Philippe Starck
2,025,924 views • 17:06

僕のような英語じゃ 何もわからないでしょう いいことです 素晴しい人達の後で 休憩できますから なんていうか 僕がここにいるなんて ちょっと場違いですよね だって僕の仕事なんか 人生において何の役にも立ちませんからね まるで 自分自身が役立たずな気がしますよ ましてキャロリンや 他の講演者の後ですから 僕なんかまるで“糞” 全くもって なんで僕がココにいるのか分かりません まるで 悪夢の中で 替え玉として オペラ座に来た途端 無理矢理「お前歌え!」みたいな… よくわかりませんけど

そういうわけで お見せするものも言うべきこともないので なにか他の事でも話してみましょう よろしければ手始めに… 面白くもなんともないんですが…僕の仕事の進め方でもお話しましょう あなたは何で知られた人か と聞かれたら― レモン絞り器 便器用ブラシ 爪楊枝 美しい便座に それに 歯ブラシですかね 僕は歯ブラシをデザインしようとはしません “おぉ きっとキレイなモノになる”なんてつもりもないです そんな事に 興味ありませんから

デザインにも 色々な種類があります 一つは 僕らが“ひねくれデザイン”と呼ぶもので― 50年代に レイモンド=ローウィが提唱したものがあります 彼は“醜いと売れない (la laideur se vend mal)”と言いました ひどいもんです デザインは マーケティングの武器に徹するべき 商品をもっとセクシーにして 売り上げを伸ばすためのもの というわけです 最低で 時代遅れで バカバカしい なので僕は “ひねくれデザイン”と呼びます

その後に出てきたのが“自己陶酔デザイン” 偉大なデザイナーによる 他の偉大なデザイナーのためのデザインです そのまた後で 僕のような人達が出てきた 存在価値を見出そうと― 役に立たない仕事を恥じつつも 別のやり方を模索して― がんばるわけです モノのためのモノ作りじゃなく 結果のために 人類の利益のため それを使う人のためにね 歯ブラシを手にしても 歯ブラシの事なんて考えませんよね 僕なら“どれだけよく磨けるだろう?”と考えます 口の中での歯ブラシの働きを理解するには 必ずこう思い浮かべます “この口は 誰の口だろう? その人の人生はどんなだろう? どんな社会に生きてるんだろう? どんな文明が その社会を作ったんだろう? どんな動物種が その文明を作ったんだろう?” そこまでいくと…頭良くないんで 1分くらいかかるんですが… 動物種レベルまでいくと がぜん面白くなるんですよ

僕なんかが 何かを変える力なんて 皆無ですよ 立ち戻れば なんで変えない方がいいかわかります 今日 変えない方が 変えるよりいいんです 動物種としての 自分の位置付けに考えを及ぼすと― 見るべきものに気付きます 大きな挑戦もあります 僕らの目の前の挑戦です なぜなら 人類の生み出すもので 僕の言う“全体像”の外側に存在するものなんて ないからです “全体像”とは 僕らの物語 詩や ロマンです 僕らの詩とは 僕らの変異や生命です 思い出してください 10歳になる息子の本にもあるように 生命はおよそ40億年前に誕生しました え?42?

(観客席)45!

45ですね 勘弁して下さいね 僕は一介のデザイナーですから クリスマスプレゼント専門のね もともと“原始のスープ”といわれるものがありました この最初のスープは ボコボコボコと なんていうか汚い泥で 生命も何もありません するとビカビカ!…雷が落ちて…ビカッ!…さあ来た… ビカッ!…命ができて…ボコボコ!…死にました 数百万年後…ビカビカ!ボコボコ!…おーい起きろぉ! ついにうまくいって 生命の誕生です 僕らは とても馬鹿な 一番馬鹿な 微生物でした 僕ら生殖法さえ真似てますよね 言いたいことわかります? それとか…おっと 何でもないです

その後 僕らは魚になった そんでカエルになり サルになり 今日の僕ら スーパーモンキーの出現というわけです 面白いことに 僕らスーパーモンキーは まだ物語の中盤です 想像できます? あんなに馬鹿な微生物だった僕らが 携帯 パソコンに iPod ですよ 40億年の間に キャロリンをはじめ皆さんご存知の通り 太陽はいずれ内部破裂します 地球は燃えちゃってとか 爆発しちゃってとか よく知りませんけど… それが 40億年後の予定でしたっけ? そんなとこです つまり 僕らはまだ物語の中ほどなんですよ こりゃすごい!美しいじゃありませんか! 想像できます? とても象徴的です だって40億年前の微生物は 今日の僕らの姿を 知る由もなかった そして今日の僕らには 40億年後の僕らを 知る由もありません この辺りが 素晴しいんですよ

これが僕らの詩なんです 美しい物語です 僕らのロマンです 突 然 変 異 僕らは突然変異種です ここをしっかり押さえて 物語に組み込まない限り 全くわけがわからなくなります だって みんな自分達が最後の世代だと思ってるでしょ 僕らの地球の見方は一つ ほら わかるでしょ “俺こそが人類 人類の完成形 40億年間 突然変異を繰り返し 今この俺が出てきたから進化終了 終演 最後の最後 永久の最後が 赤いジャケットの この俺” って感じです さぁどうだか まだこんなことを言っているくらいですから やることは山積みです とても新鮮です

ここで一つ 天才であることは 誰の義務でもありませんが 参加する事は みんなの義務です 突然変異の皆さん ご参加の際には 最低限の訓練があります スポーツとも言えます まず始めにですね― とても簡単なやつ 視覚の訓練があります 説明しますよ やってみます こんな風に歩くと まぁまぁです 歩けます でも 目を伏せているので視界が悪い おっと 穴がある 落ちちゃいます 死んじゃいます いたって危険

だから多分 これ位の視野の角度を試すでしょう よし 見えます 何か見つけたら おっとっと そのまま おっとっと 目線を上げましたが まだとっても…自分勝手で 自分本位で…自己中です でも生き残れはします まぁ大丈夫 そして目線を もう少しだけ上げると “おや ここにいましたか ご機嫌いかが? お助けしましょう 新しい歯ブラシをデザインしますよ 新しい便器用タワシはいかが?” 社会の中で暮らし コミュニティと共に生きていると言えます いいですよ 知性の領域に足を踏み入れました この地点から 目線を上げれば上げるほど あなたは 社会にとって より重要になります 上げれば上げるほど 文明にとって より重要になります 上げれば上げるほど 遠く 高くが見えるあなたは 突然変異の物語にとって より重要になります つまり 知的な人々は ここにいるのです ここが知的領域です ここからここの角度は 天才です プトレマイオス エラトステネス アインシュタインとかです 天才である義務なんて 誰にもありません 結構ですが 義務ではありません

しっかり訓練して 良い突然変異になってください 危険や罠はあります 一つは 垂直です 垂直になって こんな風に見上げると “おぉ神よ!神がおられる!あぁ神よ!” 神は罠です 神を持ち出すのは 僕らが答えを知らないときです つまり 脳みその大きさが不十分で よく理解できないとき “あぁ神だ!神の成せる業だ!”とやっちゃう これは馬鹿げてます だから跳ねます こんな風に いや跳ねないでよ 戻ってきて だってもう一つ罠がありますから こんな風にのけぞると 今度は過去を見てしまいます 体が柔軟だと 自分の内側が見えてしまいます そしたら 総合失調症になって これまた死んでしまいます

だから毎朝 良い突然変異種なんだからこそ 目線を上げるんです 外へより水平に 知的生命体として 決して忘れないで下さい こんな感じ こんな感じ これ とっても とっても とっても 大切です 他に何があったかな なぜこの訓練をするのか 遠くから見ると 僕らの進化の道のりは 一筋の線で― その線は 明らかに前進しています 遠くから見ると そう とても滑らかです でもレンズでのぞくと まるでガタガタのデコボコ それに光と影からできています 光は文明を 影は野蛮を表しています 僕らがどこにいるのか知っておくことは とても重要です なぜなら それによって 自分の役目が変わってくるからです

考えてみてください 素晴しかったとは言いませんが 80年代はあまり戦争がなかった ほんの短い間 すると文明が開化していきますよね そんな状況なら 僕みたいな人々は受け入れられます “贅沢の時代”と言ってもいい 考える時間があって…他には何だろう― 芸術とかを語る時間があるんです いいんですよ 僕らは明るい地点にいますから でも今日のように たちまち暗闇へ落ち 野蛮になることもあります 野蛮といっても実に色々あります 僕らには馴染みのない野蛮も出てくるでしょう 野蛮にも色んな種類がありますから だから適応しなくちゃいけない 野蛮な時代が来たなら 美しい椅子やホテルは忘れて デザインも...それに失礼ですが 芸術だって忘れてください キレイさっぱりと もっと大事で緊急なことがありますから 政治へ 急進化へ回帰せざるを得ません 今の言い方 変だったらごめんなさい 戦いへ戻り 立ち向かう必要があります

だから今日はこの仕事が恥ずかしいんです だからこそ僕はココで 最善を尽くします でも最善を尽くしたところで (だから僕って最高!) 何にもなりません だって時期が違いますから 良いモノだって 光の地点じゃないと輝かない 美しい夢や文明の時期じゃなきゃ 意味ないんです それに僕らは 物語の完結に向けて 頑張らないといけません この文明のシナリオは 愛や進歩などについてです それはそれでいいんです 違う文明の 違うシナリオもあり得るでしょう 僕らの文明のシナリオは 力を得て 知能を高める事です 例えば僕らの生み出した 神という概念のように 今は僕らが神です もう物語の完結は間近です あとは仕上げるだけです とてもとても重要なところです 何が実際に起きているのかわかってないと そこに行き 戦ったり 働いたり 創ったりできません こんなふうに 後ろ向きに未来へ進むと おっと危ない 落ちちゃいます すごく危ない だから絶対にわかってなきゃだめです

繰り返しますが 物語の完結は間近です 素晴しい点は 50~60年後 この文明を完結し 子供たちに 新たな物語 詩 ロマンを 創造する可能性を 差し出せることです 僕ら以前に 何十億もの人々が 生まれ 働き 生きて 死んだ 彼らの努力のお陰で 今 僕らは 美しいもの 贈り物 知識を 山ほど持っています 子供たちへ言えます 僕らの物語は出来上がり おしまい さぁ 今度はあなたの番 新しい物語 詩を紡ぎなさい ルールはただ一つ 次の物語はまだまっさら 白紙をあげましょう 創造してください 最高の 最高の道具をあげますから さあ 始めてください だから僕は働き続けます たとえそれが便器用タワシのためだとしても