イングリッド・ベタンクール

6年の囚われの生活が恐怖と信仰について教えてくれたこと

572,014 views • 19:40
Subtitles in 11 languages
Up next
Details
Discussion
Details About the talk

2002年コロンビアのゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)が大統領選さなかのイングリッド・ベタンクールを拉致しました。その後6年間、ベタンクールはジャングルの収容所で人質として過ごし、コロンビア政府によって救出されるまで、マラリア、蚤、飢え、人間の残酷さに苛まれることになりました。政治家から作家となった彼女がこの深く個人的な講演で、絶えざる恐怖の中で生きるのがどのようなものなのか、そして信仰がいかに支えになったのかを語ります。

About the speaker
Ingrid Betancourt · Writer, peace advocate

Ingrid Betancourt was a presidential candidate in Colombia in 2002 when she was kidnapped by guerilla rebels. After six years in captivity and a high-profile rescue, she now writes about what she learned about fear, forgiveness and the divine.

Ingrid Betancourt was a presidential candidate in Colombia in 2002 when she was kidnapped by guerilla rebels. After six years in captivity and a high-profile rescue, she now writes about what she learned about fear, forgiveness and the divine.