Caroline Casey
2,373,130 views • 19:17

17歳のときに 何になりたかったか 覚えていますか? 私がなりたかったのは バイク乗りの女の子 (会場: 笑い声) カーレーサーやカウガール ジャングルブックに出てくる 少年モーグリにも あこがれました すべてに共通するのは自由であること 髪を風になびかせて 自由である姿 私の17歳の誕生日に スピード好きな私を思った両親は 一回だけ 車の運転を 教えてくれました 金銭的余裕はなかったけれど 運転する夢を叶えてくれたのです

17歳の誕生日 小さい頃からずっと 疑うことを知らなかった私は 妹のつきそいをしました 視覚障害者の妹が 眼科に行くためです 姉というのは 妹をサポートするものですからね 妹の夢はパイロット かわいそうでしょう 私は 遊び半分に 目の検査を受けたものです 私が17歳になった日 みせかけの目の検査の後 眼科医が私の誕生日だと気づき お祝いに何をするのか 尋ねてきました だから私は答えたのです “車の運転を習うの” 沈黙が流れました 何かがおかしいときに感じる あの気まずい沈黙 眼科医は母に言いました “まだ伝えてなかったのですか” 17歳の誕生日 ジャニス・イアンの歌のように 私は真実を知りました 私は生まれたときからずっと 法律上は失明とされるほど 視力が弱かったのです

皆さんは なぜ私が 17歳になるまで そのことに 気づかなかったのかと思うでしょう カントリーミュージックのパワーを 感じない方のために 私が教えましょう 自分の視覚障害に気づかなかったのは 父がジョニー・キャッシュの大ファンで 彼の歌 「スーという名の少年」を愛していたからです 私は3人姉妹の長女で71年生まれ 私が生まれて間もなく 両親は私が眼白子症であることを知りました どういうことなのか 説明すると 私には この時計も計時も見えません だから それを理由に 時間をオーバーしちゃうかも でも もっと大切なことを言いますね 私が近づいても心配いりません あのね この手 見えるでしょう? 手の向こうは おぼろげにしか見えません 会場にいる男性は 誰もが ジョージ・クルーニー (会場: 笑い声) 女性は皆 美女ばかり 鏡から90cm離れれば 私も美女のよう 視界が暗いので ずっと目を細めて 物を見てきたためにできた 顔のシワも気にならなくなります

とても変わっているのは 私が就学する前の3歳半だったとき 両親が 型破りな 勇気ある決断をしました 特別な学校へは入学させない レッテルは貼らない 限界をつくらない 信じるは力と可能性 更に両親は 私は目が見えると 私に言うことにしたのです ジョニー・キャッシュの歌にある スーと名付けられた男の子のように 守ってくれるはずの両親がいなくても 成長していく過程で 経験を通して 強く生きることを 学ぶようにという考えです でも更に大切なのは 両親は私に 信じる力をくれました 自分はできるのだと信じる力です 眼科医から聞かされた 否定的な事すべてに 私が打ちのめされただろうと 皆 思うようです 初めてその事実を聞かされたとき おかしいのは眼科医だと思ったけれど 心を激しく打つような ショックを受けました でも すぐに立ち直ったのです 初めに頭に浮かんだのは 横で泣いている母のことでした 診療室を出たとき 私は絶対に運転するんだ 運転できるに決まってる と心の中で繰り返していました

私には 子どもの頃から 父に教え込まれた決意がありました 父はヨットの操縦を教えてくれました 進行方向も 岸も 帆も 目的地も見えないのは 承知の上です でも父は 自分を信じて 顔に受ける風を 感じてごらん と言いました そんな経験をしてきたからこそ 眼科医を受け入れず 自分は運転できると信じたのです それから11年 私の視覚障害に 周囲は気づかなかったと断言できます 落ちこぼれや弱者に なりたくなかったのが理由でしょう 自分の能力を信じて ケイシー家の人間しかできないような突き進み方をしました 考古学者になったときは 物を壊し レストランの仕事では 物の上に滑って転び マッサージ師も 庭師もして ビジネススクールにも入学 障害者はずいぶん教育を受けています その後 グローバル企業でコンサルタントになりました 彼らは障害に気づきさえしませんでした 信念があれば 驚くようなことが起きるのです

1999年のこと コンサルタントになって 2年半が経っていました 不思議なことに 私の目が もうたくさんだと判断し 一時的でしたが まったく予想外なことに 目が見えなくなりました 職場には 負けず嫌いの人ばかり 仕事も遊びも真剣にこなし 目指すはトップ 2年経過したとき 私の目は ほとんど見えませんでした 私はヘッジファンドの上司の前にいました 1999年 それまで 想像もしなかったことを言っていました 28歳のときです それまで私は自らの能力を基に 人格を作り上げていました ただこう言いました “すみません 目が見えないので助けが必要です” 助けを求めるのは 本当に大変です 障害がなくても わかるでしょう 弱さや不出来を認めるのは どれだけ辛いことか わかりますね 恐怖心も伴います でも 長年の信念が私にはありました

視覚障害者にとって 健常者用にデザインされた世界で 生活するのは とても大変です まったくもう 空港はひどいものです デザイナーの方が会場にいたら 私は見えないけれど 手をあげてください 私はいつも男子トイレに入ってしまいます 嗅覚が悪いわけではありません 男用と女用を区別する 小さな表示は 三角の向きが 異なるだけですが あの違いを ぼんやりした視界で 見ようとしたことはありますか あまりにも小さいですよね 自分を完璧にしようとしたり まるで別人のように振舞うことが どれだけ疲れるか わかりますか

人事部に視覚障害を打ち明けた後 私は眼科へ送られました その眼科医が 私の人生を変えるとは思いもしませんでした 先生に会う前は もう自分が誰なのか わからない状態でした 先生は検査をしようともせず セラピーのようでした “なぜ?” を尋ねる質問を たくさんされました どうしてそんな頑固に 自分に逆らっているんだ? 仕事は楽しいのかね? グローバル企業の中で コンサルタントとして働くと この会社も この仕事も大好きと 思うような思考回路にされるため 離職は負けを意味します 仕事が好きかと尋ねられ 言葉につまってしまいました どう答えていいのかさえ わかりませんでした 先生は 子どものときに憧れていた仕事を尋ねてきました レーシングカーやバイクの話はしませんでした 場違いだし 既に十分なほど 向こう見ずだと思われていたでしょう 診療室から出る際に 先生は私を呼び止め 言いました “もう抵抗するのはやめて 別の事をするタイミングが 来たんじゃないかな” そして ドアが閉まりました 診療室から出たときに感じる 静けさがありました 胸が痛みました 自らの進むべき方向性がわからず もうそこまでだと感じました

胸の痛みがひどく 帰宅した私は ランニングをすることにしました 良くない判断でしたが 走ることにしました 十分に把握しているコースです いつもは問題なく走ります 視覚障害者が遭遇する― 階段や街灯のような障害物を 数えるようにしていて いつも避けていた石がありました つまずくことは一度もなかったのに 石に強打した私は 泣いていました 心が打ちのめされ 石に覆いかぶさるように 転んでいました 2000年3月中旬のある水曜日 アイルランドのどんよりとした天気で 鼻水と涙だらけになった私は 自分を哀れに感じました

地面に倒れ込み 打ちひしがれ 怒りを感じていました 何をしていいのかもわからず しばらく座りこんでいました そこから立ちあがる気力はなく 将来を悲観した思いが 心の中を巡っていました 私は父のことを思い出し 自分がスーではないとわかったのです なぜ気づかなかったのかと 心の中で問い続けました 驚くべきことに 私は答えを見出せず 信念を失っていました ずっと頼りだった信念は消え 目は見えなくなっていました 私はくじけてしまったのです そして 眼科医に尋ねられた質問を考えていました “何になりたいのかね? 昔は何になりたかったのかね? 違うことをやってみるんだ 何になりたいのだ?” それから少しずつ ある事が起こりました 事の起こりは こんな感じです 何をしたいのかわかった瞬間 頭と心が 衝撃を受けたような感覚がして 今まで挑戦したことがなかったものが浮かびました “ジャングルブックの少年モーグリほど 変わったものはない” このアイデアが浮かんだ瞬間 私は本当に 強く信じていけるものを 見つけられたと 気持ちが躍りました 誰にもムリとは言わせない 考古学者はムリだったけど 少年モーグリになれないなんて言わせない 誰も挑戦したことがないことを やってみるんだ という気持ちになり

つまずいた石から起きあがり 全力疾走で家へ向かいました 家の2階に駆け上がり 昔からお気に入りだった本 マーク・シャンドの「象と歩いたインド」を手にとって ソファに座り 思いました “何がしたいのかわかったわ 少年モーグリになる方法がある 象に乗って インドを旅しよう 私は象使いになるのよ” どうやって象使いになるのか 私には全然わかりませんでした 経営コンサルタントから象使い 象を手に入れる方法もわからず ヒンディ語も話せず インド旅行の経験もなかったけれど 決意は固まっていました 決断を下す時と状況が適切ならば 宇宙は 望みを叶えてくれます

鼻水まみれの石の一件から9か月後 人生初のブラインドデートをしました 相手は2.3mもある象のカンチです 1000kmに渡って カンチと インドの旅をしました (拍手) 強調して言いたいのは それまでやり遂げたものがなかったのではなく 信じるものが間違っていたことです 自分自身を信じていませんでした 自分も他人も 信じていなかったのでしょう よその誰かになろうとしてる人が 大勢います でも 自分を信じていると 驚くようなことが起こります

私はカンチとの1000kmの旅で 6千人の白内障患者が手術できるだけの寄付金を集めました 6千人が視力を回復できたのです カンチとの旅を終えたとき 一番驚いたのは 自分がコンサルタントの仕事を辞め 社会的起業家になったことです アジア象の保護活動をする団体「エレファント ファミリー」を マーク・シャンドと共に設立しました 「カンチ」も創立しました 問題提議をするために 団体名は自分の象から 取ろうと決めていました これはポジティブに見てほしいと思います 施しも同情も要りません 私は ビジネスやメディアがもつ リーダーシップを生かし 障害の枠組みを作り直すための 仕事を 楽しみながらやりたかったのです これは思ってもみないことでした 心に抱いてきたことだったので 1度も もう沢山だとは 思ったことはありませんし 実現も可能なように感じたのです

変に聞こえるでしょうけど このTEDに来る途中 私はおじけづいていました こうやって講演をして 素晴らしい聴衆に恵まれ ここにいるのが夢のようです でも この会場に来るのに 視覚障害者用の 白杖を使いました 空港で並ばずに済むのです 目が不自由なことを 嬉しく思いながら やって来ました 及び腰の私を思った親友が ここに来る途中 メールをくれました こう見えても ビクビクしていたのです 彼に “自分のままでね” と言われました ここにいるのは 素顔の私です

(拍手)

私は学びました 車も バイクも 象も 自由を指してはいないのです 自由とは 自分に素直であることです 今まで 物を見るための目が必要だったことはありません 必要だったのは 単にビジョンと信念でした 本当に 心の底から 信じていれば 変化をもたらすことは可能です 変化をもたらさなければいけません なぜなら 女性も男性も 同性愛者や そうでない人 障害者や 完璧な人 普通の人 何であっても 一人残らず誰もが ベストな自分でいなくてはいけません 見えない存在であるべき人はおらず 皆が注目に値するのです レッテルを貼ったり 人の限界を定めるのはやめましょう 私たちは 貼り札をつけられる小瓶ではなく 皆 素晴らしい個々の人間なのです

ありがとう

(拍手)