めてもいいかも」とね

最後のコツです「より若く考えること」 毎日のように私は 3人の子供のおかしな 質問の 矢面に立っています その質問は例えば なんで車は飛ばないの?とか 何でマジックテープじゃなくて靴ヒモなの? 時には鋭い質問も 飛び出します 先日 そばに寄ってきた子供に 「ちょっと郵便受けを見て来てよ」 と頼んだんですが 彼は私を見て 困ったように言うには 「なんで郵便受けが自分で見て 教えてくれないのかな?」 「やられたな」と思いましたね このように彼らの疑問は尽きないので 時には正しい答えが 見つからないこともあります そんな時 私達は「まあ そんなもんだよ」 と答えますね 大人は何かに頻繁に接することで それに慣れていくのですが 子供はそこまで長く生きて いませんから 慣れることもありません ですから問題に直面すると その場で解決しようとします その結果 よりよい方法が生まれる時もあり それが実はかなり いい方法だったりするんですね

ということで 心底覚えておきたいコツ チームに若い人々を入れること 精神的に若い人でも構いません なぜならそこに若い精神がいれば チームの誰もに若く考える余地が 生まれるからです ピカソは言いました 「子供は初めから芸術家だ 問題は大人になっても 芸術家のままで居られるかどうかだ」 私達も 世界を初めて目にした時には もっと明瞭に見ていたはずなんです 習慣化の人生が始まる前にはね 私達に課された挑戦とは そこに戻るということ イライラする感覚を味わい 些細なことに気を留めながら より広い視野を保ちつつも より近視眼的に見て より若い思考を試みる事で いつでも初心者であり続ける事

簡単ではないですよ 何せ私達が世界を理解する 一番基本的な手立てを 傍に押しやることになるんだから でもそれができれば 本当にすごいことができるはずなんです 私にとってそれは よりよい製品の デザインということになりますが 皆さんにとっても それ以外の 力強い何かが できるはず

私達に課された挑戦とは 毎朝目を覚ますたびに 「世界をもっと深く体験しなきゃ」と 口にすること そうすれば もしかすると 本当にもしかすれば なくせるかもしれない あの 小癪な シールをね

ありがとうございました

(拍手)