Anita Collins
10,052,397 views • 4:29

皆さんはご存じですか? 音楽家が楽器を演奏する時には いつも 頭の中いっぱいに 花火が打ち上げられていることを 音楽家は一見 冷静に集中して 楽譜を読み 要求される 正確で訓練された動作をしているように 見えるかもしれません けれど脳の中では お祭り騒ぎが 繰り広げられているのです

なぜ わかるのでしょう? そう ここ数十年で 神経科学は大きな飛躍をとげました FMRIやPETスキャナーなどの装置により 脳をリアルタイムで監視することで それがどのように働いているのか わかるようになったのです これらの機器につながれた人が 本を読んだり数学の問題を 解くなどの作業を行うと 脳の それぞれ関連する部分が 活性化するのが観察できます けれど研究協力者に 音楽を聴いてもらった時 科学者たちは そこに花火を見たのです その人がメロディーやリズムといった 音の要素を 分解して 構成しなおし 音楽的体験へと統合する処理の過程で 脳の複数の領域が一度に 明るくなったのです 私たちがまず音楽を聴いて それに合わせて 足で拍子をとるまでの ほんの一瞬で脳はこの作業を行います

けれど科学者が音楽を聴く人から 音楽を演奏する人へ目を転じた時 裏庭の小さな花火は 大祝祭へと変わりました 音楽を聴くことは 結構な 興味深い作用を 脳に起こしますが 楽器の演奏は脳にとって「全身運動」にさえ 匹敵することがわかったのです 神経科学者たちは 脳の複数の領域で火花が散り 複雑に入り組んだいろいろな情報を 驚くほど素早く 同時に処理することを確かめました

けれど 音楽を演奏すると どうして脳が活性化されるのでしょう? これはまだかなり新しい研究ですが 神経科学では有力な手掛りが見出されています 楽器を演奏すると実質的に 脳の脳の全領域がそれに取り組みます 特に視覚 聴覚 そして運動領域です さらに他の活動と同様 楽器演奏の 厳しく体系的な練習は 脳の機能を高め それは他の活動の 強化にもつながります

音楽を聴くことと演奏することの 最も顕著な違いは 演奏には右脳と左脳両方で コントロールされる 緻密な運動能力が 求められるということです また演奏は 左脳が深く関わる 言語的 数学的な正確さと 右脳がより得意とする 創作的活動を結びつけもします これらの理由から 音楽を演奏することで 右脳と左脳の橋渡しをする脳梁の 結びつきが強まり活性化し より早く多様なルートで脳の中の 情報伝達が促されることがわかりました このため 音楽家は学術的な面でも 社会的な面でも より効果的・創造的に問題を 解決することができるかもしれません

音楽の演奏は その情感とメッセージを 作り上げ理解することを必要とするので 音楽家の多くは 優れた実行機能を有しています その 一連の作業内容には 計画の立案や方略を練ること 細部に注意を払うことが含まれ 認知と感情の両面を同時に 分析することが求められます この能力は記憶システムの 働きにも影響を与えます そして音楽家は 記憶の形成 貯蔵 検索を より早く効果的に行い 実に高度な記憶機能を見せてくれます 音楽家が記憶に概念タグ 感情タグ 音声タグ 文脈タグなどの 複数のタグ付けをして それらを高度に連動させて 脳を活用しているらしいということが 研究によりわかってきました まるで優れたインターネットの 検索エンジンのようです

では 例えばスポーツや絵画と比べて これらの利点は 音楽に特有だということが どうしてわかるのでしょう それとも音楽の道に進んだ人はそもそも 最初から頭が良かったのでしょうか 神経科学者たちはこれらの問題を 研究していますが 今のところ楽器の演奏を学ぶことの 技巧的・芸術的側面は 他の芸術活動など 研究対象となった どの活動とも異なることが分かっています そして研究開始時点では 認知機能と神経処理能力が同程度だった 研究協力者をランダムに割り当てて 検証したところ 一定期間 音楽を学んだ人はそうでない人に比べて 脳の様々な領域が 強化されていたことがわかりました

このような 楽器演奏が精神面に与える 恩恵に関する近年の研究によって 精神機能に対する理解が進み 私たちの脳内で 驚くべきオーケストラを作り上げる 内面のリズムと複雑な相互作用が 明らかになってきたのです