イラン・スタバンス
353,682 views • 5:11

「辞書」 : 名詞 言語をがんじがらめに縛り その進化を妨げる醜悪な書物

「辞書編集者」 : 名詞 1.辞書の執筆者 2.こつこつ働く無害な人

辞書という概念の起こりは 古代文明の時代までさかのぼりますが 英語の辞書は 1604年に初めて ロバート・コードリによって出版されました それから数世紀は 著者たちがめいめいに 収録語を取捨選択するという方法で 数多の辞書が編纂されました 著者たちは言葉を定義するだけでなく 公然と持論を展開しました 例えばアンブローズ・ビアスによる 「辞書」の定義や サミュエル・ジョンソンによる 「辞書編集者」の定義などです そのような辞書の多くは 著者亡き後に あっという間に時代遅れになりました しかし 19世紀に編纂されたある辞書は 異なる運命をたどりました

1828年に アメリカの弁護士で 作家でもあるノア・ウェブスターが 『アメリカ英語辞典』を出版しました その崇高な目的は アメリカに 独自の英語を 献ずるというものでした ウェブスターは アメリカは新しい国家として 明確に自分たちの英語といえるものを 持たなければ 英国から独立したとは主張できないと 考えていました

ウェブスターは辞書に アメリカ人の話す英語を記述し 公のものにしようとしました ウェブスターが生きていた時代の辞書の大半は 語義の規範を示したもの つまり ― ある言葉が どう使われるのが 正しいのかを記述したもので 日常 人々が用いる実際の語句の用法を 示すものではありませんでした ウェブスターがこの慣習を破り 俗語も含めて辞書を編纂したところ 英語を冒涜しているという 批判を浴びました しかし ウェブスターは 俗語は 使用される地域で変化を遂げた言葉であり アメリカ英語を「独自の」英語 たらしめる重要な要素であると主張しました ウェブスターは つづりの規則が いたずらに複雑だと考え できる限り発音のとおりに書くべきだという 信念を持っていました それでも ウェブスターの私見は 収録語の選択や 定義の仕方に表れていました 黒人社会で使われる俗語は まっとうではないと考え 掲載しませんでした また 「女性」の定義の欄には 「女性は 柔らかく 穏やかで 憐れみ深く 柔軟性に富む」と書き添えました

ノア・ウェブスターが亡くなるまでに その名は広く世に知られるようになっていました 商機を見出した人たち ― ジョージとチャールズのメリアム兄弟が ウェブスター辞典の権利を買い取りました ウェブスターの義理の息子も加わり メリアムズ一族は 新たに改訂版を作りました それが 『メリアム・ウェブスター辞典』の始まりです

今日では 『メリアム・ウェブスター辞典』は ウェブスターが掲げた目標の 矛盾に目を向けています アメリカ全体を象徴する辞典に することを望みながら たった1人 つまり自分自身の考えを 拠り所として編纂していたという矛盾です ウェブスターの死後に出版された 辞書の新版はすべて 1人の権威ではなく 言語の専門家のグループが監修しています 現在 辞書に掲載する言葉の収録基準は 「広く 持続的に そして 意味のある使い方をされている」ことです その基準に拠ると 下品な言葉 ― 過去には 除外されたこともあった言葉も載ります 人種差別的な言葉もまた 収録基準を満たすことになり 収録によりその言葉の使用が 正当化される危険性を指摘する人もいます

辞書には新しい言葉が加わるだけでなく 使う人の意識や用法の変化を反映させるため 昔からある言葉が再定義されることもあります 1736年に出版された ある辞書では「妻」は 「法律上の判断において 夫の意思に従う既婚女性」と定義され それゆえ 妻は一切の意思を 持たないとされます 現在では「妻」は単に「婚姻関係にある 男女の女の方」と定義されています 2019年に メリアム・ウェブスター辞典が 選んだ「今年の言葉」は「they」でした 「they」は何世紀も 使用されてきたおなじみの言葉ですが つい最近になって 新たな意味を持つようになりました 「性自認がノンバイナリーである 1個人に対する代名詞」というものです

どの言葉を辞書に掲載すべきかという問題は 我々にとって重大な問題です 辞書に載せた言葉や定義が 使用実態と合致すれば 読者は受け入れますが そうでなければ その言葉や定義 そして載せた我々はお払い箱です 現在 辞書編集者は 語の収集範囲を広げ 辞書の利用者にも目を向けるようになりました つまり 検索される頻度の高い単語を把握し 辞書に加えるというやり方をしています

となると 辞書の内容を決めるのは 誰でしょう? かつてないほど重要な役割を担うのは 私たちです 私たち皆が日々 言葉を形成しています 私たちが集団として ある言葉を受け入れたり ある言葉を再定義したりすると 最終的には それらの言葉や意味が 辞書に示されるのです