Colin Stokes
6,031,571 views • 12:53

私が父親として好きなことは 普段見ない映画が 見れるということ 私のお気に入りの映画を わが子と見るのが大好きです 娘が4歳の時 「オズの魔法使い」を見ました 娘は それから数か月間 完全に空想にふけていました 娘のお気に入りは もちろん グリンダ キラキラの服を着て 杖を持ち歩くには 最高の言い訳になったわけです

しかし 何度も見ると 他の映画との違いが 分かるのです 現代の子供たちは 迫力満点の ファンタジー映画を見て 成長します しかし 「オズの魔法使い」は そんな映画とは違います 40年後 ある映画と共に このトレンドが広まったのです 金属のロボットと 毛をまとったキャラクターが 敵のガード役に 変装して 姫を助け出す 何の映画か分かりますよね? (笑い) もちろん

この2つの映画に 大きな違いがあるように 現代の映画と 「オズの魔法使い」には 決定的な違いがあります まず 「オズの魔法使い」では 暴力がほとんど使われません 少し攻撃的な 猿と りんごの木 しかし もしこの映画が 現代に作られたとしたら 魔法使いは ドロシーに こう言うでしょう 「あなたはオズの国の救世主 コンピューターで作られた魔女たちを 魔法の靴で やっつけなさい」 もちろん 実際は違います

この映画の もう一つの特徴は 主人公に加えて 良い魔女も 悪い魔女も 全て女性だということです

これに気づいたのは 数年後 娘に 「スター・ウォーズ」を見せた時でした この時の状況は 「オズの魔法使い」の時と違い 息子も誕生していました 息子は当時3歳 「スター・ウォーズ」には幼すぎました しかし 2番目の子供です わが子への監視の目も 衰えていましたから (笑い) 部屋に入ってきた息子は 映画から 何かを学んでいるようでした まるで 子供のアヒルが お母さんアヒルを見て学ぶように 息子が 映画の状況を 理解していたとは思えません しかし 確実に何かを学んでいました

私はそれが何か考えました 映画のテーマである勇気や 忍耐力 忠誠心なのか または 主人公のルークが 政府を転覆させるため 軍に入るということなのか それとも 映画が 男だけの世界であることなのか 実際 女性のキャラクターは ベルーとレイア姫だけです 姫の役はかっこいいですが 映画では男の活躍を待つだけです 姫ができることは ヒーローが 生まれながらに持つ力で 世界を救ったことに対し メダルとウィンクで 称えることです

一方 1939年の 「オズの魔法使い」で ドロシーは 何を 成し遂げたでしょうか? みんなと友達になり そのリーダーとなりましたよね オズの国こそ 我が子たちに 成長してほしい世界です しかし 実際は 男たちが戦う世界に― 子供たちは暮らしていますが なぜ子供向けの映画に 「フォース」が数多く存在し 夢へつづく道は ほとんど存在しないのでしょうか?

男たちが戦う映画の 女性に与える影響を テーマにした本は たくさんあります とても良いので お勧めします 反対に 男性が受ける影響について テーマにした本は 少ないのです 私の経験から分かるのは レイア姫は 大人の世界で大切なことを 十分に提示していません つまり 男女共同社会であること (笑い) 映画での初キスシーンの時 私は映画のクレジットが 流れると思いました 映画の終わるべき シーンだとは思いませんか? 冒険を終え 恋も実らせた これ以上何か必要でしょうか? (笑い) 私には分かりません

現在の映画のテーマは 悪党を倒し 報酬を得ることです 人間関係や 他のテーマを扱いません まるで 男の子は のろまな動物で 女の子は 戦士服を身にまとうべきと 決まっているかのようです 例外も たくさんあります 例えば ディズニーの プリンセスたち 彼女たちは 男の子にも メッセージを送りますよね 本来の映画の ターゲットではありませんが そして 女の子には 男社会への 立ち向かい方を教えます しかし 男の子には 同じことを 示す 必要はありませんよね 彼らには手本がないのです 近年 素晴らしい 女性作家たちが 新しい物語を 子供たちに書いています ハーマイオニーやカットニスは 素晴らしい女性キャラクターです しかし 彼女たちの世界でも 戦いが繰り広げられます 大成功をおさめてきた ディズニー映画は 常に同じテーマを扱っています つまり どの映画も 男性の旅物語なのです 少年や 男性の物語 2人の男友達や 父と息子の物語 または 少女を育てる 2人の男性の物語というように しかし みなさんが 考えているように 昨年 「メリンダとおそろしの森」が 公開されました みなさんに お勧めする映画です 映画に対する 批評家の 反応を覚えていますか? 「ピクサーがプリンセス映画を作るなんて」 素晴らしい映画なので 彼らのコメントは無視して下さい

これらのほとんどの映画は ベクデルテストをパスしていません 聞いたことのないテストですよね まだあまり普及していませんが― 広めていきたいテストです 漫画家のアリソン・ベクデルが 80年代の中ごろに 友達との会話を記したものです 鑑賞した映画の 評価を話したのです 次の3つの質問だけという シンプルなテストです

まず 映画に2人以上の セリフのある 女性キャラクターがいるか? この条件を 満たす必要がありますよ

次に その女性たちは 映画の途中で会話をするか?

そして その会話は 2人ともが好きな 男性以外についてか? (笑い)

シンプルでしょ? どうも (拍手) ありがとう

2人の女性キャラクターが 何らかの会話を交わす 映画である光景ですよね しかし 有名で 人気のある映画では まれなことなのです

先週 「アルゴ」を見てきました ハイクオリティーな映画です アカデミー賞受賞を期待され 大ヒットしている映画です まさに 世間が考える クオリティーの高いハリウッド映画です ベクデルテストに パスしないでしょうね パスするはずなんてありません この映画の 大部分のシーンは イランアメリカ大使館人質事件で 人々が人質となった 大使館です 人質の男性たちが 深刻で不安の伝わる会話をします 一方で この映画の女優の 一番の見せどころは 「あなた ベッドにくる?」と ドアの隙間越しに言うシーンです これがハリウッド映画です

では 統計を見てみましょう 2011年の トップ100の映画の中で 何作品に 女性主人公が 登場すると思いますか? 11作です 悪くはない数字です 昨年選ばれた 米国の連邦議会における 女性議員の割合よりは 少ないですがね しかし これを 上回る統計があります 驚きますよ

昨年 政府が行ったある研究を ニューヨーク・タイムズが掲載しました そこには 5人に1人のアメリカ人の女性が 性的暴行の被害者であると 報告しています

大衆娯楽が 理由だとは言いません 子供の映画と 関係があるとも思いません 音楽ビデオや ポルノグラフィーが 直接関係しているとも思いません しかし 何か間違っているのです 統計を聞いたときに 私が思ったのは 性的暴行が頻繁に 起こっているということ 男たちは何者なんでしょう? 何を学んできたのでしょう? 何を学び損ねてきたのでしょう? 男性のヒーローの役割が― 暴力で悪者を倒すことを 学んできたのでしょうか? そして その報酬に 友達がいない 無口の女性を得ること そんなことを  学んできたのでしょうか?

おそらく― 娘を育てるという特権を得た 親のみなさんは この世界と統計に  恐怖を感じるでしょう そして娘のために 対策を取りたいと感じるでしょう 私たちには 自由に使える 「ガールパワー」があります この力に期待したいです しかし 考えなければいけません 息子たちの 「ボーイパワー」を 守ろうとすれば 「ガールパワー」では 娘たちを守ることはできません どの映画をレンタルするか 決めることが 大切なことだと思います そして 父親がカギとなります 私たち父親が 息子たちに 新たな男の定義を 教えなければいけません

すでに 男の定義は ひっくり返されてきています 介護者や勤労者の役割が 変わってきていますよね ひどい状況になっていますよね だからこそ 息子たちは 新しい人間関係を 身に付ける必要があります 父親が 息子の手本となって 教えなければいけません 真の男性は 女性を信頼し 尊敬すること 女性とチームを組むこと 女性をいじめる男たちの前に 立ち向かう男性であること これを 父親は息子たちに 示さなければいけないのです 父親の役割は 映画をレンタルする時に ベクデルテストをパスする 映画を探し出すことなのです そして 映画の中のヒロインの 本当の勇気 仲間をまとめる姿を 見つけ出し 息子たちを ヒロインに 共感させることなのです そして 「ヒロインの仲間になりたい」 と言わせることなのです 将来きっとそうなりますからね

娘に「スター・ウォーズ」で 好きなキャラクターを聞きました 何と答えたと思いますか? オビ=ワン オビ=ワン・ケノービとグリンダ この2人の共通点は何でしょうか おそらく キラキラの服 だけではないでしょう 彼らはエキスパートなのです 私が思うには2人の共通点は 映画の中で 人一倍の知識を持ち それを仲間の成長のために 共有することです 彼らはリーダーです 2人のような冒険を 娘にも息子にも 経験してもらいたいです こんな冒険が もっと存在してほしい 息子に 「一人で戦ってこい」と 命令するような冒険は 必要ないのです 息子に必要な冒険とは 仲間の成長を助けるために 女性が指揮をとるチームに 加わる必要を感じる冒険です 仲間のための冒険なのです オズの魔法使いのように ありがとう