ダン・パロッタ
4,766,209 views • 18:54

今日は 社会のための革新と 社会的起業家精神の話をします 私には三つ子がいまして まだ幼くて5歳です 三つ子と言うと 「本当?それって何人?」と言われます 子供の写真です セージとアナリサと ライダーです さて 私はたまたまゲイでもあります ゲイで三つ子の親という点は 私にとっては 最も社会的に革新的で 社会的起業精神に あふれたところです

(笑)(拍手)

本当に社会のための革新を もたらす今日のこの話は 慈善事業に関することです 私が話したいのは 寄付や慈善活動や非営利事業について これまで 教えられてきた考え方のせいで 世界を変えたいという熱い思いと 大事な信念が 台無しにされている ということです

でもその前に 疑問に思うのは 非営利セクターは世界を変えるのに 大きく貢献していると 私たちが 信じているのかということです 「ビジネスが途上国の経済を成長させたら 社会事業が残りの問題を解決する」と 多くの人が思っています もちろん 経済が成長することで 人類を大きく進歩させると 私は信じています しかし常に1割 いえ それ以上の恵まれない人や 不運な人たちを 置き去りにするものなのです 社会事業には市場が 必要ですが 市場化するためには 簡単には数値化する 指標を作れないという問題があります 私は発達障害者施設の 役員をしていますが 彼らが望むものは 笑いと思いやりで さらには愛を求めています それを金銭に変えることなど できるでしょうか? そこで非営利セクターや 慈善活動の出番です 慈善活動は愛のための市場といえます 他の市場では 無視されている人たちのための市場です バックミンスター・フラーが言ったような 誰も取り残されない 万人のための世界を望むなら 非営利セクターについて 真剣に話し合うべきです

だが現実は そう上手くは いってないようです なぜ乳癌の慈善金が 乳がんの治療法を発見するには 遠く及ばず ホームレス慈善活動を行っても 主要都市のホームレス解消には ほど遠いのでしょうか? なぜ米国の貧困率は 40年間もずっと 人口の12%で 改善しないのでしょうか?

そのわけは 社会問題はとても規模が大きいのに 解決しようとする 私達の組織が あまりにも小さいからです また 私たちの考え方のせいで 規模を大きくできていません 2種類のルールがあります 一つは非営利セクター用で もう一つは残りの経済全般用です まるでアパルトヘイトです 5つの分野で 非営利セクターが差別されています 1つ目は給与待遇です

営利セクターだと 良い仕事をすれば 賃金が上がりますが 非営利団体が お金でスタッフの やる気を起こさせ 福祉サービスを向上させるのは好まれません 私たちは 人助けをすることで お金を稼ぐという考えに 不快感を持っています 人助けをせず大金を稼ぐという 考えには不快感を持たない というのは面白いですよね 例えば 暴力的なゲームを 子供に売って 50億円儲けたいなら 頑張れと応援して WIRED 誌の表紙に 載せるんです だがマラリアの子供のために 5千万円を 集めようとすると 寄生虫のように扱われます (拍手)

こう考えるのを 私達の倫理体系と捉えていますが 私たちが気付いていないことで この考え方には ひどい副作用があるんです この考えのせいで 有名大学の 聡明な卒業生たちは選択を迫られます 自分とその家族のために たくさんお金を儲けるか 世界のために貢献するか そんな殺伐とした二者択一の 選択を迫られるのです そうして 毎年何万人もの― 非営利セクターにも 大きく貢献できる人材が 次々と営利企業への道を 迷わず選びます というのも 自分の一生を経済的に 犠牲にして過ごしたくはないからです ビジネスウィーク誌が MBA取得10年後の 年収の調査をしました スタンフォード大のMBA卒の 中央値は 38歳でボーナスを含めて 4千万円でした 一方 米国で5億円規模の 医療慈善団体のCEOだと 平均給与額は2,300万円で 飢餓対策活動だと840万円でした さて 年収4千万円を 稼げる人たちに 毎年3,160万円を犠牲にして 飢餓対策団体のCEO に なってもらうのは非常に困難です

「MBAを取る人は欲張りだからねぇ」 という人もいますが そうとも限らず 利口なのかもしれません 彼らにとっては 毎年1千万円を 飢餓対策に 寄付する方が安上がりなんです 500万円税金が減らせて まだ年に2700万円分も 飢餓対策団体に行くより有利です しかも1千万円の寄付をすることで 慈善家と呼ばれて さらに飢餓対策団体の 役員にもなり CEO の道を選んだ あわれなソイツを 管理する側に 回ることになるでしょう 生涯に渡る権力と影響力をもち この先ずっと称賛され続けるのです

差別されている分野の 2つ目は広告とマーケティングです 営利事業なら 「販売効果が出せる最後の1ドルまで 広告に使って使って 使いまくれ」と言うのに 慈善活動となると寄付したお金を 広告に使われたくないのです 私たちの姿勢は 「誰かが広告枠自体を 団体に寄付してくれるなら まぁ朝4時の枠くらいだろうけど 特に構いませんが 寄付金が広告費に流れるのはお断りです 必要な人に 渡してくれ」 と思っています これはまるで 広告へ投資しても 貧しい人の為に 衝撃的な程の大金が集まる事なんて ありえない とでも言うようです

90年代に私の会社が AIDSRide (エイズライド) という 長距離自転車旅行と 約100キロを歩く 3日間に渡る乳癌ウォークを企画しました 9年間実施していくうちに 18万2千人の一般人が参加し 人々を助け 581億円を集めました 同じテーマの過去のどんなイベントよりも もっと早く もっとたくさんの 寄付金が集まりました ポイントはこうです 人は 到底ムリだと思っていることを 頼まれるのは 勘弁してほしいと思っていますが 大切な理念のために 自分がどこまで頑張れるか 試してみたいという気持ちはあります でも 誘われないと駄目なのです 私は広告を ニューヨーク・タイムズや ボストン・グローブの見開き広告 さらには ゴールデンタイムのラジオやTVで行い 多くの参加者を集めました そこら辺にチラシを貼るだけだったら 何人が集まったと 思いますか?

米国での 慈善事業への寄付は 70年代の調査開始以来 GDPの2%で停滞しています これは重要な事実です この40年間 非営利セクターが 営利企業から全くシェアを もぎ取れなかったということだからです 考えてみてください 売り込まずに どうやって他のセクターから シェアをとれる って言うのでしょうか? もし消費者ブランドには 「自社商品の良さを 宣伝しても良い」と伝えて 慈善活動には 「善行を宣伝するな」と言ったとしたら 消費者のお金は どっちへ流れていくと思いますか?

差別されている分野の 3つ目は 収益を上げるための 新しいアイデアを追求することに どのくらいのリスクを取れるかです 例えば 200億円かけた ディズニー映画がこけても 政府に訴えたりしませんが 貧しい人のために 地域で1億円の資金を集めた時は 最初の一年以内に 目的に対して 75%ぐらいは支援に使われないと あなたは人格を 疑われます そのせいで 非営利は大胆かつ果敢に 大規模な資金集めに 乗り出すのに消極的です 失敗して評判が 地に落ちるのが怖いのです 皆さんご存知のように 失敗を禁じては革新は起こせません 資金集めの革新を止めてしまうと 収益金は増やせません 収益金を増やさないと 成長はありません 成長なしに 大きな社会問題の解決は無理です

差別されている分野の 4つ目は時間です アマゾンは投資家に利益を分配することなく 6年間が過ぎましたが みんな待てました いずれ市場を支配するという目標のことを 理解していたからです でも これがもし非営利団体だったら 団体が 実現に6年を 要するような壮大な夢を持ち 全てのお金を規模拡大に投資し 必要な人にお金が 渡らないような 運営をすると やり玉に上げられます

最後の差別分野は 利益そのものです 営利企業ではアイデア実現用の 資金集めの方法として 後で利益を還元する仕組みを使えます 非営利セクターでは 収益金を還元することができません このため 営利企業が数百兆円の 資金調達市場を独り占めしていて 非営利セクターは 成長やリスク耐性や アイデアを育む資金に 飢えています

この5つの違いを まとめると 営利企業のように 人材獲得にお金を使えませんし 営利企業が行うような 新規顧客目的の 大規模な広告は行えず 顧客を獲得するのに 営利企業のような リスクも冒せませんし 営利企業なら許される 実現までの 時間もない上 資金を集めることができる様な 株式市場もありません もし仮に株式市場で行うとしても あらゆる面において 非営利セクターは営利企業に比べて 圧倒的に不利な状況に 追いやられているのです この別のルールがあることによる 悪影響を疑うなら この驚くような統計を見て下さい 1970年から2009年の間に 年間収入50億円の大台を 超えて成長した 非営利団体の数は 144 です 同期間に この大台を超えた 営利企業の数は 46,136 です わたしたちは 大規模な社会問題を扱っているのに 非営利の組織は 必要な規模に成長していません 大きくなれるのは コカ・コーラやバーガーキングだ

私達がそう考えるのはなぜでしょう? ほとんどのアメリカの奇妙な教義と同様に 古くからの清教徒の考えが 起源になっています ピューリタンは宗教上の理由で アメリカに渡ったとされていますが しかし 金儲けのためでもありました 彼らは信心深い人達でしたが 同時に熱心な 資本主義者だったのです 他の入植者よりも 過激に利益を追求する傾向を 非難されていました ピューリタンは同時に カルヴァン主義でもあったので 文字通り己を嫌悪するように 導かれていました 利己心は人を飲み込む 永遠の破滅への道だと教えられていました こんなことだと 信者には大問題でしょう? わざわざ大西洋を越えて 金儲けに来たのに お金を稼ぐと まっすぐ地獄行きです 彼らはどうしたでしょう?

慈善活動が彼らの答えでした 慈善活動は彼らの経済活動の聖域となり 利益を追求しながらも 利益の5%を寄付する事によって 罪滅ぼしとするようにしました 慈善活動が 金儲けの罪滅ぼしなら もちろん慈善活動では お金を稼いだりできません 人助けの領域から排除された 金銭的な動機というものは 利己の領域だけで 大いに追及されることになりました この400年間 このことが「非生産的で不公平だ」 などと言って止めさせようとする動きは 全くありませんでした

このイデオロギーは この非常に危険な質問に守られています 「私の寄付の何%が本来の目的ではなく 運営費に使われますか?」 この質問は問題だらけですが 2つの問題点に注目します まず1つ目は 運営費が目的には関係なくて ネガティブなものだと思わせることです しかし実際には目的を担っていて 特に成長のために使われるならなおさらです 運営費が本来の目的の敵だという 考え方が 2つ目のさらに大きな問題を 生みます 組織は成長のために本来必要な 経費を使わないような運営を 強いられてしまうのです 運営費を低く保つには 組織を大きくする必要があるのにです

このように 資金集めなどの経費は 最小限に留めるべきだと 教わってきました ただこれは 資金集めに 使う額を減らせば 目的に使える額が増えるという 理屈からきています もちろん 寄付金総額のパイが増やせないような 暗い世界なら それは真実でしょう しかし 資金集めに投資することで 寄付金総額のパイを増やせて もっと資金を集められるという 当然のことが起こる世界なら 真逆の理解をしていたことになります 資金集めの投資を減らすのではなく 増やすべきです なぜなら 資金集めは 私たちが深く気にかけている 本来の目的に 使える金額を何倍にもする 非常に有望な方法だからです

2つ例を挙げましょう エイズライドは リスク市場から500万円の初期投資を受けて 立ち上げました わずか9年間で この資金を1,982倍に増やし 諸経費を除いて 108億円が エイズ関連活動の資金となりました 3日間の乳癌のイベントでは リスク市場から 3,500万円の初期投資を受けて 5年で554倍に増やし 諸経費を除いて194億円が 乳癌研究にあてられました さて みなさんが乳癌に関心がある 慈善家だとしたら どうしますか? 例えば世界で最も革新的な 研究者を見つけ 研究用に3,500万円を渡すでしょうか それとも 彼女の資金集め担当に 3,500万円を渡して研究資金を194億円に 増やしてもらうでしょうか どちらが良いか分かりますよね?

2002年は最も成功した年でした その年だけで 乳癌だけのために 経費を除いて71億円を得ました そして倒産しました 突然 ひどい形での倒産でした

なぜ?と思いますよね? 短く言えば スポンサーが私達と違う意見だったのです スポンサーが離れて行った理由は メディアによって やり玉に上げられたからでした 私たちが総収益の40%を 参加者募集や顧客サービス 参加者の思い出づくりに 使ったことが責められたのです このような成長と 将来のための投資を 表す会計用語がなく あるのは運営コストという 悪魔のようなレッテルだけでした 350人の すばらしい職員たちが 全員そろって解雇されました 運営コストだと レッテルを貼られたからです その後スポンサーは 独自にイベントを実施し 彼らの運営費も増えました たった1年で 乳癌研究のための収益金が 84%減に当たる 60億円減ってしまいました

倫理的であることと 倹約することを混同すると こうなります 私たちは 運営費5%の 手作り品のバザーの方が プロを使って運営費40%になる資金集めより 倫理的に良いと教わってきましたが 最も大切な情報が欠けています 実際の収益総額は どのくらいなのかという点です バザーなら運営費がたったの5%でも 収益金もちっぽけなら 何の意味もありません バザーは 規模拡大の投資がないから 7,100円の収益金しかなく プロが 規模拡大投資をすると 71億円の収益金が出るとしたら どうでしょうか? さて どちらの総額が 良いですか? 飢えている人だったら どちらの総額の方がいいでしょうか?

全体にどんな影響があるのか お話ししましょう アメリカでの寄付総額は GDPの2%だと言いました これは 年間約30兆円にあたります でも このうち たった20%の6兆円しか 健康や人道奉仕に使われません 残りは宗教 高等教育 病院に 使われています 6兆円では これらの問題の解決には 全然足りません しかし 成長に投資する事で 慈善活動への寄付を1段階だけ推進して GDPに占める割合を 2%から3%に 上げることができたら さらに年15兆円の寄付金が 増やせることになります そのお金が 健康や人道奉仕だけに 使われたとしたら この分野は私たちが 成長拡大を特に勧めている分野ですが そのセクターへの寄付額が 3倍増しになります そうです 規模があれば 本当の変化を起こせる 可能性が出て来ます でも運営コストを低く保てという 士気が下がるような目的を掲げ 組織の視野を狭めているようでは 変化は起こせません

私たちの世代の墓碑銘に 「慈善活動の運営費を節約した」 なんて記録されるのは イヤでしょう? (笑)(拍手) 「世界を変えた」 と書いてほしいですよね そして「そのことを 運営費に対する考えを変えて成し遂げた」 と続きます こうなるために 慈善活動を選ぶ時は 今後は運営費の割合を 聞くのではなく 夢の規模を聞いて下さい アップル グーグル アマゾン級の 夢を持っているかを聞いて 夢実現の進捗をどう測り 運営費にはとやかく言わず 何が夢の実現に必要かを 聞いて下さい 問題が実際に解決されるのだったら 運営費をなんてどうでもいいですよね? みなさんがそのような寛大さを持てるなら 考え方への寛大さを持てるなら 非営利セクターは 世界が変わることを 切に必要としている人のために 世界を変えるという 大きな役割を果たせます それが私達の世代の 不朽の遺産となるなら 私達に引き継がれてきてしまった考えの 責任をとり それを再考し そして訂正し 変化を起こす事に対する人類の考え方を 永遠に改革するのだとしたら これがどういうことなのか 子ども達に まとめてもらおうと思います (アナリサ) それは (セージ) 本物の社会のための (ライダー) 改革です

ありがとうございました

(拍手) ありがとう (拍手)