高橋晋平
1,938,456 views • 5:40

こんにちは 私はおもちゃの開発者です 見たこともない新しいおもちゃを 作りたいという夢を持って 9年前におもちゃ会社に入りました 入社したころは 新しいアイデアを 毎日 たくさん考えて 上司に提案していました しかし いつもこう言われました これが売れるというデータがあるのか 市場データを分析して 商品を考えろ データ、データ、データ そこで私は 市場データを分析して 商品を考えました そのとたん 新しいことを何も 思いつかなくなったんです (笑) 出てくるのは何か似ているものばっかり だんだんとアイデアが出なくなり 考えることもいやになって 苦しくて 最終的に こんなに 痩せてしまいました (笑) はい そうです (拍手)

皆さんも 似たような気持ち 経験があるんじゃないでしょうか 上司が苦しい データが苦しい 考えるのが嫌になってしまった 今 私は データを捨てました 新しいおもちゃを作るのが夢なんです そして今 代わりに しりとりというゲームを使って アイデアを考えています

今日は この発想法を ご紹介したいと思います しりとり とは りんご ゴリラ ラッパ というように 最後の文字を頭につけた言葉を 順に言っていくゲームです 日本語も英語も だいたい一緒ですね このしりとりを自由にやっていきます ねこ コーラ ライブ ブラシ などなど ランダムな言葉がたくさん出てきます その言葉を自分が考えたいものに むりやり結びつけて アイデアを出していくんです たとえば私の場合 考えたいものはおもちゃなので 「猫のおもちゃ」って 何だろう? 高いとこから一回転して 着地する猫のおもちゃ 「コーラのおもちゃ」って 何だろう? コーラを銃で撃って 相手をベタベタにするおもちゃ (笑)

くだらないアイデアでいいんです どんどん出していきます そうすると アイデアを出せば出すほど いいアイデアも必ず出てきます たとえば ブラシ 歯ブラシをおもちゃに出来ないか たとえば 歯ブラシとギターを合体させて ジャジャジャ ジャジャ 磨きながら演奏が出来るおもちゃ (笑)(拍手) 歯磨きがいやな子供が 歯磨き好きにならないかな

帽子をおもちゃに出来ないかな ロシアン・ルーレットみたいに 一人ずつ こう帽子を被っていって 誰かが被った瞬間に 頭を突き破って 凶暴なエイリアンが 「ギャアァッ」と出てくる これ ホームパーティーとかで 需要がないかと

データとにらめっこしていては 絶対出てこないアイデアが どんどん出てきます 実際 この梱包材の プチプチ — 壊れやすいものを包む — これをおもちゃと結びつけて 無限プチプチという この好きなだけ指で プチプチ出来るおもちゃ 生まれて これ大ヒットしました これ データと まったく関係ありません これプチプチするだけなんですけど すごくいい暇つぶしになるんで 今日一日 会場の皆さんで まわして遊んでください (拍手)

とにかく くだらないアイデアを どんどん出すんです 皆さん くだらないアイデアを たくさん出します 分析に基づいて 狙うところが分かってしまうと そこを狙いすぎるあまり 新しいことが出なくなります そうではなくて 狙うところが分かっていても 目をつぶってダーツを投げるように 自由にアイデアを考えるんです そうすると 必ず 真ん中に近いところに当たります 一個ぐらいは それを選ぶんです そうすると そのアイデアは ニーズがあり かつ 新しいアイデアになる そういう やり方です

これはしりとりじゃなくても いろんな方法が出来ます ランダムな言葉を集めればいいです 辞書をぱらぱらとめくって 言葉をランダムに集めたり たとえば適当な2文字を検索して 出てきた結果を拾ったり お店に行って 商品の名前を どんどん考えたいものに 結びつけていくというやり方もありです ポイントは 自分が考えたい ジャンルの情報を集めるんではなく ランダムな言葉を集めることです そうすることで頭の中に 連想の材料が いろいろな連想の材料が集まって それが結びついて アイデアがどんどん出ます この方法の最大の利点は イメージの連続性です 言葉を順番に考えていくわけなので 前に考えていた言葉の イメージが残っているんですね それが勝手に後々 結びついてくるんです 無意識のうちに ライブとブラシが結びつき ルーレットと帽子が結びつく これ 自分でも気づかないんです で 思いもよらないアイデアが出てくる

この方法はもちろん おもちゃだけでなく 本や アプリ イベント あらゆる企画の発想に役立ちます ぜひ皆さんに試していただきたいです データから生まれる未来もあります しかし 私は しりとりという たわいもない遊びから 皆さんが想像もつかなかった わくわくする未来を 作ってくれることを期待しています

どうも ありがとうございました

(拍手)