Noah Tavlin
2,722,482 views • 5:31

ニュースを見たり 政治に関心を抱いているなら 「オーウェル的な」という言葉が 様々な文脈で用いられるのを 聞いたことがあるかもしれません でも この言葉の本当の意味や 頻繁に用いられる理由を 立ち止まって考えたことはありますか?

この言葉はエリック・ブレアという イギリス人作家にちなんでおり 彼はジョージ・オーウェルの ペンネームで知られています 最も有名な作品である小説 『1984』は 全体主義的な政府のもとで 抑圧された社会を描いており 「オーウェル的な」という言葉は 権威主義を表すのによく使われます しかし このような用法は オーウェルのメッセージを 完全に伝えていないだけでなく オーウェルが警鐘を鳴らしたこと そのものを体現しさえするのです

オーウェルは あらゆる独裁政治に反対を示し その人生の大半を 左右両翼からの 反民主主義的な動きとの闘いに 費やしました しかし 彼が深く懸念していたのは そういったイデオロギーの広まり方です 彼が示した最も深遠な考えには 私たちの考え方や意見の形成における 言語の重要性があります

『1984』の舞台 オセアニアの政府が 人々の行動や言論を 規制する方法には明らかなものもあります 一挙一動や一言一句が監視され 一線を越えた者を待ち受ける 恐ろしい末路が 常に人々の頭をもたげています

別の規制方法は そこまで明らかではありません 人々は「真理省」がねつ造した― 歴史的事実や統計などのプロパガンダを 絶え間なく見せられるのです 「平和省」は軍隊のことです 強制収容所は 「歓喜キャンプ」と呼ばれます 政治犯たちは「愛情省」によって 拘留され 拷問を受けます この故意の皮肉は 「ダブルスピーク(二重語法)」― つまり言葉が意味を示すためではなく 意味を蝕むために用いられ 意味する概念そのものを 腐敗させる よい例です

この政権による言論統制は さらに進み 英語から言葉を消去して 新しい公用語である 「ニュースピーク(新語法)」を生みます 略語や単純な具象名詞だけからなる 非常に粗雑な言語で 微妙な意味や批判的な考えを表すのに 十分な複雑な語彙がありません

これは「ダブルシンク(二重思考)」という 精神状態に影響します これは催眠による 認知の不調和状態であり ある出来事に関する 自分の認識に反して 公式に押し付けられた話を 信じるようになるもので 個人は完全に 政府の定義する現実のみに 依存してしまうのです その結果生まれる世界では 思考過程のプライバシーまでもが 侵害され 寝言で反社会的なことを 言っただけで有罪になったり 日記をつけたり 恋愛をするだけで 反逆罪とみなされたりするのです

これは全体主義的政権のもとだけで 起こるように思えるかもしれませんが オーウェルはこれが 民主主義的な社会においても 起こりうると警告しています 「オーウェル的な」が「権威主義的」という 意味にとどまらないのはこのためです

彼は「政治と英語」という随筆で 仰々しい言葉で権威を示したり 婉曲表現や複雑な文章構造で 残虐な行いを受け入れやすくする 文章技巧について述べています しかし より平易な言語の誤用でさえ 私たちの考え方に影響します 日々 広告で見聞きする言葉は あなたに訴え 行動に影響するよう 工夫が凝らされており サウンドバイトや 政治キャンペーンの売り文句が 諸問題についての微妙なニュアンスを ほぼ伝えていないのと同じことです メディアで見聞きしたり インターネットで見つけたような 使い古されたフレーズや答えを 私たちが使うのは 深く考えたり 自分の考えを見直したりせずに 簡単に済ませられるからです

今度「オーウェル的な」という 言葉を耳にしたら よく注目してみてください 人を欺き 操るような言語の使い方について 話しているのであれば それは正しい用法です 集団の監視や 介入を行う政府についての話題なら 権威主義ではあっても 必ずしも オーウェル的であるとは限りません 嫌いな考えを修飾するのに 何でもかんでも用いていたら 批判の対象よりも その言説そのものが もっと「オーウェル的」である かもしれません

言葉には 考えを形成する力があります 言語は政治を表現する手段であり 非常にありきたりな日々のやり取りから 高邁な理想に至るまで 社会の基盤を形成します オーウェルは言語を守るように 私たちを促しているのです なぜなら 究極的には 明確に考え 意思疎通する能力こそが 戦争が平和を 自由が強制労働を示すような世界から 私たちを守るものだからです