6,475,499 views • 15:15

今日お話したいのは 「なぜ皆さんに立派なキャリアが つかめないか」についてです

私は経済学という 悲観的な分野の学者です 日々 陰鬱なコメントばかり 思いつきます 立派なキャリアを望む方だけ 聞いてください 皆さんの中には そこそこのキャリアでいい と言う方もいるでしょう それだって失敗するでしょうけど— というのも・・・まったく のんきな人ばっかりだ カナダ人の集まりかな そうに違いない そこそこのキャリアを 求めると失敗するのは そこそこの仕事というものが 姿を消しつつあるからです あるのは立派な仕事 立派なキャリアか 負担が大きく ストレスの強い 身も心もボロボロに なるような仕事 そのどちらかしかありません

だから そこそこの仕事を 求めると失敗します 私がお話するのは 立派な仕事 立派なキャリア それを求める人たちのこと そして なぜ皆さんが失敗するか 第一の理由はこれです  何度も耳にしているでしょうが 「立派なキャリアを望むなら 自分の情熱を追い求めなさい 夢を追い求めなさい 人生をかけて 夢中になれるものを 追い求めなさい」 何度こう言われても皆さんは そうしないと心に 決めているからです スティーブ・ジョブズが卒業式でやった スピーチを何回見ようとも やらないと決意して しまっているのです

なぜ決めてしまうのかは わかりません 面倒くさい 大変すぎる 情熱を探して 見つからなかったら嫌だ バカみたいだ  それで言い訳として 情熱を探さない理由を並べる その言い訳というのが すごく多種多様で 創造力を駆使して 立派なキャリアを築くために 必要なことを 実行しない言い訳を 次々と生み出すのです

たとえばこんなのは 格好の言い訳です 「立派なキャリアというのは 本当のところ ほとんどの場合 単なる運なんだ だから特に何もせず 幸運になるように心がけ 運が良ければ 立派なキャリアに恵まれるし 運が悪ければ そこそこのキャリアだ」 しかし そこそこのキャリアなんて ありえないのだから 結局ダメ

言い訳は他にもあります  「世の中には 情熱を追い求める特別な人間がいる やつらは天才だ スティーブ・ジョブズみたいな 俺は天才じゃない 5歳のときは天才だと思っていたが 大学時代に教授から 勘違いだと思い知らされて以来 まるで縁がない でも俺は天才じゃないにしても 十分有能な人間だ」 いいですか これが1950年なら 十分有能な人には 立派なキャリアも 手に入ったでしょう しかし2012年にも なろうという時に 「俺はまったく十分有能だ」 なんて言ったって 誰も相手にしてくれません

こんな言い訳もあるでしょう 「やるよ やるとも でも・・・でも・・・ 結局のところ 俺は変人じゃない 情熱を追い求めるやつらは どこかオタクっぽい ちょっと 変わってる そうだろう? 狂気と天才は紙一重って 言うだろう 俺はヘンじゃない スティーブ・ジョブズの伝記を読んだが とんでもない やつとは違う 俺はいい人間だ 俺は普通だ 普通のいい人間だ 普通のいい人間には 情熱なんてないんだ でも立派なキャリアはほしい 情熱を追い求める用意が できてないんだ だからこうしよう これで解決するから 方法はあるんだ パパとママに教わったもの パパとママが言ってたよ 必死で働けば そこそこのキャリアが築ける つまり必死で働けば 手に入るのは そこそこのキャリア  本当に本当に必死で働けば 立派なキャリアが手に入る これって— 数学的にも正しいだろう?」 お生憎様 でも自分を納得させることは できるでしょうね

いいですか 実はこういうことです 働くことをお望みですか? 本当に本当に必死で? ならばその望みはかなうでしょう 見事に 本当に本当に本当に 必死で働くチャンスが与えられます でも それで立派なキャリアが 手に入ると 本気で思いますか そうではないという証拠が そろっているのに?

さてここで 情熱の対象となるものを 探している人のことを 考えてみましょう 行動を起こした方がいいのは わかりました 言い訳などせず 夢中になれるものを探して なんともうれしいことに 興味を引かれるものが 見つかりました

「興味がある!興味があるぞ!」 と言う 「興味があるんだ!」 「それは素晴らしいですね! それで あの・・・続きは?あなたの・・・」 「ああ 興味があるんだ」 私は尋ねます「情熱は?」 「いや 興味があるんだ」 興味というのは何と比べて? 「私が興味があるのはこれだよ」 人類に関する他の 様々なことについては? 「そういうのには興味ない」 ひと通り 見たんですよね? 「いや あんまり」

情熱とは 最も深い愛情のことです 情熱とは あなたの持てる才能を 最高のかたちで 表現するための道具です 情熱と興味は別のものです 恋人を前にして こんな言い方ができますか? 「結婚してくれ! 君に興味がある」 絶対に 絶対にうまくいきません 孤独死確定です

本当に本当に求めるべきは 情熱なのです 興味では足りません 興味のあるものが20あったら その中の1つに 他の何よりも 心をつかまれ 強く惹かれるかもしれません そのとき ようやく 見つかるのでしょう 他と比べようがないほど 深い愛情を注げるもの 興味をかきたてられるもの それが情熱なのです

恋人にプロポーズをした 友人がいます 損得に関して論理的な男です 彼は恋人にこう言いました 「結婚しよう お互いの利害を統合させよう」

(笑)

本当に言ったんですよ 「本当に愛している 心から愛している 今まで出会った どの女性 よりも愛している メアリーよりも ジェーンよりも スージーよりも ペネロペよりも イングリッドよりも ガートルードよりも グレーテルよりも・・・」 当時ドイツとの交換留学生だったもんで 「ああ それに・・・」 「もう結構よ!」 彼女は 部屋を出て行きました 友人の列挙が半分も終わらないうちに 彼は断られたことに驚いていました 驚きから醒めると 彼はこう結論づけました 「危ないところだった あんな非論理的な人間と 結婚しようとするなんて」 でも こんな覚え書きもしていました 「今度プロポーズするときは 結婚相手の候補だった女性を ひとり残らず列挙する必要はないかも」

肝心なのはここです 選択肢は いくらでもある その中から 運命を探し出すこと 『運命』という言葉は嫌ですか? 『運命』と聞くと怖くなりますか? いま我々が問題にしているのは それなんですよ あなたが持てる才能を 最高のかたちで 表現できなければ 『興味』とかいうものに 甘んじてしまえば 長い人生に幕が下りるとき 何が起きるでしょう お友達や家族が 墓地に集まったとき あなたの墓碑に 刻まれているだろう言葉は 「マジックテープを開発した 優れたエンジニア ここに眠る」 しかし 別の人生で あなたが その才能を 最高のかたちで発揮 していたとしたら そこには こんな風に 刻まれていたはずです 「大統一理論を確立し ワープ航法の実用性を立証した 最後のノーベル物理学賞受賞者 ここに眠る」

(笑) マジックテープねえ

片や輝かしいキャリア 片や逃したチャンス しかし こういう人もいるでしょう 数多の言い訳にも関わらず 情熱を見つけ出す人が— でもやっぱり失敗するのです

失敗します なぜなら やらないから また別の言い訳をするから 行動しないための言い訳 そういう言い訳を 私は何度となく聞いてきました 「よし 立派なキャリアを追い求めよう でも 成功より 人間関係が大事だ 友人として 夫として妻として 親として立派でありたい  偉業を成し遂げるために 彼らを犠牲にはできない」

(笑)

どう言ってほしいんでしょう? こう言えば満足して もらえるでしょうか 「誓って言うが 私は子どもを 蹴飛ばしたりしないよ」 あなたの世界観では とにかくあなたはヒーローで 私はと言えば 立派なキャリアを求めるには 子ども嫌い じゃなければと 仄めかしている 私は子どもを嫌ってなどいません 蹴飛ばしもしません 私がここに着いたとき  小さな子がこの建物の中を うろうろしていましたけど 蹴ってませんよ

「この建物は 大人のための 場所だから 出ていきなさい」 と言うと お母さんがどうとか言うので 「外にいれば きっとお母さんが 見つけてくれるよ」と言いました 最後に見かけたとき その子は 階段で泣いていました 弱虫め

私のこういう一面が 見たいのですか? 本当に皆さんは 子どもを盾にするようなことが 妥当だとお考えですか? 将来こういうことが起きますよ あなたが理想の親となった ある日 子どもがやってきて こう言うのです 「なりたいものがあるんだ やりたいことがある」 うれしいでしょう 親として ぜひ聞きたいことです 算数の得意な子だから 話の続きが楽しみでしょう 子どもが言います 「決めたんだ マジシャンになりたい 舞台に立ってマジックを見せたい」 (笑)

さあ どうしましょう 何と言いましょう 「うーん それはリスクが高いよ 失敗するかも 稼ぎもよくないし その どうかな もう一度考えてみたら 算数が得意なんだし どうだろう・・・」

子どもが遮ります 「でもそれが夢なんだ それをやるのが夢なんだ」 どう返事しましょう? どう答えましょう? 「いいかい お父さんにも夢があった でも・・・でも・・・」 さあ 『でも』の後 何と言いましょう? 「『でも』夢はあったけど 追う勇気がなかった」 それとも こう言いますか? 「お父さんにも夢があった でもね お前が生まれちゃったんだよ」

(笑いと拍手)

みなさん 本当に家族を 言い訳にしたいと お思いですか? 自分は捕らわれの身で 夫や妻や子供は その看守役だとでも? 子どもに こう言ってやる こともできたはずです 子どもが「夢がある」 と言ったとき 子どもの目を見つめて 「やってみなさい 私がやったように」 しかし皆さんには 言えないのです やっていないから 言えないのです

親の罪の報いは 子に降りかかるのです なぜ人間関係に逃げ込んで 情熱を追い求めない 言い訳をするのですか? わかっているでしょう 心の奥底では 知っているでしょう これは真面目な話です 暖かくて曖昧な人間関係に すっぽり収まっている理由 自分では わかっているのです 自分がどういう人間か

情熱を追い求める勇気がない 馬鹿みたいに見えるのが嫌だ 挑戦するのが怖い 失敗するのが怖い 立派な友人 立派な夫や妻 立派な親 立派なキャリア 全部あってこそではありませんか? それが あなたという人間ではないのですか? みんな繋がっているんじゃないのですか? しかし あなたは恐れる

だから立派なキャリアをつかめない ただし・・・ 『ただし』 この言葉は 何か期待させますね 『ただし』 しかしこの言葉は 一方で 世にも恐ろしい言葉が 続いています 「あれさえあれば・・・」 「あれさえ やっていれば・・・」 もしそれを頭の中で グルグル考えていたら 非常に苦しくなりますよ

以上 皆さんがなぜ 立派なキャリアをつかめないか その理由をお話しました ただし・・・

『ただし』

ありがとうございました