ディーン・オーニッシュ
2,648,768 views • 3:18

エイズと鳥インフルエンザについての もっともな心配事については 本日後ほど お話をいただきましょう ”ブリリアント”な ブリリアント博士から 私はもうひとつの流行病について 話したいと思います 心血管疾患、糖尿病、高血圧です これらの疾患は 全て完ぺきに防ぐことができます 少なくとも95%の人々に関しては ただ食生活と生活習慣を 改善するだけでいいのです

今 何が起こっているのかというと 病気のグローバリゼーションで 世界中の人々が 私たちアメリカ人のような食事をとり 私たちのような生活を送り 私たちのように死んでいます アジアのかつて最低だった 心臓病、肥満、糖尿病の水準は 一世代にして失われ 今では世界的に見ても 高い水準に達しています アフリカでは ほとんどの国で心血管疾患は HIVとエイズによる死亡に 匹敵します 私たちには大いなる機会が 託されています 非常に多くの人々の 生命に大きな影響を与え 重要な差異を生み出すために 世界規模で予防医学を 実施しなければなりません

心血管疾患は依然として アメリカだけでなく 世界中で人々の命を 奪っています その数は 他の全ての原因で亡くなる 人数の合計以上です たいていの人にとって この種の病は予防可能なのです 予防可能というだけでなく、実際 健康な状態へ 戻すことが可能なんです この29年間 私たちは 単に食生活と生活習慣を変えるという 技術も要せず低コストな対策が どれほどまでに効果的かということを これらのハイテクで 高価な最先端機器を 用いて証明してきました どんな方法かと言うと 例えば介入前と一年後の 定量的動脈造影法 そして 心臓のPET検査です

私たちが数ヶ月前に 発表した研究は 初めて、前立腺の癌の進行は食生活と 生活習慣を変えることで食い止めたり 逆戻りさせることができる ということを明らかにし 対照群の9%という値に対して 腫瘍サイズ増大の70%減少や 増殖抑制を確認したのです ここにMRIとMRの画像がありますが 前立腺癌の活動は 赤色で示してあります 一年後には減少しているのが わかりますね

現在 肥満が増加しています 成人の2/3 子供の15%に上ります 私にとって本当に気になるのは ここ10年で糖尿病が 70%も増加したということです 私たちの子供は 親よりも短い人生を送ることになる 初めての世代に なるかもしれません 残念です これは予防可能なわけですから 見てください これは選挙結果ではありませんよ これは各州の肥満の人の割合を 色で示しています 1985年に始まり、'86年、’87年 CDCのホームページから引用しました '88年、'89年、'90年、'91年 ここから新しい色が出てきます '92年、'93年、'94年、'95年、'96年 97年、'98年、'99年、2000年そして2001年 事態はさらに悪化します なんだか私たちは 退化してるみたいですね (笑)

私たちには何が できるのでしょうか? 私たちが発見した心臓病や癌を治す力 を秘めている食事というのは アジアの食なんですが アジアの人々が逆に 欧米人のような食生活を始めています これが私たちのように 不健康になりだした原因です これが私たちのように 不健康になりだした原因です そこで私は数々の食の大企業と 取り組んできました 彼らなら健康的な食べ物を 楽しく、セクシーで カッコよく、環境に良く 便利にできます 私はマクドナルド、ペプシ、 コンアグラ、セーフウェイの 諮問委員会委員長を 務めさせていただき 今後はデルモンテにも行くんですが 彼らにもよいビジネスチャンスだと 理解いただけています マクドナルドで売られているサラダは この試みで誕生したもので アジア風サラダを 展開することになっています ペプシでは収入成長の2/3は 健康的な食品から生まれています

もし食生活の改善を 達成できれば 資金を エイズやHIV マラリアの治療のため 必要な薬品の購入や 鳥インフルエンザの予防に 回すことができるのです