ロクサーヌ・ゲイ

バッド・フェミニストの告白

1,466,892 views • 11:28
Subtitles in 29 languages
Up next
Details
Discussion
Details About the talk

作家のロクサーヌ・ゲイが、自らを「バッド・フェミニスト」と名付けたのは、フェミニスト運動の期待に添えるような完璧な行為ができないことを笑ったジョークのつもりでした。しかし彼女はそれがジョークになっていなかった事に気がつきます。この思慮深く、刺激あるトークの中で、彼女は幅広いフェミニズムの解釈を祝福し、小さな選択の積み重ねによって、実際の変革につなげることを呼びかけます

About the speaker
Roxane Gay · Writer

In "Bad Feminist," her 2014 book of essays, Roxane Gay laid out a wise, funny and deeply empathetic vision of modern feminism, acceptance and identity — flaws and all.

In "Bad Feminist," her 2014 book of essays, Roxane Gay laid out a wise, funny and deeply empathetic vision of modern feminism, acceptance and identity — flaws and all.