ピーター・アッティア

もし糖尿病を誤解していたら

2,471,603 views • 15:58
Subtitles in 37 languages
Up next
Details
Discussion
Details About the talk

若き外科医だった頃、ピーター・アッティアは糖尿病患者に軽蔑の感情を持ちました。その女性は太っており、足の切断を余儀なくされたのは、彼女の責任だと思ったのです。しかし数年が経ち、不意に自らも病気になりました。そして、こう考えるようになります。糖尿病への理解は正しいのだろうか?逆に糖尿病が肥満を引き起こしているとしたら?憶測によって私達は、間違った戦いに挑んでいるかもしれないのです。

About the speaker
Peter Attia · Surgeon

Both a surgeon and a self-experimenter, Peter Attia hopes to ease the diabetes epidemic by challenging what we think we know and improving the scientific rigor in nutrition and obesity research.

Both a surgeon and a self-experimenter, Peter Attia hopes to ease the diabetes epidemic by challenging what we think we know and improving the scientific rigor in nutrition and obesity research.