ジョナサン・マークス

政府は企業と協力するのではなく争うべきである

1,019,686 views • 14:56
Subtitles in 14 languages
Up next
Details
Discussion
Details About the talk

「争いは悪いものであり、妥協、合意、協力は良いものである」という一般的な常識に、弁護士であり、生命倫理学の専門家であるジョナサン・マークスが異論を唱え、政府が産業と協力すれば、国民の健康や人権そして環境が脅かされるという根拠を示します。「公益」と「共通基盤」は別物であると改めて実感させられる、今の時代にふさわしい重要なトークです。

About the speaker
Jonathan Marks · Bioethicist, lawyer

Jonathan Marks works at the intersections of ethics, law and policy — writing and speaking about torture, obesity, fracking, health care and other pressing issues of our time.

Jonathan Marks works at the intersections of ethics, law and policy — writing and speaking about torture, obesity, fracking, health care and other pressing issues of our time.