スティーブン・バックス
7,760,064 views • 4:22

イェール大学の バイネキー稀少本・原稿図書館の奥深くに 240ページからなる ただ1冊しかない本が収蔵されています 最近 放射性炭素年代測定で 1420年代のものと判明した― 羊皮紙でできた本には 手書きの丸文字のようなものや 夢をそのまま描いたような 手描きのイラストがあります 現実と空想の植物 浮遊する城 入浴する女性達 占星術チャート 星座の指輪 顔のある太陽と月が 文章とともに描かれています この24 X 16センチの本は 「ヴォイニッチ手稿」と呼ばれており これは 歴史上最大の 未解決ミステリーの1つです その理由は 誰も内容を解読できないからです 本の名前は ウィルフリッド・ヴォイニッチ氏に由来します ポーランド人で書籍商の彼が この本を あるイエズス会の大学で見つけたのです 1912年 イタリアでの事です 彼は当惑しました 誰が書いたのか? 何処で作られたのか? この変な文字は何語で ゾクゾクする様な絵は何を意味しているのか? どんな秘密が隠されているのか? 彼は 大学で資金難にあえぐ司祭から この本を買い受け 最終的にアメリカに持ち込みました アメリカの専門家達は 1世紀以上もの間 思案し続けました 暗号学者は この文書は 実存する言語の全ての特徴を有しており ただ誰も見た事が無い言語だと言うのです なぜ実存の言語に見えるかというと 実際の言語では 同じ文字の並びが 一定の頻度で出てきますが ヴォイニッチ手稿の言語でも 無作為に並べたとは思えないような パターンがあるのです それ以外では 見える以上のことは ほぼ分かりません 文字はスタイルや高さに違いがあり 他の言語から借りてきている文字もありますが 多くは独自のものです 背の高い文字は「絞首台文字」と 名付けられています 手稿は全体を通して 渦巻き状の美しい装飾で 飾り付けられています 2人か それ以上の人によって 書かれているようで 絵は別のグループによるものです 長年を経て 手稿の文章について 3つの説が出てきました 1番目は 暗号で書かれている という説で 秘密を隠すために あえて考えられた 秘密の暗号というわけです 2番目は虚偽の文書で 騙しやすい買手から金儲けをするために デタラメに書かれたという説です 著者は中世のぺてん師と推測する者もいれば ヴォイニッチ自身が書いたと言う者もいます 3番目の説は 本文は 実存する言語であるが 誰も知らない文字で書かれている というものです 中世の学者達は 新しいアルファベットを創って 無文字言語に使おうと していたのかもしれません その場合 ヴォイニッチ手稿は ロンゴロンゴ文字の様な物かもしれません それはイースター島で使われていて その文化が崩壊した今となっては 読解不能の文字です ヴォイニッチ手稿は 誰も読むことはできないにもかかわらず 何が書かれているのか 人は探求せずにはいられません この手稿は 新しい文字言語を 作ろうと試みたものだと 信じている人達は 手稿を作った文化の知識がつまった― 百科事典なのかもしれない と考えています 13世紀の哲学者ロジャー・ベーコンによって 書かれたと信じる人もいます 彼は文法の普遍的法則を 研究していました あるいは16世紀エリザベス朝の 神秘家ジョン・ディーの作という人もいます 錬金術と占いをしていた人物です 非主流派の説としては イタリアの 魔女達のグループによって書かれたとか 火星人が書いたと言う人さえいます 100年の試行錯誤の後 科学者達は 最近 このミステリーに 微かな手がかりを得ました 最初の発見は さきほどの放射性炭素年代測定です そしてまた現代歴史家達は この本の来歴を追跡しました ローマやプラハを通り 1612年にまで遡っています 当時 その手稿は 神聖ローマ皇帝ルドルフ2世から 彼の医師であるヤコブス・シナピスに 渡ったとされます これらの歴史的発見に加えて 言語研究者達は最近 手稿に書かれた単語のいくつかを 仮に特定したと言っています 7つの星の横に書かれた文字は 「Tauran」で 牡牛座(Taurus)の名前 すなわち― その7つの星からなるプレアデス星団を 指すのではというのです この言葉は「Centaurun」で 絵の中の植物 セント―レア(Centarea)でしょうか? もしかしたら― でも 進展はゆっくりです もし暗号を解明できたら 何を発見できるでしょうか? 15世紀のイラストレーターの夢日記? 全くのたわごと? 忘れられた文明の失われた叡智? あなたは何だと思いますか?