ヘンリー・エヴァンズ&チャド・ジェンキンス

人類のためのロボットを

1,198,790 views • 10:21
Subtitles in 28 languages
Up next
Details
Discussion
Details About the talk

脳卒中による四肢麻痺を抱えながらも、ヘンリー・エヴァンズは、テレプレゼンス・ロボットを駆使してステージに立ち、この新しいロボット―「人類のためのロボット(Robots for Humanity)」という団体が彼のために微調整してくれたロボット―によって、いかに彼が自分の人生を生きられるようになったか語ります。彼は、チャド・ジェンキンスのチームが開発した機敏な小型ロボットを飛ばすことで、自らの意思で空間を操れるようになり、再び、庭や大学のキャンパスを見てまわれるようになったのです。(TEDxMidAtlantic)

About the speaker
Henry Evans · Robotics activist

In 2003, Henry Evans became quadriplegic and mute after a stroke-like attack. Now, working with Robots for Humanity, he's a pioneer in adaptive robotic tech to help him, and other disabled people like him, navigate the world.

In 2003, Henry Evans became quadriplegic and mute after a stroke-like attack. Now, working with Robots for Humanity, he's a pioneer in adaptive robotic tech to help him, and other disabled people like him, navigate the world.