キンバレー・クレンショー
1,086,923 views • 18:49

新しいことを試したいと思います 参加していただける方は 立ちあがってください 私は今からいくつか名前をあげます 聞いたことのない名前だったり その人たちについて何も語れなければ そのまま席に着いてください 最後まで残った人に知っていることを伺います いいですか?

(笑)

いくわ エリック・ガーナー マイク・ブラウン タミア・ライス フレディ・グレイ

まだ立っている皆さんは 周りを見てください まだ立っている人が半分よりも多いようです 続けましょう

ミシェル・カソー タニーシャ・アンダーソン オーラ・ロッサー メーガン・ホッケデー

もう一度見てみると 4人がまだ立っていますが 実際には当てません 本当に知っている人だけを残すための お願いでした 座って結構です

(笑)

名前が知られていた最初のグループは ここ2年半の間に警察に殺された アフリカ系アメリカ人たちです 知られていなかった もう一つのリストもここ2年の間に殺された アフリカ系アメリカ人たちです 名前を知っているか知らないかの違いは たった一つ 性別です

まず初めにお伝えしますが 皆さんのこの認識パターンは 何も特別なことではありません 私は米国中で何十回も この実験を行ってきました 女性の人権保護団体で行いました 市民権利団体で行いました 教授たちに行いました 学生たちに行いました 心理学者に行いました 社会学者に行いました アメリカ連邦議会の 進歩派の議員にさえも行いました どこでも 警察による 黒人女性に対しての暴力の認知度は 非常に低いです

この事実は驚きですよね つまり ここに2つの問題が関わっています アフリカ系アメリカ人に対する警察の暴力と 女性に対する警察の暴力です これら2つの問題は 近年盛んに議論されています しかしこれらの問題に 誰が巻き込まれているのか 誰がこれらの問題の犠牲者に なっているのかを考えるときには これらの黒人女性の名前は 絶対に浮かんできません

さて コミュニケーションの専門家によれば ある事実が既存の枠組みに合わなければ ある問題についての考え方の中に その新しい事実を 取り入れるのは難しいのです この女性たちの名前は 私たちの意識から滑り落ちていました それは私たちに 彼女たちを目にする枠組みがなく 彼女たちを覚える枠組みがなく 彼女たちを心に留める枠組みがないからです 結果として リポーターはトップニュースにせず 政策立案者は彼女たちについて考えず 政治家は彼女たちと話すことを促されたり 要求されたりしません

なぜ枠組みが重要であるのか 尋ねるかもしれません つまり 結局 黒人に影響する問題や 女性に影響する問題は 必然的に 女性である黒人や 黒人である女性を 含むのではないのかという問いです 単純な答えとしては 社会的平等に対して 浸透を待つようなそんなアプローチでは ほとんどの場合うまくいかないからです 目標に掲げたグループの あらゆるメンバーが 社会問題からどんな影響を受けるかが 見える枠組みがなければ たくさんの人が私たちの 運動の隙間から落ちていき 事実上の孤独に苦しみ続けます しかし 枠組みがないままである 必要はありません

何年も前 私は「インターセクショナリティ」 という言葉を使い始めました 人種差別や性差別など 社会的平等の問題の多くが しばしば重なり合い 社会的不平等が多層構造になっているという 現実を扱うためです

インターセクショナリティが 生まれるきっかけとなったのは エマ・デグラフェンリードという 女性との偶然の出会いです エマ・デグラフェンリードは アフリカ系アメリカ人で 働く妻であり 母親でした エマの話を読んだのは ある法的な見解を論じたページで 実は 記事を書いた裁判官は 地域の自動車工場による 人種と性別の差別について エマの訴えを却下したのでした エマは他のたくさんの アフリカ系アメリカ人女性のように 家族や身の回りの人のために もっと良い仕事を探していました 彼女は子供たちや家族のために もっといい人生を願ったのです しかし仕事に申し込むと 彼女は採用されませんでした 彼女は 黒人女性だから 採用されなかったのだと考えました

問題の裁判官はエマの訴えを却下しました 棄却した根拠は 雇用主がアフリカ系アメリカ人も 女性も採用していたことです しかし裁判官が認定しようとしなかった 本当の問題は エマが実際に訴えたかったことで こうです アフリカ系アメリカ人が採用されるとしても たいてい工場業務や 保守管理業務で すべて男性です 女性が採用されるとしても ほとんど秘書や窓口業務としてであり すべて白人です これらの採用方針が合わさると どうなるかを 裁判官が理解できれば エマ・デグラフェンリードが直面している 二重の差別を見抜けたことでしょう しかし裁判所は2つの訴因が合わさって 彼女の訴えに至ったとは 認めませんでした それを認めてしまったら 優遇措置を受けることが 可能になるからです アフリカ系アメリカ人男性と白人の女性に 一度の機会が与えられるときに 彼女は二度の機会を得ることになるのです しかしもちろんアフリカ系アメリカ人男性も 白人女性も 自分たちが経験した差別について語るのに 人種や性別の差別を組み合わせた 訴えを起こす必要はないのです 単に白人女性やアフリカ系アメリカ人男性と 全く同じ経験をしていないからといって 法律がアフリカ系アメリカ人の女性を 守らないのは まさしく不公平ではありませんか 裁判所は 枠組みを広げてアフリカ系 アメリカ人女性を含むようにはせず 彼女たちの問題は取り上げないと あっさり放棄したのです

差別禁止法の研究者として 男女同権主義者として 人種差別反対主義者として この判例が突き刺さりました 私は不平等で四方を囲まれていると感じました まず 黒人女性は工場で働くことを 許可されませんでした 2つ目に 裁判所が 訴えは法的に合理性はないとしたので この排除がさらに強固なものになりました それらに加え この問題に対して 名称がありませんでした 言うまでもなく 問題に名称がなければ 理解できませんし 理解することができなければ 解決はおぼつきません

何年も後に エマが直面していた問題は 枠組みの問題だと私は気付きました 裁判所が使っていた枠組みは 性差別を識別するための また人種差別を識別するための枠組みであり 部分的で歪んでいました 私が直面していた課題は もっと違う説明の仕方を 考え出すことです エマのジレンマを分かりやすくする プリズムであり 彼女を法律の隙間から救出するプリズムであり 裁判官が彼女の話を理解しやすくなる 説明を考え出したかったのです

私が思いついたのは 簡単に交差点でたとえることで エマのジレンマを裁判官が 理解できるかもしれないということでした こんな交差点を考えてみました 道路は それぞれ人種と性別で構成した 全従業員の構造です その道を通る車輛は 採用方針や この道に沿ったいろいろな運用です エマは黒人であり女性でもあるので 彼女はまさにこれらの道が 交わる地点に立ち その会社の性別と人種に関しての方針からの 2種の影響を同時に受けています 法律は いわば救急車で エマが 人種差別の道路か 性差別の道路で けがをしたことが明らかになれば 彼女を手当てします しかし交差点では手当しないのです

複数の力に突き飛ばされた後で 自分でなんとかするようにと 見捨てられることを何と呼びますか インターセクショナリティが 適切だと私は思いました

アフリカ系アメリカ人女性は 他の有色人種の女性のように 世界中の他の社会的に 排除されている人々のように インターセクショナリティによって あらゆる困難に直面しています 人種と性別の交差点 同性愛差別、性同一性障害差別、外国人嫌悪 障碍者差別の交差点 さまざまな社会的な動きが合わさって まったく固有の困難が 生じることがあります しかし同じ方法で インターセクショナリティは 黒人女性の生き方への関心を高め またアフリカ系アメリカ人女性が亡くなる 悲惨な状況を白日の下にさらします

黒人女性に対する警官の暴力は まさしく現実です 黒人女性が直面している暴力は 警官と遭遇した女性の中に 生き永らえなかった人がいたと聞いても 驚かないほどの酷さです わずか7歳の女の子から 95歳のおばあちゃんまでの黒人女性が 警察に殺されています リビングで殺され 寝室で殺されました 車の中で殺されました 路上で殺されました 親の目の前で殺されました 子供の目の前でさえ殺されました 撃たれて殺されました 踏みつけられて殺されました 窒息死させられました 虐待によって殺されました テーザー銃で撃たれて殺されました (電気銃) 助けを呼んでいる間に殺されました 一人でいるときに殺されました 他の人といるときに殺されました 黒人なのに買い物しているから殺され 黒人なのに運転しているから殺され 黒人なのに精神障害があるから殺され 黒人なのに家庭内でもめているから 殺されました 黒人なのにホームレスだからという 理由でさえ殺されました 携帯電話で通話中に 友達と笑っているときに 盗難車に座っているときに ホワイトハウスの前でUターンしたときに― 後部座席には シートベルトをした幼児も乗っていたのに なぜ私たちは知らないのでしょうか 彼女たちの命が失われたときには メディアの注目や 社会的な抗議活動の勢いは 彼女たちの兄弟が命を失ったときほどには ならないのはなぜでしょう 今が変わるときです

私たちに何ができるでしょうか 2014年 アフリカ系アメリカ人の政策フォーラムは 「彼女の名前を言う」運動を呼びかけました 集会で デモ活動で 討論会で 会議で 黒人に対する国家暴力が議論されている どんな場所でも すべての場所においてです しかし彼女の名前を言うだけでは 十分ではありません もっとたくさんのことを 進んでしなければなりません 私たちは進んで証言しなければなりません しばしば痛ましいことの起こる現実に 立ち向かうだけではなく 証言しなければなりません 日常的な暴力や屈辱に 黒人の女性は直面していること 肌の色 年齢、性別表現 性的指向や障碍などに かかわらずです

私逹にはまさに今チャンスがあります 今から流す映像が 誰かのきっかけに なるかもしれないことを 心に留めてください この暴力について 皆で証言するきっかけにしたいのです アビー・ドブソンの素晴らしい 歌声を聴いてください 彼女たちを受け入れてください 中には暴行された女性も 亡くなった女性も出てきます 私たちにはチャンスがあります このトークの最初の実験結果を覆す チャンスです 彼女たちの名前を知らなかったので この女性たちのために 立っていられませんでしたね

映像の最後に名前が列挙されます 黒人女性の名前が次々と出てきます みなさん ぜひ彼女たちの名前を 呼んでください できるだけ大きな声で ランダムに 無秩序に叫んでください 不協和音を作りましょう 私たちの意思を示すために 彼女たちを高く掲げるために 彼女たちを受け入れるために 彼女たちのことを証言するために 彼女たちに光をあてるために

(アビー・ドブソンの歌)言って ♪彼女の名前を言って

♪言って [黒人女性への暴力についての沈黙を破るため] ♪彼女の名前を言って

(聴衆)シェリー

(聴衆)カイラ

(歌)♪オー ♪彼女の名前を言って

(聴衆が名前を叫ぶ)

♪言って 言って ♪彼女の名前を言って

♪彼女の名前を言って

♪私が知るはずのない ♪すべての名前を [国家の暴力で犠牲となった全ての女性のため]

♪彼女の名前を言って

(クレンショー) ジャニシャ・フォンヴィル キャスリン・ジョンストン カイラ・ムーア ミシェル・カソー レキア・ボイ シェリー・フレイ タリカ、イベット・スミス

(歌)♪彼女の名前を言って

初めに話したように もし問題を見ることができなければ 問題を解決することもできません 私たちは一致団結して 命を失った女性達の 証人になることができます しかし今は哀悼や嘆きから 行動と変革へと動く時です これは私たちができることです 私たちにかかっています

参加してくださりありがとうございました ありがとうございました

(拍手)