Elyn Saks
4,511,128 views • 14:52

私は女性で統合失調症を患っています 何百日もの間 精神病院で過ごしてきました 人生のほとんどを精神病棟に 隔離されそうになりながら 違う人生を歩みました 実際のところ 30年近くもの間 精神病院を何とか避けてきました これは最も誇りに思っていることです 精神疾患との闘いをずっと 避けてきたのではありません エール大学ロースクールを卒業して 初めて法律の仕事に就いてから かかりつけの精神分析医だった ホワイト先生は 数カ月後に診療を辞めると告げました 私がニューヘブンを去ろうとした 数年前のことでした 先生にはとても世話になっていました 彼が離れていくと思うだけで 大変打ちのめされました 彼が離れていくと思うだけで 大変打ちのめされました

親友のスティーブが 私に何か酷いことが起こったと感じ取って ニューヘブンまで飛んできてくれました 自分の著作から引用します 「アパートの扉を開けました スティーブは後にこう言うでしょう 私の精神疾患をずっと診てきたけど この日の私は最悪な状態だった と 1週間以上 ほとんど何も食べませんでした 私はやせ衰え 歩く足は棒のようでした 私の表情はまるで能面でした アパートのカーテンを一日中閉じていたので アパートのカーテンを一日中閉じていたので アパートの中は真っ暗でした 悪臭が漂い 部屋は荒れ放題でした スティーブは弁護士かつ心理学者で 重度の精神疾患の患者を多数診てきましたが これほど重体な患者は見たことないと言うでしょう 私は『こんにちは』と言い ソファに戻りました そのまま座ってしばらく黙っていました 『スティーブ 来てくれてありがとう 崩れつつある世界 言葉 声 時計を止めて 時間が 時間がきたから』 時計を止めて 時間が 時間がきたから』 『ホワイト先生が行ってしまうんだね』 スティーブは陰鬱に言いました 『私はお墓行きよ 深刻よ』 私は嘆きました 『重力が私を引き寄せている 怖いわ みんな逃げてと言って』」

若い頃から 私は3回ほど 精神病院に長期入院してきました 医師は私を統合失調症と診断し 予後は「深刻」だと宣告しました 要するに 介護施設に入れられ 単調な労働をする運命でした 幸運にも そうはなりませんでした 幸運にも そうはなりませんでした 私は南カリフォルニア大学ロースクールの 法学 心理学 精神医学教授です 良き友人たちに恵れました 最愛の夫であるウィルもここに来ています

(拍手) ありがとうございます 彼は紛れもなく 私の人生のスターです

これから 私が精神疾患になった経過と その体験をお話しします 前置きしますが これは私の体験談です みんな 精神疾患の症状は違います

まずは 統合失調症の定義から始めます 統合失調症は脳の病気です それはれっきとした精神病で つまり 現実感が喪失されます 妄想と幻覚が この病気の特徴です 妄想と幻覚が この病気の特徴です 妄想とは ありもしないことへの誤った固定観念で 幻覚とは ありもしない誤った知覚です 例えば 私が精神疾患のときは 頭の中で何十万人もの人たちを 殺害したという妄想を経験します 頭の中で何十万人もの人たちを 殺害したという妄想を経験します 頭の中で核爆発が起きると 考えることもあります 頭の中で核爆発が起きると 考えることもあります 幻覚もあります 振り返ると男がナイフを 振り上げていたこともあります 振り返ると男がナイフを 振り上げていたこともあります 目が覚めている間に悪夢を 見ると想像してください

しばしば発話と思考が 制御不能になり 支離滅裂になります 何とか連想して 似たような言葉を並べますが 何の意味も成さず 言葉がごちゃ混ぜになり 「ワードサラダ」と呼ばれる状態になります 統合失調症は普通考えるような 多重人格や人格分裂とは異なります 統合失調症は 心が分裂するのでなく 粉々になるのです

みなさん路上生活者を 見たことがあるでしょう だらしなく げっそりとして ビルの外に立っては 独り言をつぶやいたり 叫んでいます このような人は おそらく何らかの統合失調症です しかし 統合失調症は 様々な経済社会層に見られ 正規雇用者で責任ある立場の専門職が この病気を患う事もあります 数年前 私は 自分の経験と遍歴を書き記すことにしました 今日は それに加えて私の内情を みなさんにお話したいと思います

それは エール大学ロースクール1年生の 1学期 7週間目のことでした 著作から引用します 「同級生のレベルとヴァルと私は 金曜の晩に ロースクールの図書館で落ち合い 一緒に覚書の宿題をすることにしました しかし 取り掛かってすぐ 私は 意味不明な話をし始めました

『覚書は神の言葉だ』 私は告げました 『そこにはポイントがある 頭上にある パットが言ってたのよ 人殺しでもしたの?』 レベルとヴァルは 顔面に水を 浴びたような目付きで私を見ました 浴びたような目付きで私を見ました 『エリン 一体何を言っているの?』 『ええ 分かってるわ いつものこと 何が誰 誰が何 天国と地獄 ねえ 屋根の上に行きましょう 平らだし 安全だから』 レベルとヴァルは 私についてきて 私に何があったのかと聞きました 『これは本当の私よ』 私は頭上で 手を振りながら言いました そして 金曜日の夜遅くに エール大学ロースクールの屋根の上で 私は歌いだしました それも大声で 『フロリダにおいで いい天気よ ブッシュさん ねえ 踊りましょうよ?』 『クスリやってハイになってるの?』 一人が言いました 『私がハイ? そんなことないわよ クスリもやってないし フロリダにおいで いい天気よ ブッシュさん そこにはレモンがあってさ それが悪魔になってさ 『怖い人ね』 一人が言いました そしてレベルとヴァルは 図書館に戻って行きました 私は肩をすくめ 二人を追いました

中に入ると二人に尋ねました 宿題を見て私みたいに言葉が 次々飛び出す経験ってないって 『誰かが私の分身に入り込んだ気がするの』 と言いました 『関節を囲ってるんじゃないかな 関節ってのは信じないけど 体をつなげているからね』」 意味のない連想の一例です 「結局 私は寮に戻りました しかし 私は落ち着けませんでした 頭の中は騒音だらけで オレンジの木やら 終らない法律の覚書やら 自分がやった大量殺人でいっぱいでした ベッドの上に座って 体を揺すりながら 恐怖と孤独にうめいていました」 このせいで 私は初めて米国で入院しました 既に英国で2度入院しています

著作の引用を続けます 「次の朝 教授の部屋に行って 覚書の宿題期限の延長をお願いしました そして前夜のように訳もわからず まくしたてました そして前夜のように訳もわからず まくしたてました とうとう 私は緊急治療室に連れて行かれました そこで 私が『先生』と呼ぶ人とその取り巻きどもが 私に襲いかかり 空中に高々と持ち上げ 金属ベッドに叩きつけました 目から星が飛ぶ程の暴力でした そして太い革の紐で 手足を 金属ベッドに縛り付けました そして太い革の紐で 手足を 金属ベッドに縛り付けました 聞いたこともない声が 自分の口から出ました うめきと叫びが混ざりあい 人間とは思えぬ恐怖の声でした そして 再び生の声が 腹の奥底から喉を這って出てきました」 腹の奥底から喉を這って出てきました」 この事件により 私は強制入院となりました 医師が 私の意思を無視して入院させた 理由の一つは「深刻な障害を負っている」でした 理由の一つは「深刻な障害を負っている」でした その根拠は 私がエール大学ロースクールの 宿題ができなかったことです それってエール大学の他の学生はどうなのよ (笑)

その翌年 私は精神病院で 5ヶ月を過ごすこととなりました 時に 20時間もの間 身体拘束され 手足を紐で縛られ 胸部にはきつく網が張られました 胸部にはきつく網が張られました 私は人を殴ったことなどありません 人を傷つけたことも脅したこともありません 身体拘束された経験がない方には その恐怖感は分からないでしょう 恐怖以外の何物でもありません

アメリカでは 身体拘束で 毎週1~3人が 死亡すると言われます 縛り付けられたせいで 嘔吐し 窒息し 心不全に至ります 身体拘束は 人命を救うのか 犠牲を増やすだけなのか不明です エール大学ロースクールの機関紙に 身体拘束の記事を寄稿しようとして 精神科医も勤める著名な 法律の教授に相談しました 精神科医も勤める著名な 法律の教授に相談しました 彼は身体拘束が屈辱的で 苦痛を伴い 恐ろしいことは認めました 苦痛を伴い 恐ろしいことは認めました 彼は それとない目で私を見て 「エリン 君は分かっていないけど 彼らは精神疾患なんだよ 君や私とは違うんだよ 彼らが感じる身体拘束は私たちとは違うのさ」 その瞬間 私たちも教授と変わらないと 言う勇気はありませんでした 何時間もベッドに縛り付けられ 苦しむことを好む人は誰もいません 実際 ごく最近まで 身体拘束が精神疾患者が安心させると 考える人たちがいるのは確かです その意見に同意する精神疾患者に 会ったことは一度もありません その意見に同意する精神疾患者に 会ったことは一度もありません 今の私は精神医学にとても好意的でも 暴力には大反対です 暴力に治療効果があるとは思いませんし 酷い病気を抱えた人に暴力を振るうなんて 酷いことです

結局 私は 南カリフォルニア大学ロースクールの 教員としてロサンゼルスに来ることになりました 何年もの間 あらゆる努力をして 服薬を拒み続けました 服薬なしで何とかやっていければ 本当は精神的に病いではなく 何かの酷い間違いだと証明できると思いました 私のモットーは 薬が減らせば欠陥も減る でした ロサンゼルスでの私の精神分析医 カプラン先生は 普通の生活に戻れるよう服薬を強く勧めました しかし 私は二度と服用しまいと決意していました テキストから引用します 「服薬を減らし始めるとすぐに 影響を感じ始めました オックスフォードへの出張から戻った後に カプラン先生を訪れると部屋の角に向かい しゃがみこみ 顔を覆い 震えだしました ナイフを持った悪魔が取り囲んでいました 私を切り刻もうか 焼けた石炭を 飲み込ませようとしていました カプラン先生は私をこう言うでしょう 『苦痛で悶え苦しんでいた』 と そのような 急性で進行性の 精神疾患の状態でありながら 私は服薬を拒否しました ミッションは未だ終わっていません

私はカプラン先生の後すぐに 統合失調症の専門家 マーダー先生に会いに行きました 彼は私の投薬の副作用を追跡調査していました 彼は私の精神疾患は軽度だと思っていました 以前 私は彼のオフィスのソファにうずくまって つぶやきだしました 『頭が爆発 殺しに来る人たち オフィスをめちゃくちゃに壊しても大丈夫ですか?』 『そう思うならば 出て行ってくれないかな』 マーダー先生は言いました 『大丈夫よ 小さいし 氷の上の炎だし 殺すなって言って 殺すなって言って 私何か悪いことでもした? 何万もの思考 そんなの禁止』 『エリン 君は自分自身や他人に 危害を与えると思うかい? 『エリン 君は自分自身や他人に 危害を与えると思うかい? 君は入院すべきだと思うよ すぐに入院手続きできる それも 密かにだ』 『ハ・ハ・ハ あんた 私を入院させようとしているの? 病院は 酷く 狂っていて 悲しいところ そんなの逃げ出さなきゃね 私は神よ もしくは神の生まれ変わりよ』」 著作の 「私は神よ もしくは神の生まれ変わりよ」の箇所で 夫は欄外に注を書きました 「おまえは神を辞めたか クビになったのかい?」 (笑) 「おまえは神を辞めたか クビになったのかい?」 (笑) 「私は生命を与え それを取り去らう 許して 自分は何も知らないのだから」

結局 私は友人たちの前で屈し みんな私に服薬を説得しました もはや 現実を否定することはできず 変えることもできませんでした 私 エリン・サックス教授と 精神病院に何年も入院した狂気の女性を 分け隔てていた壁が粉々に崩れ落ちました 精神病院に何年も入院した狂気の女性を 分け隔てていた壁が粉々に崩れ落ちました

この病状の私が ここにいるのは不適当です しかし 私は今ここにいます 3つ理由があります 第一に 私は優れた治療を受けてきました 精神分析療法を 週に4~5 日 何十年も継続して 優れた精神薬理を受けています 第二に 私は病気を理解してくれる 家族と友人に恵まれてきました 第二に 私は病気を理解してくれる 家族と友人に恵まれてきました 家族や友人が 私の人生に意味を与え さらには 症状が表れた時には どう生きるべきかを指南してくれました 第三に 私は南カリフォルニア大学ロースクールの 非常に協力的な職場で働いています 第三に 私は南カリフォルニア大学ロースクールの 非常に協力的な職場で働いています ここは 私のニーズを許容してくれるだけでなく それを喜んで受け入れてくれます 非常に知的に刺激的な場所であり 複雑な問題に没頭することは 精神疾患から自分を守る最強かつ 最も信頼できる方法でした 精神疾患から自分を守る最強かつ 最も信頼できる方法でした

それでも 優れた治療 素晴らしい家族 協力的な職場環境にも関わらず 私は 人生の比較的晩年まで 病気を公表しませんでした 私は 人生の比較的晩年まで 病気を公表しませんでした 精神疾患に対する偏見は極めて強く 知られる不安が大き過ぎました どうか これだけは聞いて下さい 「統合失調症患者」はいません 統合失調症を持った人々なのです そのような人は 皆さんの配偶者 子供 隣人 友人 同僚かもしれません 隣人 友人 同僚かもしれません

最後に 共有したいことがあります それは 精神疾患の研究と治療に もっと多くのリソースを投資する 必要があることです 精神疾患を理解すればするほど より良い治療を提供でき さらには より充実したケアを提供でき 暴力など不要になります また 精神疾患を犯罪扱いしてはなりません これは全国的な悲劇でありスキャンダルですが ロサンゼルス刑務所は国内最大の 精神疾患患者の収容施設です アメリカの刑務所と拘置所は 深刻な精神疾患患者でいっぱいです 彼らの多くは 適切な治療を受けられず 収監されるのです 私の行きつく先も刑務所や路上だったのでしょう 芸能界とメディアの方々は これまで あらゆる偏見と戦い 目覚ましい仕事をしてきました 引き続き 映画や演劇やコラムで 重度の精神疾患に苦しむ患者を 描いてください 共感をもって描いてください それも診断するのではなく 共感をもって描いてください それも診断するのではなく 患者の経験の豊かさと 深さを描いてください

最近 友人から質問を受けました 即座に病気が治る薬があったとしたら その薬を飲みますか? 詩人のライナー・マリア・リルケは 精神分析療法を勧められました 彼はこう言って断りました 「悪魔を引き離さないで 天使まで逃げ出すから」 彼はこう言って断りました 「悪魔を引き離さないで 天使まで逃げ出すから」 一方 私の場合は白昼の悪夢です 悪魔があまりに恐ろしいので 天使まで逃げてしまいました だから薬を飲むかって? ええ すぐにでも とは言っても 精神疾患でない人生を送れずに 後悔していると見て欲しくないし 同情も求めていません 言いたいのは 精神疾患患者と健常者に共通する 人類愛こそ重要だということです 精神疾患を患う私たちが求めることは みんなが求めることと同じです それはフロイトの言う 「働くことと愛すること」です

ありがとうございました (拍手)

(拍手)

ご親切に拝聴頂き ありがとうございました (拍手)

ありがとうございました (拍手)