David Schwartz
464,254 views • 4:11

さまざまな研究によって ビタミン剤を摂取するのが健康に良いとか むしろ悪いとか 新しく発見されたハーブが 記憶を良くするとか 肝臓に悪影響を及ぼすなど また — 新しい有望な癌治療法についての 記事が 現れては 消えています 毎日のように 「科学的研究」による気になるニュースは溢れています 「科学的研究」による気になるニュースは溢れています しかし 研究とは何でしょう? どう 行われているのでしょう? どうすれば信頼できる研究だとわかるでしょう 食事や医療に関する情報の場合 まず忘れてはならないことは 動物や個別の細胞に 関する研究結果は 更なる研究の方向性を 示すにすぎず 人体への影響を 知るただ一つの方法は 人を使っての治験しかないのです 治験に関していうと 科学的な基準とされる方法は 無作為化臨床試験(RCT)です RCTのポイントは 試験対象者をグループに振り分けるときに ランダムに行うことです さらに厳密には盲検にします こういう事をする理由は グループ間の違う点が 研究したい内容だけにしたいからです 例えば 新しい頭痛薬のテストでは 頭痛持ちの多くの人々を 無作為に2つのグループに分け 1つのグループには薬を もう一方には偽薬を与えます きちんと無作為化されていれば グループ間の意味ある差異は グループ間の意味ある差異は 薬が投与されたかどうかだけで 他に影響し得る要因はありません 無作為の臨床試験は 素晴らしい方法であり 現に 米国食品医薬局は 新薬を販売するまでに 少なくとも2回のRCTを 実施するよう求めることが多いのです ただ困ったことに RCTが実施できない場合も多いのです ただ困ったことに RCTが実施できない場合も多いのです 現実的でなかったり あまりに多くの 被験者が 必要な事もあるのです そのような場合は 疫学的研究を行います 被験者は日常の振る舞いのままで 観察だけする方法です 被験者を募り 無作為に所定のグループに 分けることはしません 市販のハーブが悪心(おしん)を起こすか 調べたいとします 市販のハーブが悪心(おしん)を起こすか 調べたいとします 市販のハーブが悪心(おしん)を起こすか 調べたいとします 悪心を起こす可能性のある物を わざわざ 投与するのでなく 普段からこれを摂取している人達を 集めるのです このグループは 「コホート」と呼ばれます 対象の成分を摂取していない 比較対象のグループも必要です そして統計的な比較をします ハーブ摂取のコホートの方が 悪心の頻度が高ければ そのサプリメントと 悪心の関係が示唆されます そのサプリメントと 悪心の関係が示唆されます 疫学研究は 健康に影響する ほとんどの物を研究するのに とてもいい方法です 人の生活に直接介入することなく 危険性をはらむ暴露は発生しません では どうしてこういう研究に基づいて 成分と健康への影響との因果関係を 明らかにできないのでしょうか 成分と健康への影響との因果関係を 明らかにできないのでしょうか 残念ながら 疫学研究法は適切に実施しても 本質的な問題点があるのです テストの対象者が ランダムに選ばれないことが 問題なのです 例えば ハーブの研究で コホートが 健康のために サプリメントを取っている人ばかりだったら 健康のために サプリメントを取っている人ばかりだったら 既に悪心の頻度は 対比グループの人より 高いかもしれません あるいは コホートグループは 健康食品店を使い 特別な食生活や 医療サービスに 恵まれているかもしれません 研究目的の要因に加えて 結果に影響し得る これらの要因を 研究目的の要因に加えて 結果に影響し得る これらの要因を 交絡変数と呼びます これらの2つ大きな落とし穴は 利益相反やデータの選択的使用のような 一般的な危険性とともに 利益相反やデータの選択的使用のような 一般的な危険性とともに 疫学的研究の結果を 疑わしいものにします 良い疫学研究では この様なエラーを排除するための 手順を踏んだと 示さなければなりません しかし これが注意深く実施されても 疫学研究そのものの性質が 既に摂取しているグループ間の違いを 調べるだけで 均質な被験者に対して 意図的に差異を生じさせるわけではないので 単一の研究では 物質と健康との 相関関係が示されるだけであり 真の因果関係が分るとは 限らないのです それでも結局は 疫学研究は人々の健康に関する 優れた指針を与え 健康に致命的な有害物である タバコ アスベスト 鉛 をはじめ多くのものに 対する警告を与えました これらの結論は 適切に実施された 複数の疫学研究による結果が すべて同じ方向だったことで 導かれました ですから こんど 「新しい奇跡的治療法」とか ですから こんど 「新しい奇跡的治療法」とか 「身の回りのとても危険な物質」 というニュースの見出しを見たら その元となる研究を確かめ 疫学研究や臨床試験の 限界を思い出して 急いで結論を出さないようにしましょう