511,262 views • 16:16

皆さんにお話したいのは コストが最優先の世界で いかにヘルスケアを 提供するかという問題です どうしたらいいでしょう? 私が提案したいと思っている 基本的な考え方は 病気を治療するためには まず何を治療しているのか知らなくてはならない、つまり 診断してから対策を行う、ということです

私達はこの活動を「臨床検査を全ての人に」または 「ゼロコストの臨床検査」と呼んでいます 医学的関連のある情報を、どうやったら 限りなくゼロに近いコストで提供できるでしょうか? どうします? 例を二つ挙げましょう 従軍医療の過酷さは、第三世界のそれと さほど違いがありません 資源の少なさ、過酷な環境、 軽量化の問題などなどです それは在宅での看護や診断と さほど変わりません

だから私がお話したいことは 第三世界、開発途上国のためのものですが 幅広く応用が利くと思います なぜなら ヘルスケアシステムでは、情報は非常に重要だからです ここに例が二つあります 一つは、アフリカでは「かなりの」高機能の検査施設です(右下) もうひとつは要するに請負人で 市場のテーブルでセットアップして、よくわからないことをしています どんなヘルスケアかわかりませんが しかしこれはあまり効率的ではないでしょう

我々のアプローチはどんなものか? コストを下げると言う問題に対する 典型的な手法は アメリカ合衆国の視点から出発し まずアメリカ的手法を取り それからコストを下げようとするのです どうやっても 100,000ドルする機器から始めて ゼロコストにはできません 上手くいかない

だから我々は全く逆の方法を取りました 診断に有益な情報を取り出せて うまく機能する診断システムを 作り出せる 最も安価な素材は なにか? 答えは紙でした これは試作品です 一辺が1cmくらいです 爪くらいの大きさです ふちの線は ポリマー(重合体)です 紙で出来ていますから、液体を吸い上げます 紙や布に、テーブルクロスなどにワインをたらすと ワインが染み広がって行きますよね シャツに付けば、だいなしになってしまう 親水性の表面ではそうなります

つまりこの器具の場合は 一番下のところに、一滴 尿をたらします 液体は、上の方にある小部屋まで染みて行きます 尿の中のグルコースの量を茶色で示し タンパク質の量を青色で示します。 これらの組み合わせが 貴重な手がかりの 第一歩となります これが、ただの紙でできた器具の例です

どれくらい簡単にこれを作れるでしょうか? なぜ紙を選んだのか? 実際に指先に乗せてみた例があるので どんな感じのものかわかりますね 紙を使う理由の一つは、それがどこにでもあるからです これらの器具を、ナプキンやトイレットペーパーや 包み紙や、そういったもので 作ったことがあります

つまり生産能力はある 二つ目は、非常にたくさんの検査用具を 小さくまとめられる点です のちほど皆さんに、一束の紙から 10万個かそれくらいの検査用具を 作れることをお見せします

三つ目は、先進国の医学ではあまり 考慮しないことですが 鋭い部分がないのです 鋭い部分とは、針とかそういうものです 採取した誰かの血液が C型肝炎ウィルスを持っているかも知れない場合 間違ってその針を自分に 刺したくはないですよね それに廃棄の問題もあります 紙なら単に燃やせばいい 取りかかりとしては 実践的なアプローチです

でも、紙が丁度いいなら、 みんなそう考えますよね 答えは「もちろん、その通り」です ここにいる大体半分は 女性ですが 妊娠テストを受けた人もいるでしょう その場合、たいていの器具は 左側に示してあるようなものです 「側方流動免疫測定法』」と呼ばれるものです このテストの場合は 「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」 というホルモンが尿中にあるかどうかを この紙に流して調べます 線が二本あり、一つ目はテストがちゃんと機能しているかを示し 二つ目の線が現れれば、妊娠しているわけです

二者択一の場合は、これは素晴らしい検査です 妊娠の場合ありがたい事に 「イエス」か「ノー」しかありません 「一部妊娠」とか「妊娠を考え中」とか そういうことはありません この場合は非常にうまく行きます しかしもっと定量的な結果が必要な場合はうまく行きません

ディップスティックもあります このディップスティックは 別の尿検査のためのものです いろんな色がたくさんありますね コストをかけずにどうやって作れるでしょうか? 私達はこう自らに問いかけました: 「こういうモノを作るのは、本当に実用的なのか?」 この問題は完全に技術的な方法で解決されました その手順は、単に紙から始めるだけです 新しタイプの「ワックスプリンター」でやるのです ワックスプリンターは、まあプリンターのようなことをします プリントするんです 電源を入れると、少し暖機します ワックスがプリントされ、紙に染み込みます そして思い通りの器具が出来上がります

プリンターは800ドルくらい 予想では、24時間稼働すれば 年間1000万個の検査器具を生産するでしょう つまりこの問題はこれで解決です だいたいご覧になっているようなものができます 8x12インチの紙にプリントされます 1枚が約2秒くらいでできます 完成と言って良いでしょう ここに大事なポイントがあります これはプリンターなので カラープリンターなので、色が印刷できます それがとても役に立つのです

次に知りたいのは 何を測るのか? ですよね 何を分析するのか? 一番測定したいのは 我々にはあまり縁がないですが 「原因不明の熱」です 誰かが診療所にやってきて 熱があるし、調子が悪い 診断は? 結核か? エイズなのか? ただの風邪か? トリアージ(分別)の問題です 難しい問題です そこまで詳しくは言いませんが 鑑別したいものが非常にたくさんあります エイズ、肝炎、マラリアや 結核などに固有の 診断方法もありますが もっと単純な『治療方針』のようなものもあります

しかしそれでも想像するよりずっと複雑です 私の友人が、比較文化精神医学の仕事をしています 彼は、人々が、なぜ 薬を飲まないのかという問題に関心があります しばらく服用しなくてはならない 「ダプソン」とかいう薬について インドの村人との素晴らしい会話の物語があります: 「ダプソンは飲みましたか?」「はい」 「毎日飲んでいますか?」「はい」 「1ヶ月は飲みましたか?」「はい」 村人が言っているのは、実は 30日分のダプソンを、今朝まとめて 犬に飲ませたということです (笑) 彼はまじめに話しています なぜなら ある文化においては 犬はあなたの代理であり 「今日」「今月」「雨期からずっと」など 誤解の可能性はいくらでもあるからです つまりここでの問題は 「医者の言うことを聞く」といったような なかなか興味を持ってもらえない事も なんとかする必要があるということです

典型的な検査がどうなるかを見てみましょう 指先を刺して、採血します 大体50マイクロリッターくらい それくらいしか得られません 普通の装置は使えません 難しい作業は行えませんから あとからお見せしますが 採血したら、それ以上いじりません そのまま、この器具に垂らします 器具が血球をフィルタし、血清を通過させ 一番下に幾つかの色が 現れます 色が、病気か、正常かを示すのです でもそれでもまだ複雑です 人によって「正常」の色の判断基準が異なりますから 結局のところ、我々は 教育されすぎで困っているのです

定量分析を必要とする場合は どうしたらいいのか? 我々や他の人々が考えた 解決方法、 しかも現在急速に広がりつつあるもので 今日のあらゆることの解決になりつつあるのは 携帯電話です この場合は特にカメラ付き携帯です インドではどこでも手に入り、毎月600万台売れています どうするかというと まずは器具を使って 検査します 色が出ますね その写真を撮ります それを検査センターに送ります 医者を派遣する必要はありません 写真が撮れる人を派遣すればいいわけです 診療所では医者か、この場合は理想的には コンピュータが分析するわけです 特に色見本が印刷してある場合は 結果の評価方法がわかるので 非常に上手く行くことが分かりました

だから私は、将来のヘルスケアワーカーは 医師ではなく バックパック一杯の検査キットおよび たまに採血するための採血針と、 機関銃をもった18歳くらいの少年か 無職の人です。 それで仕事をこなして行くわけです

ここにはもうひとつとても面白いつながりがあります 我々がやりたいのは 有用な情報を、とても品質の悪い 電話システムを使って送ることです この領域に関しては、すでに非常に多くの 情報があります マーズローバーの問題に関してです 非常にわずかしか通信帯域がないのに どうやって火星から正確な色情報を送れたのか? 答えはさほど複雑ではありませんが 今日はその点を追求することはしません ただ、こういうことに使う通信システムは 非常に良く解析されているのです

そして、ご存じないかも知れませんが 携帯電話のもつ計算能力は あなたのデスクトップにあるやつと、さほど 変わりません 携帯電話の可能性は探索され始めたばかりです OLPC(全ての子どもにPCを)計画が意味を持つかわかりませんが コンピュータの未来はこちらにあるでしょう 画面もついていますし、ユビキタスだからです

より進歩した器具をお見せします ちょっとした問題提議から入りましょう これはまた別の1センチサイズの器具です 色の部分はそれぞれ異なる染料です そこでちょっと驚かれるかも知れませんが 面白いのは 黄色い線が途中で消えて 青い線と、次に赤い線を突き抜けていることです 一体どうやって別の色を通り抜けているのか? 答えは「そんなことはしていない」です 上か下を通らせるんです

ではどうやって一枚の紙の上で 上か下を通れるのでしょう? 答えはこうです 細かいことは省きますが もう少し手の込んだものを作ります 紙を何枚も重ねて それぞれの紙に固有の溝を作っておいて それぞれを別々の、穴あきの 両面テープで貼り合わせます あの絨毯を固定するテープと同じです それで液体はある層から次の層へと流れ 穴を伝って、さらに 広がっていきます

それであの右下の図は 上部に垂らされた血液が たどり着いた例です ずーっと広がっていって 底の方では16の穴に入っていきます 紙2枚分の厚さで コンピュータのチップのようにも見えます このケースでは単に複製可能性に 注目しています しかし原理的には、それが 「不明熱」の問題を解決するのです なぜなら、このそれぞれの点が 特定の病気を発見できる マーカーとなるからです その時が来れば役に立ちます

こちらはもう少し複雑な器具です チップがあります 角を浸すと中央まで染みて それからこういうあちこちの 穴に届き、色が変わります 全部、紙と両面テープで出来るんです これが、考え得る 最低コストの製作方法だと思います

さて、このプレゼンの最後に 一つ、二つお話しましょう 一つはこれです 血清から血球を 分離するときに使います 問題は サンプルを取ってやるわけですが 遠心分離をすることになる 回転させ、血球を取り出す すばらしい でももし電気や、遠心分離機が なかったらどうしますか? どうしたらいいかしばらく考えました そして、ご覧のものができたのです 泡だて器がありますね どこにでもあります そこから刃を取り去る そこでチューブを その上に接着します 血液を入れる 回転させる 座ってグルグルやるんです 非常にうまく行きます

我々は泡立て器の物理学やら 自動調心チューブやらいろいろ考えたぞと 機関誌に投稿しました 非常に誇りに思っています 特に表題が 「泡だて器遠心分離機」なので (笑) それを送ったんですが、すぐに返送されてきました 編集者に電話して言いました: 「いったいどういうことなんだ?」 編集者は、明らかに軽蔑しながら言いました 「読んだよ でも出版はしないよ 我々は科学だけを 取り扱うんだ」 これは重要なことで 我々は、社会全体で ものの価値を 考えなくてはいけない 単にPhysical Review Ltters誌だけの 問題ではないのかも?、と

ここで例をもう一つ こっちは分光光度計です サンプルの吸光度を測定します 1000ヘルツくらいで明滅する 光源を準備し もう一つ1000ヘルツの光を検出する光源を用意します なので、日中の光の中でも使えます それで大体、1千万円クラスの 機械と同じ 働きをします たった50ドルですが、5セントまで 下げられるかもしれません。 なぜ誰もやろうとしない なぜか? 「この資本主義社会では、それでは稼げないから」です 興味深い問題です

おわりの言葉です 我々はこれを、工学的問題として考えました そして問いました:「ここでの科学的解決法はなにか?」 そして、問題を コストでなく、単純さの観点で 考えてみることにしました 「単純さ」とは素敵な言葉ですが 意味するところは何でしょう その言葉を知っていますが、本当の意味は知らないのです

そこで、興味が生まれて 何人かの人を集めました 最近来たのはMITの連中で そのうちの一人はものすごく頭が良くて 私が「本物の天才」と認める 数少ない一人でした 我々は一日かけて「単純さ」について考えました 我々がたどり着いた 真に科学的な結論はこうです 「単純なものは壊れようがない」(笑) つまり、払っただけのものが手にはいるわけです どうもありがとう (笑)