アビゲイル・マーシュ
2,077,956 views • 12:21

どこかにいる男性の話です 俳優のイドリス・エルバに ちょっと似ています 少なくとも20年前は似ていました それ以外は何も知りません その男性は自らの身を危険にさらして 私の命を救ってくれました 彼が真夜中の高速道路を4車線 駆け足で横切ってくれたから 私は助かりました 死んでいてもおかしくない 事故の後のことです その出来事で私は当然ながら 本当に動揺しましたが 同時に 頭から離れない 熱い思いも残りました 彼は何故そうしたのか 彼の何が 私の命の恩人になるという選択をさせ 自らの命をかけて 見知らぬ他人の命を救ったのか 私には知る必要があるのです 言い換えれば 彼のような人が持つ 利他主義の力のもとを知りたいのです

まず何が起きたか お話ししましょう その夜 当時 私は19歳 ワシントン州タコマの自宅に 車で帰る途中でした 高速道路の5号線を走っていると 前を行く車から 小さな犬が飛び出して来ました 私は絶対すべきでないことを してしまいました 犬を避けて急ハンドルです 何故すべきでないか 思い知りました 結局 犬を轢いてしまい そのために車はスリップして 高速道路上でスピンしながら とうとう追い越し車線に出てしまい 後続の車と向かい合わせに なったところで エンジンが逝きました その瞬間 私も死ぬんだと 確信しましたが 死にませんでした あの勇敢な男性がとった 行動のおかげです 動けなくなった私の車を見て 彼はほんの一瞬のうちに 決断したに違いありません 車を止め 高速道路上を 4車線 走って渡り 暗闇の中 私の命を救おうという決断です それから彼は私の車を直してくれ 私を安全な状態に戻し 私がもう大丈夫だと確認すると 車で 去っていきました 名乗ることもせず 私はきっと お礼を言い忘れました

だから本題に入る前に この場をお借りして あの見ず知らずの人に 「ありがとう」と言わせてください

(拍手)

この話をしたのは あの夜の出来事が私の人生を 変えたとも言えるからです 私は心理学の研究者になり 他者を思いやる人間の力を解明すべく 研究に勤しんでいます どこから湧いてくるのか どう発達するのか 極端な場合は どんな表れ方をするのか こうした疑問は人間の社会的な性質の 基本的側面を理解する上で とても重要です 哲学者や経済学者から 一般の人まで 多くの人は皆 こう信じています 人間の本性というものは 基本的に利己的で 実のところ 自分の幸せのためにしか 心が動かないのだと でもそれが本当なら なぜ私を救ってくれた男性のように 自らを大きな危険にさらしてまで 他人を助けるなど 無私の行為をする人が いるんでしょう? これに答えるためには 並外れた利他的行為の本質を探り こうした行為をする人々が 他の人と違う原因は どこにあるのか 調べる必要があります 最近まで これに関する研究は ほとんどありませんでした

私を救った男性がしたことは 最も厳密な意味での利他主義に 当たります 他者を助けたいという思いから来る 自発的で大きな犠牲を伴う行動です 他者にしか利益のない 無私の行為です このような振る舞いを どうしたら説明できるでしょう 答えの1つは もちろん慈悲の心です 利他主義の重要な要素です しかし問題は なぜ それを他の人より多く 持つ人がいるのかです その答えとなり得るのは 非常に利他的な人々の脳は 根本的に違うということです

どう違うか解き明かすため 私は正反対から着手しました サイコパスを調べたのです 他者を助けたい気持ちなど 人間性の基本的な側面を 理解するために よく採られる手法は その気持ちが欠けている人々を 研究することです サイコパスは まさに打ってつけです サイコパシー(精神病質)とは 発達障害の1つで 遺伝的要因が強く 冷酷で思いやりのない人格を形成し 反社会的で 凶悪な行動をとる 傾向を生みます かつて私は 国立精神衛生研究所の仲間と共同で 精神病質の若者の脳画像を調べた 初の研究をおこないました その研究結果や 現在 他の研究者が示しているのは 精神病質の人々は かなり確実に ある3つの特徴を見せる ということです 第1に 彼らは概して他者の感情が 理解できないわけではないのですが 他者が窮地にいる兆候が 感知できないのです とりわけ こちらのような 怯えた表情を 認知するのが困難です 怯えた表情は緊急性と 感情的な苦痛を伝えるもので 大抵は それを見た人に 慈悲の心と助けたいという 気持ちを起こさせます ですから 思いやりに欠ける傾向の人が こうしたサインに 鈍感でもあるというのは 理にかないます

脳の中で 怯えた表情を認知するのに 最も重要な部分を 扁桃体といいます 非常にまれですが 扁桃体が完全に欠落している場合 怯えた表情を認知する機能に 著しい障害があります 健康な成人および子どもは 怯えた表情を見ると たいてい扁桃体が 激しく活動しますが サイコパスの扁桃体は こうした表情に反応しにくいのです まったく反応しない場合もあり それが表情のサインに気づきにくい 理由かもしれません さらにサイコパスの扁桃体は 平均より 18~20% 小さいです

こうした発見は信頼性が高く 確実で 大変興味深いものです でも私の興味の中心は 他者を気遣わない理由の解明では なかったですよね 気遣う理由の解明です ですから重要な問題は 慈悲や他者を助けたい気持ちにおいて サイコパスとは正反対に当たる以上 並外れた利他主義というのは サイコパスとは正反対のタイプの 脳から生まれてくるのか ということです 「反サイコパス」とも言える脳で 他者の恐怖を より深く認知することができ 扁桃体は怯えた表情に より強く反応し 平均よりも大きいのでしょうか?

私の研究の結果 この3点はどれも 正しいことがわかっています この発見のために 真に並外れた利他主義の人々を 調べました 自分の腎臓の1つを 赤の他人に 提供した人たちです 今までも 今後も きっと一度も会うことのない 重い病気を患う 他人への移植のために 自分の健康な腎臓を取り出すという 大手術を進んで受けた人たちです 「なぜ そんなことを?」 それが一般的な疑問です その答えの可能性として 並外れた利他主義の人の脳に 特徴があることが考えられます 彼らは他者の恐怖を より深く認知します 困っている人を 本当に敏感に察知します 理由の1つは 彼らの扁桃体が 表情に対し より強く反応するからです これと同じ部分が サイコパスの人の脳では 反応しにくいんでしたよね さらに彼らの扁桃体は サイズも平均より 約8% 大きいのです 総合すると データが示すのは この世には 思いやりの連続体のような ものが存在し 一方の端には 精神病質の強い人がいて もう一方の端には 思いやりに溢れ 極端な利他的行為に駆られる人が いるのです

ただし 並外れた利他主義の人々が 大きく異なるのは 平均以上に思いやりがある というだけではありません それはそうなのですが 彼らが他と大きく異なるのは 思いやりや利他的な行為を 向ける相手が 自分の家族や友人など 最も身近な人々だけに 留まらないという点ですよね 愛する人や親近感のある相手に対して 思いやりを持つのは 特別なことではありません 真に特別な利他主義者の思いやりは その枠をはるかに越え 知り合いの枠さえも飛び越えて 自分の所属する世界の 完全に外にいる人々― 赤の他人にまで及びます 私を救った男性のようにです

大勢の利他的な腎臓ドナーに 質問する機会がありました どうしたら その広範囲にわたる 思いやりを生み出せて 見ず知らずの他人に 自ら腎臓をあげる気になるのか 彼らにとって 実に答えにくい質問だったようです

こう尋ねました 「他の多くの人がしないのに あなたは なぜ進んでするの? 他人に腎臓を提供した人は アメリカ国民の2千人未満 あなたは その1人 あなたがそんなに特別な理由は?」

どんな答えだったでしょう?

答えは「何も」 「特別なことなんて何もない 自分は他の皆と同じです」

実はその答えにこそ 多くのことが表れていると思うのです その答えから伝わるのは 彼ら利他主義者の世界が こうではなく こうだということです 中心がありません 利他主義者は自分のことを 何かの中心だとか 他の人より優れているとか そもそも重要だとか いっさい思っていません ある利他主義者に 腎臓の提供が当然と思える理由を尋ねると 答えはこうでした 「自分のことじゃないから」 別の人の答えは 「私はどこも違わないし 特別じゃない あなたと同じ人間でしたって 研究結果が出るよ」

この驚くべき自己中心性の欠落に 最もふさわしい表現は 「謙虚さ」でしょう アウグスティヌスの言葉にある 人間を天使たらしめる 性質のことです その理由は何でしょう 自分を取り囲む世界に 中心がなかったら 内輪も外輪もあり得なくなります 誰かと誰かの間で 自分の心配や思いやりを向ける価値を 比べることも ありません まさにここが 並外れた利他主義者と 普通の人とを 分かつところだと思います

でも この世界観が持てる人は大勢いて もしかしたら ほとんどの人が 持てるんじゃないかとも思います と言うのも 社会レベルでは すでに利他主義や思いやりが 広がりつつあるからです 心理学者スティーブン・ピンカーらが 示しているとおり 世界中の人々は他者の苦難を 放っておけなくなってきており その対象となる範囲は ますます広がってきています それが動物虐待やDVから 死刑に至るまで あらゆる残虐行為や暴力の減少に つながっており あらゆる利他的行為の増加に つながっているのです 百年前だったら 馬鹿げていると思われたでしょうが 現在では 人々が 血液や骨髄を 見ず知らずの人に提供するというのは 普通の珍しくないことです 今から百年後 他人に腎臓を提供することは 現在の血液や骨髄の提供と同じくらい 普通で珍しくないと 考えられるように なっているでしょうか あり得ますよ

こうした素晴らしい変化の根は どこにあるのでしょう どうやら それは 富の拡大と生活水準の向上に あるようです 社会が豊かになり 暮らしが良くなると 人々は自分の外へ 注意を向け始めるようで その結果 ボランティアや寄付から 腎臓の提供まで 他者に対する 利他的な行為が増えるのです しかし このような変化は一方で ある奇妙で矛盾した結果を もたらします 世の中は良くなりつつあり より人道的になってきているのに それが真実なのに 悪くなりつつあり より悲惨になってきているという 誤った認識が一般に広まっています 明確な理由はわかりませんが ひょっとしたら それは 今の私たちが 遠く離れた他者の苦難を 以前よりずっとよく知っていて それを心配することが 増えているからではないかと思います はっきりしているのは 実際に起きている変化が示すとおり 利他主義や思いやりの根は 残虐さや暴力と同じく 人間の本質の一部だということで むしろ そちらの方が 優勢である可能性もあります そして 遠く離れた他人の苦難に対し もともと敏感な人が 確かにいるらしいとは言え 世界の中心に自分を置くという 考えを取り払い 思いやりの範囲を広げ 他人をも対象にしてしまう能力は ほとんどの人が手に入れられると 私は強く信じています

ありがとうございました

(拍手)