エリザベス・ウェイン
1,496,762 views • 5:32

何十年もの研究期間と 何十億ドルもの費用を 臨床試験に費やしましたが 抗がん剤のドラッグデリバリーには 未だに問題が残ります 私たちは今も 患者に 化学療法を施しますが 非特異的で がん細胞を殺しはしても 体の残りの正常細胞も殺します 確かに私たちは より選択的な薬を 開発をしてきましたが それでも 薬を腫瘍に 到達させることは課題のままであり 他の器官にも蓄積したり 尿として全く無駄に 排出されたりします 私が取り組む領域は 薬品を化学的に包み込み 体内を通って患部に届くまでの間 保護しようとすることから始まりました このような化学修飾をしたことで さらなる問題解決の必要が出てきます

本当に必要なのは より優れた ドラッグデリバリーシステムです ここで提案したいのは 人間によるデザインだけを使うのではなく 自然のデザインを使ったら?ということです

免疫細胞は 多能の乗り物として 私たちの体中を巡り 疾病の兆候を巡視し 怪我をすればわずか数分後に 傷口にたどり着きます みなさんにお聞きします 免疫細胞が 既に私たちの体内で 傷口や病変箇所へ巡回しているなら 追加の乗客を載せたらどうでしょう? 病気の 最大の問題の いくつかを改善するために 免疫細胞を使って 薬物輸送をしてはどうでしょうか?

私は 生体医用工学者であり これからお話しするのは いかに免疫細胞を使って がんの最大の課題を 標的としたかです ご存知でしょうか? がんによる死亡の90%は がんの転移によるものです したがって がんの発生箇所から 遠隔部位に転移するのを 食い止めることができれば がんの進行を防いで 患者さんの生命を取り戻せるのです

この特別な任務を遂行するために 細胞膜を構成するのと同じ物質である 脂質からできたナノ粒子を 送りこもうと考えました そして 私たちは 2つの特別な分子を追加しました 1つは「E-セレクチン」で 接着剤として このナノ粒子を 免疫細胞に結合させます そして2つ目は 「TRAIL」です これは がん細胞を殺す タンパク質製剤ですが 正常な細胞は殺しません さてこの2つを組み合わせると 巧みな殺害マシーンが 乗り物に搭載されたことになります

これをテストするために マウスで実験を行いました ナノ粒子を注射すると すぐに粒子が血流中の 免疫細胞に結合しました それから がん細胞が体内に広がる プロセスを模倣するために がん細胞を注射しました そして とてもすごいことを発見しました 治療群において 先に注入したがん細胞の75%以上が 死滅したか 死にかけていたのです それに対して 非治療群では約25%でした 想像してください 実際に体の他の部位に 広がる可能性を持つ細胞が減るわけです そしてこれはナノ粒子投与から わずか2時間後の結果です

驚くほど素晴らしい結果が出て かなり興味をもって取り上げた記事が出ました 私の お気に入りの見出しは 「『くっつき粒子(Sticky balls)』が がんの転移を防ぐ可能性」

(笑)

自分たちの作った 「くっつき粒子」が いつの日か がんを完治させるかもと知って 同僚の男性陣がどれほど得意になったか 言い表せません

(笑)

でも 彼らが かなりキュートでワクワクの 可愛いナノ粒子のTシャツを作ったと 申し上げておきましょう

これは この治療法はいつ使えるように なりますか?と尋ねる患者さんたちに 私が話した初めての経験でもあります そして 私はこの話をし続けて 科学と科学者と患者さんの すべてが大切だと肝に銘じています

さて 私たちが得た即効性のある結果は とても興味深いものですが 私たちには まだ 1つ 未解決の疑問があります 私たちの「くっつき粒子」は 本当に免疫細胞に結合できるのでしょうか がんの広がりを止められるのでしょうか? そこで私たちはマウスのモデルを使って 3つの重要な点を明らかにしました 治療したマウスでは 原発の腫瘍は小さくなり 血中のがん細胞の数も減り 遠隔臓器には 腫瘍細胞が ごく僅かか全くないかでした

これは私たちと私たちの 「くっつき粒子」の勝利というだけでなく 私にとっては ドラッグデリバリー における勝利でもありました そして これはパラダイムシフトであり 革命です 単に薬品を使って 注射し 体のしかるべき部位に 到達するのを期待する方法から 体内で薬品を届ける役割を 免疫細胞に委ねる方法への転換です たとえば 私たちは 2つの分子 E-セレクチンとTRAILを用いましたが 実際に私たちに使うことのできる 薬品の可能性は無限大です

私はがんについてお話ししましたが 病気の生じたところに 免疫細胞は駆けつけます したがってこの方法は どんな病気にも使えます 想像してみてください 脊髄損傷後に 免疫細胞を使って 重要な創傷治療薬を輸送したり 免疫細胞を使い 血液脳関門を越えて薬剤を輸送し パーキンソン病や アルツハイマー病を 治療するところを

このような考えが 科学に関して私が一番ワクワクすることです 今の私の到達点からは たくさんの明るい将来が見通せます

ありがとうございました

(拍手)