リディア・マホヴァ
7,915,364 views • 10:45

私は外国語を学ぶのが大好きです 語学が好きすぎて 2年おきに新しい言語を学ぶほどで 今は8個目に取り組んでいます そんな私が必ず聞かれる質問はこれです 「どんな方法で? 秘訣は?」 正直なところ 長年の間 私の答えはこうでした 「さあね 言語を学ぶのが 大好きなだけだよ」 でも 納得してもらえませんでした 何年かけて学んでも ひとつの言語でさえ 流暢に話せないのに 私が次々に言語を習得できるのは なぜなんだ と 多くの言語を操る 「ポリグロット」の秘密を 知りたがったのです そこで 私も思いました 他のポリグロットは どう学習してるんだろう?と 私たちに共通点はあるのか? そして他の人々より ずっと速く言語を 学習できるのは なぜか? 同じような人たちに会って 調べてみることにしました

多くのポリグロットに会う 絶好の機会は 何百人もの言語好きが 一堂に会して 言語を練習するイベントです こうしたイベントは 世界各地で行なわれており 私も参加して 他の人たちの学習方法を 聞くことにしました

アイルランド出身のベニーは 「学習初日から話す」という方法を 教えてくれました トラベル会話帳で いくつかのフレーズを覚えたら ネイティブスピーカーに 会いに行って すぐに会話を始めるのだそうです 1日に200回 間違おうと 気にしません 相手の反応から学ぶのが 彼のやり方なのです 最大の利点は 今や 頻繁に旅に出なくてもいいことです ウェブサイトを使えば 自宅の居間でくつろぎながら 簡単にネイティブスピーカーと 会話できるのですから

ブラジル出身のルーカスは とても興味深い方法で ロシア語を学んでいました 無作為に100人のロシア語話者を Skypeで友だちに追加して そのうちの1人と チャットを始めるそうです ロシア語で「やあ」と書くと 相手は「やあ 元気?」と 返してきます ルーカスはこれをコピーして 別の人とのチャットに貼り付けます その相手は「元気だよ ありがとう あなたは?」と返します ルーカスはこの答えを 最初の相手に送信します そうやって 本人たちも知らぬ間に 見知らぬ者同士の会話を 取り持つわけです

(笑)

こうした会話を繰り返すうちに ロシア語での会話の始め方が 見えてきて すぐに 自分で使えるようになります 見事な方法でしょ?

「発音の真似から入る」と言う ポリグロットにも出会いました 頻出の500語を必ず覚える人や まず文法書を読むという人もいました 100人のポリグロットに聞けば 100通りの学習方法が 返ってきたでしょう 学習方法は皆それぞれ違うのに 結果は同じで 全員いくつかの言語を 流暢に話せるようになるのです

彼らの学習方法に耳を傾けるうちに 突然 ピンと来ました 私たち全員には共通点が ひとつあったんです それは言語を学ぶ過程の 楽しみ方を知っていること ポリグロットは皆 言語の学習について さも楽しそうに語ります 顔を輝かせて カラフルな文法の一覧表や 丁寧に手作りされた フラッシュカードや アプリでの語彙の学習に関する データを見せてくれます 外国語のレシピで料理することへの 愛を語る人もいます 方法はバラバラですが どれも必ず自分が 楽しめるものにしてあるのです

思えば 私自身も そうやって言語を学んでいました スペイン語の勉強中 教科書の文章に うんざりしました 「ホセが駅までの道順を尋ねる」とか どうでもいいでしょう? それより『ハリー・ポッター』を 読みたいと思いました 子供の頃 大好きだった本で 何度も読み返していたからです そこで『ハリー・ポッター』の スペイン語訳を読み始めました もちろん 最初は ほとんど何もわかりませんでした それでも大好きな本なので 読み進めたところ 終わる頃には ほぼ問題なく 読めるようになっていました ドイツ語の時にも 同じことが起きました 大好きなドラマ『フレンズ』を ドイツ語で見ることにしたんです 今度も 最初のうちは ちんぷんかんぷんでした 単語の切れ目さえも わからないほどでしたが 毎日見続けられたのは 『フレンズ』だったからです どの言語でも楽しめるくらい すごく好きです シーズンを2つか3つ 見終わる頃には 本当に会話の意味が わかってきたんです

これに気づいたのは 他のポリグロットに出会ってからです 私たちは天才ではないし 言語習得の近道も知りません ただプロセスを楽しむ方法を見つけて 言語の学習を 退屈な学校の科目ではなく 毎日やりたくなる 楽しい活動にしているだけなのです 単語を紙に書き出すのが嫌なら アプリで入力すればいいですし 教科書のつまらない内容を 聞きたくないなら YouTubeやポッドキャストに いろんな言語の面白い番組がありますよ どちらかと言うと内向的で 「ネイティブスピーカーと話すのは ちょっと…」と思うなら 独り言で学習してみてください 気楽な自分の部屋で 自分に話しかけるんです 週末の予定や 一日の出来事を話したり 携帯に保存された写真を 適当に選んで 誰かに説明するつもりに なってみましょう ポリグロットは こうして言語を学んでいます 何よりの朗報は 自ら学習を物にする気さえあれば 誰にでもできる方法だということです

他のポリグロットに出会って 言語学習のプロセスに 楽しみを見いだすことが すごく重要だと気づきましたが 楽しいだけでは不十分です 外国語を流暢に 話せるようになりたいなら さらに3つの原則を 実践しなければなりません

まず 効果的な方法が必要です 明日の試験に備えて 単語のリストを覚えようとする場合 単語は短期記憶に 記憶されるため 数日後には忘れてしまいます 長期的に単語を記憶しておきたければ 数日ごとに繰り返し 復習をしなければなりません これは間隔反復と呼ばれます このやり方にはAnkiや Memriseなどのアプリが使えます ゴールドリスト法で ノートに書き出すのもいいでしょう この方法も多くのポリグロットに 支持されています どんな方法があって どれが有効かわからないなら ポリグロットによる YouTubeやサイトを見て アイデアをもらってください 他の人に効果があるなら あなたの場合も期待できそうです

3つ目の原則は 学習に約束事を取り入れることです 皆が忙しく暮らす現代では 言語学習の時間は なかなかありません でも 少し先の計画を立てるだけで 時間は作れるんです いつもより15分早く 起きるのはどうでしょう? 単語を復習するのに ぴったりなはずです 通勤の車の中で ポッドキャストを聞くのは? リスニングの良い練習に なるでしょう 特別に時間を割かなくても できることはたくさんあります ポッドキャストを聞くのは 通勤中や 家事をしながらもできます 大切なのは 学習に計画を組み込むことです 「火曜と木曜に 友達と20分間 会話の練習をするぞ」 「朝食を食べながら YouTubeのビデオを見よう」など 学習に約束事を作っておけば それは生活の一部になるので 特別に時間を割く必要が なくなります

最後に 流暢に話せるように なりたいなら 少しの辛抱も必要です 2か月で言語を 習得することはできませんが 目に見える進歩を遂げることは 確実にできます 楽しめる方法で 毎日 少しずつ取り組めばいいのです 成功体験ほど やる気の出るものはありません

『フレンズ』を見ながら 初めてドイツ語のジョークが分かった瞬間を 今でも鮮明に覚えています あまりの嬉しさに やる気がわいたので その日は さらに2話 視聴しました 見続けるうちに 「分かる」という小さな達成感を どんどん経験しました 徐々に ドイツ語が上達して 自由かつ流暢になんでも 表現できるレベルに達しました これは素晴らしい気分です この気持ちを もっと味わいたいから 2年ごとに新しい言語を 学ぶのです

これがポリグロットの 秘密のすべてです 体系的に実践できる 効果的な方法を見つけましょう ある程度の時間をかけて 楽しめる方法です こうして ポリグロットは ほんの数か月のうちに言語を習得します

さて 中には こう思う人もいるでしょう 「言語学習を楽しむのは 大いに結構だけど 実は 君たちポリグロットは 才能のかたまりで ほとんどの人には 才能がないのでは?」と

ベニーとルーカスについて お話ししていないことがあります ベニーはアイルランド・ゲール語を11年 ドイツ語を5年 学校で学びました 卒業するまでに どちらも全く話せませんでした 彼は21歳になるまで 「語学の遺伝子がないから 外国語が話せない」と 思っていました それから彼は 自分なりの学習法を探し ネイティブスピーカーと話して フィードバックをもらうようになり 今では10もの言語で やすやすと会話をすることができます ルーカスは10年間 学校で英語の勉強をしましたが クラスでの成績は最低レベルでした 友人たちが彼をからかって ロシア語の教科書を プレゼントしたほどです どの言語であろうと 絶対できるように ならないと思われていたんです それから ルーカスは 様々な方法を試し 自分なりの学習方法を探しました Skypeで知らない人と話すのも そのひとつです たった10年の間に ルーカスは11もの言語を 流暢に話せるようになりました

奇跡みたいな話でしょうか? 私の周りでは そんな奇跡は 日常茶飯事です 語学メンターとして 言語の自己学習を サポートする中で 私は 毎日 奇跡を目にします 言語の習得に5年 10年 いや 20年も苦労した人々が 突然 積極的に学習に取り組み 楽しめる教材や より効果的な方法を使ったり 自分の進歩が分かるように 学習過程を記録したり しはじめるのです そうすると 突然 なかったはずの語学の才能が 魔法のように出現するのです

もし 言語を学ぼうとして 難しすぎるとか 才能がないんだと思って 諦めたことがあるなら もう一度 試してみてください もしかしたら 流暢に話せるまでに足りないのは 楽しめる方法なのかもしれません 方法ひとつで あなたも ポリグロットになれるかもしれないのです

ありがとうございました

(拍手)