Return to the talk Watch the talk

Subtitles and Transcript

Select language

Translated by Jarred Tucker
Reviewed by Akira Kan

0:11 このセッションのテーマは自然の奇跡です そして 会議の大きなテーマは幸福の追求です その2つを関連づけ自然最大の奇跡である ヒーリングについて話しましょう その2つを関連づけ自然最大の奇跡である ヒーリングについて話しましょう 人体には優れた自然治癒力が備わっていて 問題の元となる習慣さえ止めれば 常識を遥かに超える回復力を発揮します 日常の医療や生活は いわば 蛇口を開けたまま 床にモップをかけているようなものです 私がこの仕事を好きな理由は 多くの人に新たな希望と 選択肢を提供するからです さらに 食生活だけでなく 幸福の追及も含めて 患者と一緒に考えられるからです 幸福の追及も含めて 患者と一緒に考えられるからです オルダス・ハックスリーが「永遠の哲学」と称した 様々な精神的伝統に目をやると オルダス・ハックスリーが「永遠の哲学」と称した 様々な精神的伝統に目をやると 呼び名や形式 儀式を越えて 共通のメッセージが見えてきます 私たちの本質は幸せであることです 私たちの本質は平和で健康であることです 幸福は得るものではありません 健康も得るものではありません スワーミー ラビ 神父 僧侶 尼僧などの 様々な修道者には 共通点があります ストレス管理 血圧低下 血栓除去の手法を 作った訳ではありませんが ストレス管理 血圧低下 血栓除去の手法を 作った訳ではありませんが 結果的にそういう効果は上がるのです 全てが心と体を静め 変化をもたらす強力なツールであり 幸福 平和 喜びを感じられるのです 幸福 平和 喜びを感じられるのです そして それらを失なってみて― 初めて自分に元からあったと気付くのです 私はサチダーナンダという先生のもと 何年も ヨガを学びました。 “先生はヒンズー教徒ですか?” と聞くと “アンドゥー(元に戻す)です”と答えます 健康と幸福を阻害するものに気付き 自然治癒力を発揮させることが大事なのです それが本当の奇跡です その大きなコンテクストで捉えて ダイエット ストレス管理 そのための精神修養 適度の運動 禁煙と患者グループのつながり この二つは後で触れます ビタミンやサプリメントを考えましょう 皆さんが考えているほど 厳格なダイエットではありません 皆さんが考えているほど 厳格なダイエットではありません 病を治すには ある程度 厳しい ダイエットが必要ですが 病を治すには ある程度 厳しい ダイエットが必要ですが 健康維持には 選択肢がたくさんあり うまく選べば 寿命が延び 健康維持には 選択肢がたくさんあり うまく選べば 寿命が延び 体重も減り 快適に生活できるようになります 体重も減り 快適に生活できるようになります 私たちの研究は 高額な 最先端ハイテク技術を使って 私たちの研究は 高額な 最先端ハイテク技術を使って シンプル 低コストで昔からある 自然な方法が いかに驚くべき力があるか 証明しました まず 心臓病を研究しました この研究を 26, 7年前に始めましたが 当時は 心臓病は直らないと 言われました しかし 良くなるケースが あることが分かりました しかし 良くなるケースが あることが分かりました 治るまでの時間も予想以上に 短かかったのです これは当時73歳の患者です バイパス手術の代わりに 私たちの治療を受けました 血管造影を行ったところ 狭窄がありました これは心臓につながる主な動脈の一つです ここに狭窄が見られます 1年後 良くなっています 普通は悪くなるばかりです このわずかな変化で 血流が300%改善しました このわずかな変化で 血流が300%改善しました ポジトロン断層法 (PET)でみると 青と黒は血流がなく オレンジと白は最大限の血流です 薬物や手術なしで 大きな回復が可能なのです 治療前 彼は道路を渡るだけで 激しい胸痛を訴えていました 1か月後 痛みは消えました 1年後には ステッパーで1日に100段以上踏めました 1か月後 痛みは消えました 1年後には ステッパーで1日に100段以上踏めました このような回復は稀ではありません 人生の質が大きく改善するので 生活習慣を変えようとするのです 人生の質が大きく改善するので 生活習慣を変えようとするのです 5年に及ぶ比較グループの結果を見ると 対照群の患者の容体は全体的に悪化する一方でした 心臓病で普通の経過です しかし それは必然ではなく 考えられている以上に回復できるのです 患者自身が変われば変わるほど 病気から回復しやすいことも分かりました 年齢や重症度は関係ありませんでした 高齢な患者も若者と同じように回復したのです 高齢な患者も若者と同じように回復したのです 数年前 プログラムに参加していた 患者二人からクリスマスカードをもらいました 数年前 プログラムに参加していた 患者二人からクリスマスカードをもらいました 弟は86歳 兄は95歳です 体の柔らかさを見せたかったと 翌年 これが送られて来ました (笑) 信じられますか 私たちの研究では患者の99%に 心臓病の改善がみられました 私たちの研究では患者の99%に 心臓病の改善がみられました しかし この研究成果により医療が 変わるというのは甘い考えでした しかし この研究成果により医療が 変わるというのは甘い考えでした 画期的なだけでは不十分でした 医者にも収入の糧が必要で そのための訓練しか受けていません 医者にも収入の糧が必要で そのための訓練しか受けていません 保険制度が変われば 医療行為と教育は変わります 保険はバイパスや血管形成手術に適用されますが 最近まで生活習慣と食事は除外されていました 保険はバイパスや血管形成手術に適用されますが 最近まで生活習慣と食事は除外されていました そこで 最初はNPO団体を通して アメリカ中の病院で指導を行いました すると 大半の患者は手術なしで治療が出来ました 効果的な治療で費用も抑えられました 保険会社も患者1人あたり 3万ドルの費用削減になりました 保険会社も患者1人あたり 3万ドルの費用削減になりました メディケアは私たちが訓練した病院で 1,800人の医師を無償トレーニングする メディケアは私たちが訓練した病院で 1,800人の医師を無償トレーニングする 実証プログラムを行っています 占い師が言います 「喫煙者は割引 短い予言になるのでね 」 (笑) このスライドは動機付けに 何が効いて何が効かないか うまく表しています 「死の恐怖」はよく言われますが いい動機付けではありません 「死の恐怖」はよく言われますが いい動機付けではありません タバコは体に悪いと皆知っているのに アメリカ人の30%が依然として喫煙します 喫煙者が人口の80%の国もあります なぜでしょう? 答えは1日を乗り越えるためです 後でも話しますが 人類を襲う本当の疫病は 心臓病 肥満 喫煙ではなく 孤独と憂うつです ある女性患者が言いました 「カートンの中には友達が20人います」 「頼りになる唯一の友達なの」 「奪われたら代わりはないわ」 憂うつになると食べ過ぎたり 嫌なことを忘れようと アルコールを飲んだり 働き過ぎたり テレビを見たり 精神的苦痛を避ける術はたくさんあります しかし 原因に対処しないといけません 苦痛は原因ではなく 症状です 「死ぬぞ」と脅しても 怖すぎて患者は無視します 肺気腫や心臓発作の 恐怖も同様です 怖すぎて患者は考えようとしません 一番効果的な禁煙広告はこれでした 萎えたタバコに注目してください タイトルも肺気腫ではなく インポテンツです 数年前に発売され 記録的に売れた 医薬品は何だったでしょう? 数年前に発売され 記録的に売れた 医薬品は何だったでしょう? バイアグラです 多くの人が求めました 日常会話では触れないことですが 処方箋の数は嘘をつきません 問題は精神面ではなく 血管です タバコ コカイン 脂っこい食生活 ストレス これらが血管を狭くします 社会では“格好良い”とされていることが 実は 疲労感 憂うつ インポテンツの原因なのです 面白くないでしょう 疲労感 憂うつ インポテンツの原因なのです 面白くないでしょう でも生活習慣を変えれば 脳へ血流が増し 思考能力が向上し 元気もでます でも生活習慣を変えれば 脳へ血流が増し 思考能力が向上し 元気もでます 心臓への血流も改善し 性機能も回復します 心臓への血流も改善し 性機能も回復します このような変化は数時間で起こります こんな研究があります 感謝祭の日は 脂っこいものを食べます すると数時間で 血の循環が悪くなります 脂っこいものを食べます すると数時間で 血の循環が悪くなります 気分はどうですか? 眠くなるでしょう 一方 あっさりした食事をすると血流が増します 子供がいる人はわかるでしょうが 育児はライフスタイルを大きく変えたはずです 価値があると思えば 生活を変えることが出来ます 逆説的ですが 変化が大きいほど得るものも大きく たちどころに 気分もずっと良くなります これは価値のある選択です 長生きするためではなく より健康に生きるためです 次は肥満問題についてです これは本当に深刻な問題です 大人の3分の2は肥満であり 糖尿病はこの10年で子供と30代で70%増加しました これは軽視できません 糖尿病はこの10年で子供と30代で70%増加しました これは軽視できません これは疾病予防管理センター(CDC)のデータです 選挙結果ではなく 人口の肥満度です 85年からスタートし 86年 87年 88年 89年 90年 91年 15-20%という新たな区分が現れました 92年 93年 94年 95年 96年 97年 また新たな区分です 98年 99年 2000年 2001年 ミシシッピ州では25%以上が肥満です なぜでしょうか? ダイエット方法の一つです 長続きはしません そこが問題です (笑) 体重を落とす秘策はありません 運動して消費カロリーを増やすか 摂取カロリーを控えるか 二つのみです 摂取カロリーを減らす方法の一つが 食事制限です 全般あるいは特定グループの食べ物を 控えると当然体重が落ちます 全般あるいは特定グループの食べ物を 控えると当然体重が落ちます しかし問題は 食事制限は お腹が空きます 長続きは難しいです もう一つの方法は食べ物の種類を変えることです 脂肪は1gにつき9カロリーです たんぱく質と炭水化物は4カロリーです 脂肪を控えると 食事制限せずに カロリーを控えられます 同じ量を食べても カロリー密度が低いため カロリー量が減ります 飽満には食べ物の種類よりも量が効きます アトキンス・ダイエットについて よく聞かれるので 少し話します アメリカ人が脂肪から取る カロリーの割合は減っていると言われます しかし肥満は増える一方です だからと言って脂肪摂取量と肥満は 無関係ではありません アメリカ人の脂肪摂取量は実は増えています 炭水化物がそれ以上に増えたので 脂肪の比率は減っても 量は増えました 率も量も抑えるべきです アトキンス先生が亡くなる前に 私たちはよく討論しました アメリカ人は単糖類を摂り過ぎです 言わば 悪玉の炭水化物 (笑) 砂糖 精白小麦 白米 アルコールなどは 繊維がないため お腹いっぱいにはなりません すぐに消化され 血圧を上げます 膵臓から出るインシュリンは血圧を下げますが インシュリンはカロリーから脂肪への変換も加速します 目標はポークリンドやベーコンやソーセージなどの 不健康な食べ物ではありません 目標はポークリンドやベーコンやソーセージなどの 不健康な食べ物ではありません 目標は悪玉炭水化物の代わりに 善玉炭水化物を摂ることです 全粒穀物 精白されていない炭水化物 果物 野菜 全粒粉 玄米などが 自然で繊維が豊富で カロリーを摂り過ぎないよう 満腹感も与えてくれるし 消化を遅らせて急に血糖値が 上がらないようにしてくれます おまけに 病気を予防します 食生活から外す食品だけではなく 取り入れる食品も大事です 炭水化物が全て悪くないのと同様に 良い脂肪もあります 良い脂肪のほとんどは オメガ3脂肪酸 という脂肪です 魚油などに多く含まれています 悪い脂肪はトランス脂肪酸と加工食品 肉に含まれる不飽和脂肪酸です 皆さん これだけは覚えて下さい 魚油を毎日3グラム摂れば 心臓発作と 急死のリスクが 50%~80%減ります 魚油を毎日3グラム摂れば 心臓発作と 急死のリスクが 50%~80%減ります 毎日3グラム カプセルで売っています それ以上摂る必要はありません 魚油は 乳がん 前立腺がん 結腸がん等の がんの発病リスクを減らします 魚油は 乳がん 前立腺がん 結腸がん等の がんの発病リスクを減らします しかし アトキンス・ダイエットには欠点があります アトキンス・ダイエットで痩せた人を知らない人はいないでしょうが 痩せるだけならアンフェタミンやフェン・ペンなど 体に良くないダイエット方法は たくさんあるのです 健康を損なうことなく減量できる ダイエットを選ぶことが大事です 健康を損なうことなく減量できる ダイエットを選ぶことが大事です アトキンス・ダイエットはアメリカ人が 単糖類を摂り過ぎなので 減らせば 体重も減る― という誤解に基づいています もっと良いのは全粒穀物を摂り 脂肪を減らすことで 体重も減り 健康になります アトキンスが言いました “コレステロール値は変わっていないが 研究結果が変わってしまった” (笑) アトキンス・ダイエットで心臓に どんな変化が起きるでしょう? 最初は良質の赤がみえますが これは『アンギオロジー』という学術雑誌に載った レビュー済の論文です 私が勧めるダイエットでは赤は減りませんが 他方では 1年経つと 赤が減り血流が悪くなリました 結果として 体重は落ちても 心臓への負担が増します アトキンス・センターで行われた研究では 対象者の70%が便秘 65%が口臭 54%が頭痛に悩んでいました 健康的なダイエットとは言えません 体重が落ちて 魅力が増して 人が近寄いてきても 近寄り過ぎたら 困るでしょう (笑) 真剣な話に戻ると アトキンス・ダイエットを 始めた少女が 骨疾患 腎臓病などを併発し 数週間で死亡したケースがあります 始めた少女が 骨疾患 腎臓病などを併発し 数週間で死亡したケースがあります 体内の老廃物は 呼気や腸から そして汗によって排出されます 体内の老廃物は 呼気や腸から そして汗によって排出されます ですから このようなダイエットでは 体臭が発生します 最適なダイエットは低脂肪で 悪玉炭水化物が低く 善玉炭水化物が高く 善玉脂肪もあります その効果は実にさまざまです 良ければ良いほど 体重が落ち 気分も良くなり 健康になります エコロジーから見ても 食物連鎖の下位にある物を 食べるべき理由もあります アマゾンの乱伐や 1日1ドルで生活している40億の人々など そして道徳的な理由もあります 健康の他にも この食生活の利点が たくさんあります 健康の他にも この食生活の利点が たくさんあります 私たちは前立腺がんとの 因果関係について発表する予定です スローン・ケタリング研究所と カリフォルニア大学と共同で 前立腺がんと診断された人の中から 手術を受けていない90人の男性を 2つのグループに分けました そのうち一つを比較グループとしました 乳がんなどでは必ず治療するので 研究用の比較グループは作れません 1年後の結果をみると 実験グループの全員が改善し 全く治療が不要になりました 比較グループでは6人が 手術や放射線治療を要しました 前立腺がんの指標の前立腺特異抗原値 (PSA)を調べた結果 比較グループは全員悪化していました 実験グループでは全員が改善しました その差は歴然でした これをきっかけに グループを問わず PSA値の変化と食生活や生活の変化が どう関係しているかと考え始めました すると 動脈硬化症にみられたのと同じ 用量反応関係があることが判明しました PSA値を下げるには 大きな変化が必要でした 次に疑問を感じたのは PSAは変化しているが 腫瘍の成長には影響があるのだろうか そこで実験者の血清をUCLAに送りました 彼らは それを組織培養で育てた 前立腺腫瘍の細胞に加えました 実験グループは比較グループより 腫瘍の成長が7倍以上抑制されました 70%対9% の結果でした 最後にグループを問わず 生活改善と腫瘍の成長に 関係があるか疑いました またも大変驚いたことに 同様な関係を確認できました 生活を改善するほど 腫瘍の成長が抑制されるのです 最終的に MRIとMR分光法を撮りました この患者の腫瘍が赤で示されています 1年後 明らかに患部が良くなって PSAも減りました 前立腺がんに効くなら 乳がんにも効くはずです 通常の治療を受けながらでも 生活改善をすれば 再発のリスクは減るでしょう 最後に 幸せの追及について話しましょう たくさんの研究が証明しているのは うつ病も現代の深刻な病であり 孤独な うつ病患者は うつ病も現代の深刻な病であり 孤独な うつ病患者は 病気になったり急死する確率が はるかに高いのです 理由は そのような患者は 喫煙 食べ過ぎ 飲み過ぎ 働き過ぎ の 傾向があるからです そして 孤独とうつ病患者が 理由は まだ不明ですが 病気や急死する確率が3倍から10倍 高いという研究結果があります 病気や急死する確率が3倍から10倍 高いという研究結果があります うつ病は治療できます 対策が必要です 一方 親交を深めるのもヒーリングです 肉体的な親交も含めて 私はヒーリングと性欲的なエネルギーが 違う形をした実は同じものだと思っています 友情 利他主義 思いやり 功労など 今まで話した 世界の様々な宗教 文化にみられる真実 細かな違いに注目しなければ これらは共通の本当の真実だと分かります 苦しみや病から解放してくれる 私たちにとって かけがえのないものです その意味では 大いに利用すべきです これはスタンフォード大学のデイビッド・ スピーゲルが行った研究です 転移性の乳がんの患者を2つの グループにランダムに分けました 転移性の乳がんの患者を2つの グループにランダムに分けました グループの一つは支援団体で 毎週1時間半の交流をしました 乳がんと共に過ごす辛さを話したり 溜め込んだ感情をぶつけたり 同じ病と戦っている人と分かちあえる 共感と愛情あふれる空間でした 週に1度の会合を1年間続けました その5年後 この女性たちは2倍長生きしました グループ間の違いは会合だけでした 研究成果はランセットに記載されています 他の研究も同じ結果を示しています 親交を深めることがヒーリングです ヒーリングという言葉の語源は「満たす」です ヨガの語源はサンスクリット語で 併合 合体する 結びつけるという意味です 最後のスライドですが 長年一緒に学んだスワーミからです 最後のスライドですが 長年一緒に学んだスワーミからです 数年前に 腫瘍学と心臓学の症例検討会を バージニア大学で行いました 最後に誰かがスワーミに尋ねました 「病と健康の違いは何ですか」と すると スワーミは “ILLNESS”(病)と書き 最初の I (私)を囲みました 次に“WELLNESS”(健康)と書き “WE”(私たち)を囲みました 今日の話をまとめます 絆や団結や愛の全てがヒーリングです 絆や団結や愛の全てがヒーリングです これに気付けば 病気をせずに 人生をより満喫できます ありがとうございました (拍手)